気学覚え書き(鑑定士編)

束縛からの解放と囚われからの解放

 

土の気がなければ生命は生まれることもなく育つこともない

 

震と坤

 

五行金は自分以外のものへの施しに向かう

 

気の世界の決断には三つの宮がある

 

運気を動かす艮

 

自然界は天の意図を反映する

 

天道の位置に天の意図が現れる

 

先天図と対称性

 

土という気は自分という立場を持たない

 

五行の土

 

見えないところから力を発揮する

 

微妙なバランス

 

苦境からの解放をもたらす気

 

坤宮傾斜

 

本命環境と月命環境

 

二つを結ぶ磁力線

 

東方がもたらす影響

 

西方がもたらす影響

 

すべては真ん中にある

 

年を取らない気

 

二つの六白

 

喜びから始めたことはなぜ持続するのか

 

すべてはバランスと何のためにで決まる

 

依存という気

 

周波数を転換する気

 

日本の国土

 

思いから始まる循環

 

波動の階層

 

宇宙は回転から始まる 

 

多様性の落とし穴

 

八卦の逆説

  

気の世界は現実と物語を区別しない

 

本当に縁のあるものとの出会いはイメージできる

 

直感とは同期すること

 

七赤は利害が絡まない所で輝く

 

傾斜

 

鑑定士が持つ視点は世界に一つしかない

 

方位は指向性を現わす

 

気学の強み

 

七掛けの有効性

 

丑と未の計らい

 

信じるという気は自分から少し遠ざかったときに現れてくる

 

最も安定した位置と最も不安定な位置

 

偶然はなくすべてが必然と思えば暦から無限の情報が得られる

 

五黄にはなぜ天道が付くのか

 

E(エネルギー)=m(自利)×c(利他)²

 

気の法則の第一義は対立と相補性である

 

 

 

 

 

 

 

浅沼気学岡山鑑定所監修