易経を読む(上経)2

易はすべての現象を八卦で捉え、上下卦に組み合わせることにより、より複雑な現象とその変化推移を表すことができる。一つの形は常に同時にあらゆる形への変化の可能性を持つ。易は宇宙の多次元性のしくみを視覚的に捉え、文字によって具象化している唯一の体系と言ってもよい。爻辞に用いられる文字はこのことを掴むために欠かせざる存在となる。甲骨文及び金文の象意を正確に読み説くことで、卦と卦の繋がり、爻変の可能性をより正確に掴むことができるようになる。

*甲骨文・金文の意味解釈は白川静氏編纂の「字通」及び「白川静著作集」を参照。

*易経解釈:浅沼 元世翬 

*雷地豫から順次記載。

 

                                                 

 

                    雷地豫

 

 

「鳴豫 凶」(雷地豫 初六) 

鳥占により神意を卜し、予占する。凶である。

 

雷地豫は地山謙の賓卦である。地山謙の六二及び上六に「鳴謙」という表現が出ており、雷地豫の初六に応じる。「鳴」は神に祈り鳥の声などによって占う鳥占であり、神意を卜し神の承諾を求める義である。不祥不吉の前兆として用いる。従って「凶」となる。「凶」を白川静氏は次のように説明する。「凶とは、おどろきを胸部のざわめきで示すもので、側身形を加えた匈は胸の本字である」。「枉死者の屍にこの文身を施すことによって、その霊を鎮め、災厄を祓うことができるとされた」。この爻辞は何を恐れて「凶」としたのだろうか。それは地山謙でも記述したが、雷山小過の形である。雷地豫の六三が変爻すると雷山小過となる。雷山小過が仲違いの卦であることは、雷地豫の裏卦風天小畜の九三を見れば推察できる。

 

「輿説輻 夫妻反目」(風天小畜 九三) 

ここに「夫妻反目」とあり、これは九三が変爻することによって雷山小過の形へ移行することを予見している。

 

「盰豫 悔 遲有悔」(雷地豫 六三)

慌てふためき後悔する。遅ければ悔いある。

 

「盰」の声符は「于」(ウ)。驚いた時の目、あるいは楽しむ時の目の形象。哀歓のある目。書経に「王、豫(たの)しまず」とある。また予定、予占、さらには参与の義もある。この卦の「豫」は楽しむ、悦ぶの義ではなく、予占の義であろう。「悔」の「毎」は髪飾り(簪)を付けた女の姿。神意に合わないこと。神の怒りに悔悟する義。「遲」は徐行すること。「犀」は「尾」+「牛」。

 

予想外の展開にびっくりする。対応が遅ければ後悔することになるだろう。この言葉の裏には”以前警告を発したことだ”という戒めがある。今のままでは危ないと警鐘を鳴らしたにもかかわらず、状況が悪化してから動き始めた人への戒めである。気の世界は兆しの段階で起きることを知らせてくる。一度目の知らせで気付く人はほとんどいない。二度目の知らせで気付く人は素直な人である。三度目の知らせで気付く人は考えに誤りがあったか執拗に拘っていた人である。この易の言葉は三度目の知らせで気付く人への警鐘である。

 

「由豫 大有得 勿疑 朋盍簪」(雷地豫 九四)

①寄らしめて占う。大いに収穫を得る。疑いを祓え。朋友は相集まる。

寄らしめて参加する。大いに収穫を得る。疑いを祓え。朋友は相集まる。

③由縁あって参与する。大いに収穫を得る。疑いを祓いその去就を伺う。

 朋友は相集まる。

 

「由」は実が油化した状態。中身が空虚なもの。寄る。「由らしむ」は由縁由来。「疑」は人が後ろを顧みて凝然として立ち、杖を持って去就を伺う形。「朋」は貝を綴った形。金文に「倗友」とあり、同族間において年齢の近いものをいう。「盍」は器の上にふたをする形。おおう。上下合う。「簪」はかんざしを挿している人の姿。

 

