5月節の九星運気

2022年5月の概況

 

 

 

大きな方針転換がある。公益重視の政策に変わる。国が譲歩し国民の訴えを聞き入れる。組織内では重要な方針で対立があり、総じて足並みが乱れる。場合によってはボイコット、ストライキもあり得る。

 

 

5月節:5月5日~6月5日

 

 

(一白水星)

現場に行き、困った人の悩みに真摯に耳を傾けるとよい。今月施したことがいずれ自分の新たな方針に生かされる。喜びごと、よき出会いがある。

 

(二黒土星)

方針転換せざるを得ないが思い通りに進まない。親族のこと、職場の労働環境で四苦八苦する。

 

(三碧木星)

届け出のタイミング。世情を掴み誤りを正す。長期的や視野に立ち、自分ではなく皆のことを考え決断するとよい。目先の利益に捉われず、皆が納得する形で進めることが大切。

 

(四緑木星)

今後の方針を固める。水面下で新しい人脈を作る。新たな勉強を始めるのもよい。上下関係、取引関係においては言葉遣いに注意する。金銭管理は規定通り行い、アバウトな処理をしないこと。

 

(五黄土星)

一つの区切りをつける時。雑事でも手抜きせずやり通すことが大切。方針転換を余儀なくされる。ここでの方針転換が8月の成果に繋がっていく。

 

(六白金星)

意欲的になり活躍の場を広げる。良縁を掴むチャンスが巡ってくる。相手の無礼な振る舞いにも真摯な態度で接すること。契約ごとは慎重を来し、お金の管理はいつも通り正確に処理すること。

 

(七赤金星)

方針の対立がある。無礼な発言、身勝手な振る舞いをしがち。処理ミスに注意。お金は単独で処理せず誰かにチェックしてもらうのがよい。規律に従って処理すること。人の集まる場所でよき出会いがある。

 

(八白土星)

面倒な役が回ってきて仲介を余儀なくされる。方針の対立がある時は現状のやり方を改めるのがよい。関係者以外の意見が大変参考になる。身近な人に知恵者がいる。

 

(九紫火星)

従業員や取引先と方針の対立がある。礼節を弁え真摯な対応を心がける。何かとトラブルを抱えやすく、一時の感情で対応すると偏った判断や処理により禍根を残す。お金の管理にも注意すること。 

 

 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)