11月の九星運気

2018年11月の概況

 

組織内対立が深刻化。ベテランが経営方針や施政方針に反発。政策を強引に進めると信用を失う。過剰投資に注意

  

11月節: 11月7日~12月6日


 

 


(一白水星)

水面下で未解決問題に取り組む。強引に推し進めると反発を招く。次年度に向けた新たな動きが顕著になる。世間で話題になることに着目し、若年層の動きをよく見定めること。


 


(二黒土星)

一つの役割を終える。堅実な生活を続け、大きなお金は動かさないこと。


 


(三碧木星)

意欲が湧いて新しいことを始める。積極的に行動するとよい。よいアイディアも浮かぶ。周囲が絡むことは一つ一つ同意を得ること。


 


(四緑木星)

不本意な転向を迫られる。一時的に仕事が重なり身動き取れなくなる。上司または契約先から条件を限定され契約を打ち切るか別の所に切り替える。長期契約は条件の折り合いが付かず何れ限界が来る。一方でよい評価を得たり、よい取り決めが出来る。


 


(五黄土星)

水面下で構想してきたことを実行に移す。人が集まる所で実力を発揮する。世間の支持を得られる。


 


(六白金星)

傲慢を慎しむ。無理な要望は配下の反発を招く。出来るだけ先方の要望を聞き、柔軟な姿勢を貫くこと。譲れないことがある時はその理由を丁寧に説明すること。投資は独断で行わないこと。


 


(七赤金星)

活動的な人に背中を押されてやる気が湧いてくる。アドバイザー的立場になる。現場で仕切る人や中心になって動く人をフォローし側から支えてあげるとよい。


 


(八白土星)

方針転換する。疑念と迷いが生じる。曖昧な情報や噂に惑わされる事無く進路を定めること。


 


(九紫火星)

遠方に良縁あり。情報次第で取引先が広がる。商機を掴み多忙になる人もあれば、先延ばしにした難題が浮上して行き詰まる人もいる。噂が広まり世間から注目を浴びても気持ちを引き締めること。曖昧な判断や誤った決断をすると評価を落とすことになる。


 

 (浅沼気学岡山鑑定所)