この爻位置が恐れることは六三の変爻である。雷山小過は鳥が翼を広げた形となり、これが「鳴」を用いる理由となる。雷山小過は仲違いの形でもあるから「疑」が出てくる。「朋盍簪」は雷山小過の裏卦である風澤中孚の形を想定した表現であり、この卦は逆に和合する形となる。この和合の形が「朋」「盍」「簪」それぞれの文字形象に現れる。

 

 

                                          澤雷隨

 

 澤雷隨の「隨」は随う意味であるが、この卦の爻辞も難解である。「隨」は「阝」+「左」+「月」(肉)で構成される。「阝」は神の陟降する神梯子。「左」は呪具の工を持ち、神を迎える意。巫が神梯子の前に肉を供え、呪具を持って神に祈る形。神の在る所に従って祀る。つきしたがう。つづく義。

 

「官有渝 貞吉 出門交有功」(澤雷隨 初九) 

官位(管轄)が変わる。身を慎しめば吉である。門を出て交渉すれば功績ある。

 

「官」は軍が出陣するときに携える肉。それを軍社に祀って肉を保護霊として携行する。駐屯地に屋舎を設けてこれを祀る。軍官。教官の意味。「渝」の「兪」(ユ)は把手のある手術刀。膿漿を盤(舟)に移す。治癒する。痛苦を取り除く。ものを移し変える。輸送する。舟に乗せて移すこと。「渝」には移す意味と治癒する二つの異なる意味がある。「功」は「工」(道具)+「力」(鋤)。農功を表す。出来上がる義。「官」は軍官、教官の意味であるが、官位、管轄と捉えてもよい。「渝」は移動する義であるから、官位が変わると解釈する。ではなぜ官位が変わるのか。この卦の形のどこに移す、移る形があるのだろうか。その疑問に答えるには易を多角的に見なければならない。 

 

易には陰陽を裏がえした裏卦と上下を逆さにした賓卦がある。この澤雷隨は上卦を兌、下卦を震とする。この裏卦は山風蠱という卦になる。そして澤雷隨の賓卦は山風蠱となる。すなわち裏卦と賓卦が同じ形となる。裏卦を見えていない裏の事情とすると、賓卦は逆の立場から見た状況とする。つまり相手から見た状況がこちらの裏の状況と一致するということになる。表と裏で相手の立場と自分の立場が錯綜する。この形はある意味で逃げ場のない状態となる。初九は最下位であるから官位はない。ところが上下逆転すると最上位となり裏の状況も最上位となる。付き従うべき自分が付き従われる自分となる。

 

                        

 

「係小子 失丈夫」(澤雷隨 六二) 

小人に繋がれば、年長者を失う。

 

「係丈夫 失小子 隨有求得 利居貞」(澤雷隨 六三) 

年長者に繋がれば小人を失う。つき従えば求めて得られることがある。身を慎みそのままで居るのがよい。

 

「丈」は手に杖を持つ形。長老。年長者。「丈夫」は様々な訳し方があるがここでは年長者とする。六二と六三は裏卦では九二と九三となる。裏卦の山風蠱は下卦が巽で従う象意。九二と九三が上九につき従い昇っていく形あるいは九二が九三に寄り添い従う形である。「隨」の意味を鑑みるとむしろ裏卦の状況が爻辞に色濃く現れている。この卦は六二、六三が従うべき相手に迷う形と見る。なぜ迷うかというと、表と裏で繋がる相手が変わるからである。さらに裏卦と賓卦の形が同じであることが、状況をより一層混乱させる。官位が変われば従う立場から従える立場となる。こうした錯綜が「係小子 失丈夫」「係丈夫 失小子」に現れている。

 

もう一つの見方は六二の変爻からもたらされる。六二が変爻すると兌爲澤となり裏卦は艮爲山となる。「失」の文字は手をあげて舞い恍惚の状態を示す形である。「失」は祝祷の兌及び手を意味する艮の重なりの形に相似する。このことは艮爲山の爻辞を見ることによって確証が得られる。

 

「艮其腓 不拯其隨 其心不快」(艮爲山 六二)

