1月の九星運気

 

2018年1月の概況(旧来の路線にこだわると引継ぎ失敗)

 

1月節:1月5日~2月3日 

注:暦上の2018年は2月4日以降です。1月は2017年中の運気になります。 

注: 九星は生まれ年の本命と生まれ月の月命の双方を目的に応じて観るのが基本です。

      本命と月命の運勢を正確に知りたい方は、鑑定をお勧めします。 


 

(一白水星)


積み残した問題があれば解決する時。責任を持って仕事を行う。自律神経の崩れに注意。

 


(二黒土星)


公私混同しない。投資など大きなお金の動くことは慎重に。何かと犠牲を払うことが増える。気の緩みが損失を招く。機械の故障、機械操作にともなう怪我や事故に注意。免疫力が落ちる。自律神経が崩れやすく無理をしない。


 


(三碧木星)


長年続けてきたことを辞める。何かを終えて新たな展開に向かう。方向転換をするよいきっかけが来る。強引にもっていくのではなく丁寧に説明すること。反発するよりも視野を広げて新たな道へ踏み出すのがよい。そうすれば引継ぎが上手くいく。集中力が途切れやすくなるため、ブレーキとアクセルの踏み間違いなど、車の運転に注意。


 


(四緑木星)


気持ちを切り替えて新たな分野へ足を踏み出す。仕方なく方針転換することがある。思いつきで行動せず周りの人の理解のもとに進む。好転の兆し。かっとなるとぶつかる。腰と関節を痛めやすい。


 


(五黄土星)


主張するより従うがよし。曖昧な取り決めを慎む。栄えある役を務めることもある。堅実に進めば次月の飛躍に繋がる。


 


(六白金星)


中心に立って切り盛りすることが増え新たな役割を与えられる。何か決心することが出てくる。身近によきアドバイザーがいる。


 


(七赤金星)


言葉遣いに注意。お金が何かと出ていく。もめ事が降りかかってきても冷静に立ち回る。立場上自分から折れることが多くなる。ストレスをためると自律神経が崩れる。

 


(八白土星)


アドバイザーとして評価が上がる。表彰される人も出てくる。パーティーや人の集まるところに幸運あり。好調であるが調子に乗るとつまづく。口の禍に注意。


 


(九紫火星)


いよいよ人生が動き出す時。分かれ目の運気。難題がのしかかることもある。引継ぎはごり押しせず穏やかに対応する。今までのやり方にこだわるのではなく新たな道を探る。血圧が上がるような言動を慎む。

 

(文責 浅沼元琉)