鑑定内容

【相性】

相性というものは単純に“よい悪い“で判断できるものではありません。相性には様々な観点があり、それぞれに特有の意味が含まれています。結婚するのによい相性、仕事をするのによい相性、自分の欠点や弱点を指摘してくれる相性、自分の良さを引き出してくれる相性。人にはそれぞれ役割があり、その役割に応じて人間関係は築き上げられていきます。そんな相性を総合的に判断します。

 

【結婚】

生年月日により本命(ほんめい)と月命(げつめい)が定まります。本命および月命を見ることにより、いつ頃どのような出逢いがあるか、またどのような人が理想的かアドバイスします。  

 

【健康】

本命(ほんめい)と月命(げつめい)を見比べることにより、先天的に体の強いところ、弱いところが分かります。「病は気から」と言いますが、病気や体の不調は気のバランスが崩れることに端を発します。気学の強みは暦を見ることにより、その人がいつ体調を崩しやすくなるかを推測することができるところです。健康面で留意することなど、総合的にアドバイスします。 

 

【家庭問題】 

離婚また家族や親族に関する悩みや相談を承ります。運気の流れを観ることにより離婚の是非を判断します。家庭問題は改善に向かう時期やその改善方法をアドバイスします。

 

【就職・転職】

本命(ほんめい)及び月命(げつめい)を比較しながら、その人に合った仕事や職業を鑑定します。転職を希望する方には最も適した時期と良縁のある方位をアドバイスします。 

 

【姓名判断】

字画を見ることにより、その人の気の流れが分かります。これは字画(数)にも気が宿るからです。数命は単に数の善し悪しを判断するのではなく、その方がその数命をどのように活かし、どのように生きるかが問われています。また姓名判断は字画や五行の流れを見るだけではなく、漢字の起源である甲骨文字や金文に当たり、文字が本来持つ意味を考察することも重要です。ここからその人の特質や使命を観ることができます。 

 

【方位鑑定】 

方位鑑定の第一の目的はその人がやろうとしていることと方位の象意を一致させることです。その方位の意味と異なることをしようとしても意図する成果は得られません。東には東の意味があり、西には西の意味があります。八方位それぞれに意味があり、その方位の象意とその人のやろうとしていることを一致させることを私は何よりも優先します。方位鑑定とは単に方位の良し悪しを判断するものではないのです。なぜ今その方位に向かって移動するのか。なぜ今その方位に向かってことを為すのか。その目的と動機を暦でしっかり見極め、その動機が暦に明確に現れ、動くタイミングが合っており、目的と方位の象意が一致する時、その時はじめて進んでよいと判断するのです。目的と方位の象意との一致は暦すなわち天の気がその方の命運を後押ししていることを示す重要なサインなのです。

 

【その他】 

移転時期の設定、将来設計、事業計画、人間関係など幅広く鑑定致します。