ここに「隨」の文字が現れる。「其心不快」とあるから艮爲山六二の立場も澤雷隨九二の立場も「不快」となる。

 

裏卦の山風蠱は九二、九三が上九に従い昇っていく形であり、九二は九三の後ろから付いていく形である。九二と九三は歩調を合わせてはいるが、いずれの爻も変爻する兆しがある。心変わりすれば従う相手が変わる。従う相手が変われば今まで繋がっていた人が離れていく。「係」はこの卦の状況を左右する文字である。単に関わる、繋がる意味だけでなく、関わりすぎて繋がる相手を見誤り進むべき方向性を見失っている状況が現れる。このことが上六の爻辞を見るとよくわかる。

 

「拘係之 乃從維之 王用亨于西山」

①係り過ぎて拘束される。乃ちこの人に従い繋がる。王は西山にて祀られる。

②係り過ぎて拘束される。なんじ上位に従いこれに繋がる。王は西山にて

 烹飪する。 

 

「乃」は汝(なんじ)と解してもよい。付き従う気持ちは大切ではあるものの、「拘」束となり、自由を失うまでに至ると、失う人失うものが出てくる。澤雷隨はその「隨」い方に偏りが現れるようである。

 

 

                                          山風蠱

 

「蠱 元亨 利渉大川 先甲三日 後甲三日」(山風蠱 彖辞)

蠱霊を祓う。命を全うして廟に報告し祖霊を祀る。大川を渉るによろし。甲の日より前んずること三日間、甲の日から後れること三日間。

 

山風蠱は澤雷隨の裏卦でもあり賓卦でもある。「蠱」は「蟲」+「皿」。虫を使ったまじない。巫女が呪儀を行っていた(巫蠱・ふこ)。百虫を一器の中に入れ、相食らわしめ最後に残ったものに呪能があるとした。人を惑わす呪儀。邪気を払う儀式。人の怨霊であることもあったという。卜辞に「貞ふ。王の咼(禍)あるは、隹れ蠱ならざるか」とある。巫女が呪儀を行っていたとみられる。「蠱」は形のある大きな虫と見られるが、今でいう細菌ウイルスと見ることもできるし、あるいは心の病とみることもできる。

 

「先」は「之」+「人」。之は人の趾先。除道のために人を派遣することが語源である。「後」は「彳」(てき)+「幺」(よう)+夊(すい)。小足で歩行が遅れる。敵の後退を祈る呪儀。進退に関する呪儀が語源である。先んずる、後れると訳したが、易は語源が必ず重要になってくる。「先甲三日 後甲三日」は十干の甲(きのえ)の日の前後3日間を意味するものと思われる。つまり1週間である。この辞が出る時は七日以内に交渉を進める、あるいは七日以内に問題が解決するとみる。つまり至急動く必要がある時である。これと同じ表現が他卦にもある。

 

「貞吉悔亡 无不利 无初有終 先庚三日 後庚三日 吉」(巽爲風 九五)

 

「先庚三日 後庚三日」は庚(かのえ)日の前後3日間である。山風蠱「先甲三日 後甲三日」と同じような表現を用いた理由はどこにあるのだろうか。その鍵を握るのが山風蠱の九二である。九二が変爻すると艮爲山となる。艮は気学の八白であり八白は定期的な変化をもたらす。 

 

山風蠱「先甲三日 後甲三日」は気学的に捉えると、九二変爻による艮のリズムが現われたものと見ることができる。そして同じように巽爲風にも艮のリズムが現れる巽爲風の裏卦は震爲雷。震爲雷を上下逆転させると艮爲山となる。前後三日」という期間、リズムは艮または震の形から発生すると想定することができる。「甲」と「庚」は後天図という気の配置図で対冲(たいちゅう)の関係となる。

 

                        

 

「幹父之蠱 有子 考无咎 厲終吉」(山風蠱 初六)

