10月の九星運気

2019年10月の概況

 

慌ただしい月となる。組織の再編に伴い強制的な分断が起こるかあるいは離反者が出る。消費は不安定で上向きになりかけた途端緊縮に傾く。企業も経費削減を加速させる。経営幹部からの無理な要求に社員が付いていけなくなる。世間を圧倒する奇抜な発想や頓智を働かせた対策が浮かび上がる。新たな関税協定の取り決めがある。 

 

 

10月節:10月8日~11月7日

  

 

 

 (一白水星)

交際が雑多になる傾向があり出費が重なる。奉仕活動に身を捧げる一方、余分な仕事が増え生活が振り回される。思いつきで動くと周囲を混乱させる。

 

(二黒土星)

我慢の月。注意散漫となり確認ミスが起きやすい。失言に注意すること。上位から無理な要求をされ組織から離脱する人も出てくる。投げやりになったり不満をぶつけたくなるが今一度冷静に対処すること。

 

(三碧木星)

仕切り役になる。7月に止めたことがあれば、次の展開に向けての決心がある。頭が冴え面白い展開を思いつく。組織内では幹部と現場の和解を取り持つとよい。

 

(四緑木星)

経営などで上に立つ人は従業員に無理な要求をしないこと。傲慢を慎む。発想の転換が功を奏す。

 

(五黄土星)

気が緩みがち。無駄な出費を慎むこと。今までにない分野の人と交流するとよい。交際は広がれば広がるほど自分に合わない人に縛られる傾向が出る。自分のスタンスを持ち貫くこと。

 

(六白金星)

気持ちが萎え方針転換したくなる。役割を交替する人も出てくる。目先の利益を求めず相手の立場に立って判断すること。悩みごとを持ち込まれたり聞き役になることがあるが、必要以上に関わらないこと。二つ以上の仕事を並行して行うと一方がぞんざいになる。貴重品やお金の盗難紛失に注意。

 

(七赤金星)

前月から持てる能力が活かされ世間から注目される。持ち前の頓智の利いた発想が周囲の動きを変える。交際が活発化するが雑多にならないよう付き合う人を選ぶこと。上位からの無理な要求に反発し投げやりになることがあるが、言葉遣いに気を付け柔軟に対処すること。

 

(八白土星)

水面下で人脈を広げる。話し上手な人との良縁授かる。商機も広がる。

 

(九紫火星)

一つの役割を終える。親族の問題で負担を抱える人もいる。今月は地道な気持ちで自己主張しないこと。不明瞭な指示や過度な要求があると反発を招く。もてなしの気持ちを忘れないこと。

 

 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)