2月の九星運気

 

2018年2月の概況

 

スローガンを掲げる。真実が明らかになり世間に知れ渡る)  

 


2月節:2月4日~3月5日 


注: 九星は生まれ年の本命と生まれ月の月命の双方を目的に応じて観るのが基本です。


      本命と月命の運勢を正確に知りたい方は、鑑定をお勧めします。


 


(一白水星) 


水面下で大事を成す。難渋する問題を解決する良い機会が訪れます。決断は長期的視野に立って行うのがよい。  


 


(二黒土星) 


気が乗らない。肩がこる。抱えきれない仕事を引き受けてしまう。一つの役割を終えて次の人にバトンを渡す時。出来るだけ連携して事を運ぶとよい。手伝ってくれる人有り。  


 


(三碧木星) 


新しい展開が始まる。活発に動くとよい。周囲の動向をよく見ること。外から何か方針転換を迫られることがある。新たに始めることは欲張らず、現状の仕事に負担がかからない程度に抑えておくこと。 


 


(四緑木星)


仕事が重なり方針を変えることが出てくる。評価を得て地位や名誉を得る。 


 


(五黄土星) 


心に決める。まとめ役になる人は傲慢を慎み、理想に向かって動くとよい。陰で支えてくれる人がいる。水面下でよき出会いがある。  


 


(六白金星) 


傲慢を慎む。無理な要求は配下の反発を招く。我慢を強いられることや方針を変えざるを得ないことが出てくる。肩がこる。  


 


(七赤金星) 


言葉遣いに気を付ける。身近な人への励ましの言葉やアドバイスは大変喜ばれる。焦ることなく相手の立場に立ってじっくりと考えること。


 


(八白土星)


方針転換したくなる。新たに始めることは無理をしないこと。お金のかかることは慎重に。引継ぎを優先する。  


 


(九紫火星) 


決断する時。名誉ある地位に就くか周囲から注目される。調子に乗ると運気が逆転し足元をすくわれる。真摯に立ち振る舞うこと。 

 

 

(文責 浅沼元琉)