①父(指揮者)の惑いを正す。子(継承者)有りて、熟考すれば咎めはない。

 危ういことがあっても終りは吉である。

②父権の惑乱を正す。継承者を有し、祖考を拝して承諾を得よ。神罰なし

 邪霊を振り払い事を終結させ誓約を実現せよ。

③父権の惑乱を正す。継承者を有し、三考して進退を決せよ。神罰なし。

 邪霊を振り払い終結させれば神意にかなう。

 

「幹」は旗竿。親柱。「干」(盾)を立てる象であり戦いを表す。ただす。になう。ものの根幹を表す。「父」は斧頭の形と手の形象。斧鉞をもって指揮権を持つ人。「父」について白川静氏は次のように記述する。「兄弟相続の諸王は、次の世代の王からひとしく父と称せられ、例えば武丁がその諸父陽甲・盤庚・小辛を祀るに、『父甲』・『父庚』・『父辛』に各々一牡を祀る」(『白川静著作集4甲骨文と殷史』333)。父は元来尊称であったことが伺える。「考」の声符は「丂」。「丂」は曲刀の形。強く打って用いる。ものを抉り取る。考究。うつ、いたる、きたすの義がある。礼記には亡くなった父親として記されるが、以下の文献や金文を参照すると複数の意味があるものとして捉えたほうが良い。

 

「三載にして、績を考え、三考して幽明を黜陟(ちゅっちょく・進退)す。庶績咸く熙(ひろ)まる」(書経)。書経では祖霊の意向を確認する厳密な儀礼があると思われる。「壽考忘(や)まず」(詩経)。「考」に寿(久しい)の義がある。金文に「文考」「皇考」と記される。「文祖考に登亯(とうきょう)する」(祭祀)の義がある。さらに天澤履の上九には「視履考祥 其旋元吉」と記される。天澤履の「考」は礼節を弁えよく考えよ、との意味であるから「三考」の意味となる。

 

「不事王侯 高尚其事」(山風蠱 上九) 

王侯に仕えることを止める。その王事を尊び、神を迎えて祀れ。 

 

「不事王侯」は裏卦澤雷隨の従い方を誤る形が現れる。このことが「幹父之蠱」となるのである。「幹父」は父の権威であり、それが蠱によって乱される。従って山風蠱は疫病であれ心の病であれ、病気に侵されていることを示す。そのように捉えると、裏卦の澤雷隨の「隨」は単に人に従うという意味ではなく、誤った人についていく、あるいは付き従い方を誤る卦となる。「高尚其事」とは王が命じたことを尊び、神事を忠実に行えという意味であろう。山風蠱は父親の権威が落ちる卦であり、父権が堕落することを物語る。「隨」は堕落の「堕」に繋がる文字である。「堕」には崩れる義があり、この義も見逃せない。 

 

                        

 

この卦はなぜ「蠱」と名付けられたのだろうか。山風蠱の形を見ると、上卦を艮(山)とし下卦を巽(風)とする。「蠱」の甲骨文は皿の上に虫が重なる形であるが、この卦が「蠱」の形には見えない。「蠱」は人を惑わす呪儀であるから惑わす形があるとすれば、やはり裏卦と賓卦が同形となることであろう。こちらの裏の形が相手の表の形となり、相手の表の形がこちら側の裏の形となる。つまり表と裏の状況が錯綜し、重ね合わさり、自分の気持ちが相手側の気持ちに乗り移ってしまう状況となる。当時の巫女による儀式には共感呪術的なまじないがあったとされるから、この形が山風蠱に現れたとみることもできる。字通の「非」「匪」の解説に、敵方の媚女(巫祝)をうちすえて敵の呪力を殺ぐ共感呪術を示す字とある。共感呪術という言葉は山風蠱を読み解くキーワードとなる。裏卦と賓卦の同形は共感呪術の易学的な仕組みを現わしていると考える。

 

「蠱」に関する卜辞をみてみよう。「貞ふ。王の咼(禍)あるは、隹れ蠱ならざるか」。この卜辞は巫女が呪儀を行っていた様子を表す。白川静氏は次のように注釈する。「召が呪的手段(蠱)に訴えることが多いのに對して、殷もまた呪的な方法で對抗することを試みている」(『白川静著作集別巻甲骨金文学論叢上』)。また「召は蠱術をもって脅威を与えることがあった」(『甲骨文の世界』)。

