8月節の九星運気

2022年8月の概況

  

 

 

今年の折り返し地点となり最も重要な月となる。重要なテーマの決着をつける時。生活困窮がエスカレートし、ここから国民運動が急速に高まる。世界は既定路線を大きく方向転換せざるを得なくなる。強力なリーダーが長期展望を開く。

 

 

8月節:8月7日~9月7日

 

 

(一白水星)

今年一番の運気。長期展望が開ける。皆のまとめ役となり采配を振るう。全体の指揮を任され、華々しく活躍する。コミュニケーション力が増し今までにない人脈を作る。自分にしかできない表現を形にするとよい。

 

(二黒土星)

今月から3か月間は辛抱が必要。現状を打開したいが、この段階で大きな変化を試みても上手く軌道に乗らない。諦めるべきことがあればここで手放すとよい。本業以外のことに目が向くが、家業を疎かにしないこと。11月に岐路が訪れ、ここから運気の流れが好転する。

 

(三碧木星)

意欲がわいてきて新たなことにチャレンジする。勇気を奮い起こす。動いた分だけ成果を上げる。但し身勝手な行動は慎むこと。

 

(四緑木星)

遠方まで足を延ばす。忠実に任務をこなす。見えないところで方針転換せざるを得なくなる。生活の雑事を疎かに見ないこと。

 

(五黄土星)

重要な岐路に立つ。決断内容によって今後の展開が大きく変わる。決断に際しては自分の実力を過信せず、自分が今までしっかり固めてきた思いに対し正直に動くこと。本当にやりたいことを目指し、長期展望が開けるほうへ進むこと。

 

(六白金星)

腰を落ち着けて事業内容全体を客観的に評価する時。テコ入れすべきところがあればこの機会にしておく。本業以外に手を出さないほうがよい。

 

(七赤金星)

気持ちの変化が起きやすく、次月の方針転換に繋がっていく。気が緩みやすく言葉遣いに注意する。支出が増えるが収入も増える。自分と全く異なる角度から物事を見ている人の意見に耳を傾けるとよい。

 

(八白土星)

不本意な方向転換がある。上手くいっていない部分のみ方向修正すること。このタイミングで新たな事を始めると、以後何度か軌道修正を迫られることになる。支出をできるだけ控える。

 

(九紫火星)

前月辞職した人は抜擢のチャンスが巡ってくる。長期展望が開ける話に良縁がある。 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)