気学覚え書き

”同声相い応じ同気相い求む”。同じ気を持ったもの同士が繋がる。

 

宇宙の基本リズムは3である。3か月、3年ごとに変化していく。

    

形に気が現れる。

 

吉凶はその身に着け方、その気構えから生まれる。

 

気の世界は例外を作らない。但し、猶予期間は設ける。

  

よき縁は調和する流れの中にしか置かれていない。  

 

相性とは互いの役割のこと。その人に固有の役割がある。

 

相性には互いの距離感が現れる。ここにも固有の役割が与えられる。

 

自身の持つ気が目の前に現れる人の気質を決めている。

 

相手は変わらない。自分が変わるから相手が変わっていく。

 

気の世界はその人が誤った方向へ行っている度合いに比例してマイナスの

   出来事を起こす。その人を方向修正させるため。

 

気の世界は不本意な状況をどこかで方向修正させる機会を与える。

 

自分が持つ本来の気の状態を取り戻すと自分に必要な人や状況が現れる。

 

気付くとは相手と同じ波長になること。

 

本来歩むべき道を歩み始めると逆境は順境に転じていく。

 

病気はその人の欠点を気付かせるために体が症状に出す現象である。 

 

こだわりのあるところに欠点が出る。

 

強く惹かれるときは既にバランスを崩している。

 

♦外から惹かれるものでなく内から湧き出てくるものが本当に縁のあるもの。

  

♦刺激を求めると自分と同じ欠点を持った人と結びつく。

 

♦迷う時は目的が不明瞭であるか不本意な方向へ進もうとしている。

 

岐路はそれぞれの人が本来の道に戻ろうとするときに現れる。

 

気の世界は気の流れに従う人を最も好む。

 

物質に束縛されると波動は低くなる。

 

♦波動が上がると選択肢は必ず増える。 

 

♦成果とは思いと行動が同期すること。

 

♦本当の才能とは思いついたときから力を入れずにずっとできること。

 

♦始まった時の気の状態が途中及び終わりの状態を決める。 

 

易は中を貴ぶ。どちらにも偏らない。

 

宇宙は結果的にバランスが取れるほうにしか進まない。 

 

気の世界はバランスを欠くものを損ねバランスを取るものを益する。

 

バランスの取れないものは段階を経て断絶する。

 

♦気の世界に欠点という気はない。その気質をどう使うかで評価が決まる。

  

自分がその気を持つが故にその方位に縁ができる。

 

♦解決の基本形は離れること。

 

成就するものはすべて喜びから始まる。

  

最上の縁はお互いを束縛しない。

  

E(成果)=M(自利)×C2(利他)

 

 

 

 

 

 

  

  

  

 

  

(浅沼気学岡山鑑定所監修)