 

裏卦と賓卦の形が同じ卦は他にもある。地天泰と天地否、風山漸と雷澤歸妹、水火旣濟と火水未濟である。この中でも山風蠱にのみ蠱の災いが現れる。ここで気学的な解釈を加えてみよう。人を惑わす気は四緑という気からもたらされる。四緑が中宮すると父権を意味する六白及び乾宮の力が弱くなり惑乱を招きやすくなる。さらに上卦の艮は気学の八白である。八白は父母ともに養育の不安定要素があり、生まれによっては父権の惑乱をきたす場合もある。さらに山風蠱の六五が変爻すると巽爲風となる。巽爲風には巫女に関与する爻辞が現れる。

 

「巽在牀下 用史巫粉若 吉无咎」(巽爲風 九二) 

 

「若」は巫女が両手を上げて舞い神託を受けようとしている状態を表す。山風蠱の上下卦を入れ替えた風山漸には蠱術を思わせる爻辞が見えない。ならば下卦に巽があり上卦に艮がある山風蠱にこそ蠱術を生み出す気の形があるのだろう。

 

 

                                                地澤臨

 

「咸臨 貞吉」(地澤臨 初級)

咸(ことごと)く命じて、汝に臨む。臣下の出入を厳密にして貞卜し修祓する。契刻した誓約を実現せよ。

 

この卦の一つの見方は「感」染、「臨」検である。「咸」は祈祷した器に鉞を置いて封印し祝誓が終わる義。最高位からの厳密な通達である。金文に「旣に咸(ことごと)く命ず」の記録がある。これらのことから「咸」は厳粛でただ事ではない状況に使われる文字とみる。「臨」は臥して下方を遠く覗き込む形。「上帝、女(なんじ)に臨(のぞ)む」(詩経)とある。「臨」は臨時、臨検、臨戦の意味として使われる。いずれの場合も臨戦、臨時の状況があり、下方を覗き込み実体が何かを確かめている。「咸」と「臨」の象意を突き合わせると、「咸」は感冒、感染、「臨」は感染による臨検と読み取ることもできる。ところが地澤臨の爻辞は易経六十四卦の中で最も「吉」の多い卦の一つである。これはなぜだろうか。六爻の中で吉とつかないものは三爻と四爻のみである。

 

六三「甘臨 无攸利 旣憂之无咎」

六四「至臨 无咎」

 

六三の「甘臨」の「甘」は中に物を入れてはめこむ義。部屋に閉じ込められ臨検される状況を「憂」うる姿。または事態を「甘」く見たことによる憂慮とも受け取れる。あるいは狭い部屋や換気が悪い部屋に閉じ込めてしまうことの「憂」慮(デメリット)を現わしているようにも見える。六四の「至臨」の「至」は「屋」「室」に通じるので、部屋(病室)を現わす。六四は事態が深刻な状況に「至」ると受け取れる。易の三爻の位置は瀬戸際、運気の変化点を意味する。故に逆境が多い。

 

六五「知臨 大君之宜 吉」の「知」は神にかけて誓い相互に意思を確認する義。緊急事態であることを相互認識し誓約する。「大君之宜」の君は今でいう大統領または総理大臣である。トップが事態を認知し緊急の宣言を行う。これを吉とする。上六「敦臨 吉无咎」の「敦」は「敦伐」(たいばつ)の意味として周代の金文に記録される。終盤に至り征伐し封じ込める意味であろう。これを吉とする。

 

地澤臨は上卦を坤とし下卦を兌とする。兌は気学でいう七赤。七赤は見落としや見間違いをよくする。また事態を甘く見る気質がある。地澤臨に吉が多いその最大の理由は下の二爻の存在にある。初九、九二は初期の段階、現場の反応を意味する。すなわち初期の段階で現場が気付き、すぐに臨戦態勢を取る。その裏には現場の長(二爻)と国のトップ(五爻)との陰陽和合(意思疎通)がある。だから貞吉となる。ここでも貞が出てくる。貞は出入りを厳密にする義。この迅速かつ厳密な処置にお墨付きを与えている。地澤臨の裏卦が天山遯であることはこの卦の状況を読み解く重要なポイントとなる。

 

 

                                                風地觀

 

「觀盥而不薦 有孚顒若」(風地觀 彖辞)

①神意を察する。手を洗い身を清め、供え物を捧げることを控える。

   真心あり、威厳をもって敬うがごとし。

②鳥占により神意を察する。両手を洗い拝礼し白茅を敷き、恭しく

   初物の薦羞を控える。真心あり、神に祀り願い事の受諾を求める。

③両手を洗い身を清めるのを觀て、推薦を控える。真心あり、威厳を

   もって神託を受ける。

 

「觀」は「雚」声。毛皮のある鳥の象。鳥占により神意を察する。農耕儀礼、藉田(せきでん)。天子自ら耕作する儀式の禮。「京觀」は凱旋門を意味する。白川静氏は次のように説明する。「この雚・納饗の儀禮が極めて重要なものであった」(『白川静著作集別巻金文通釈2』93)。また礼記に「以て民の風を觀、市に命じて賈(こ・あきない)を納れしめ、以て民の好惡する所を觀る」とある。

 

「盥」は盤中で両手を洗う形。廟中で身を清める作法。礼記に「雞初めて鳴いて、咸(みな)盥漱(かんそう)し、櫛縦(しっさい)し、髦(ぼう)を拂い、總角(そうかく)し、纓(えい)を衿(むす)び、皆容臭を佩(お)ぶ」とある。「薦」は「艸」(そう)+「廌」(たい)。神判のときに用いる神羊。白茅を敷いて犠牲を包み神に薦める義。周礼・天官に「凡そ祭祀には、其の籩(ヘン・たかつき)の薦羞(せんしゅう)の實(ジツ)を供す」とあり、まだ飲食していない初物を「薦」とし、その他を「進」という。「顒」は頭の大きい蛇形のもの。その首をもたげるさまを顒然という。威厳のあるさま。あおぐ。うやまう義。「若」は巫女が両手を上げて舞い神託を受けようとしている状態。神託を求める。神が祈りを受け入れることを「諾」といい、卜文・金文には「若」を「諾」の意に用いる。  

 

「觀」は鳥占により神意を察する義である。卦の形は鳥の立つ姿にみえるからこの卦名をつけたのだろう。さらにこの卦は見ようによっては筮竹を立てる形にも見える。それが「盥」の形に現れる。いずれにしてもこの卦は厳粛な儀式として鳥占を行う卦である。この彖辞は觀(神意を察する)手洗して薦めず、あるいは手洗いを觀て薦めずと訳することもできる。手洗いしても初物を薦めないとなると、何か特別な事情がない限りこのようなふるまいはしないだろう。あるいは手洗いの形を占筮とすると、占筮を觀て薦めることを控えると解釈することもできる。風地觀の彖辞は占例を見て個々の事情を判断するしかない。但し、手がかりがないわけではない。実は風地觀の賓卦の地澤臨は臨時、臨検、臨戦の義である。差し迫った状況を現わした卦であり、爻辞の「咸臨」の「咸」は感染の義でもある。ここに至り「觀盥而不薦」の理由が別の角度から見えてくる。 

 

                                          

 

「童觀 小人无咎 君子吝」(風地觀 初六)

①童僕が神意を察する。小人は神罰なし。君子は恥をかく。

②心定まらず鳥占で神意を察する。小人は神罰なし。君子は凶事の儀式を行

   う。

 

「童」の金文の字形は「東」(嚢)。目の上に入墨する義で受刑者。結髪の許されない者。「童」を含む卦はその他に山水蒙六五「童蒙 吉」及び澤山咸九四「貞吉悔亡 憧憧往來 朋從爾思」にある。「憧」は心の定まらない様で、「憧憧」は往来絶え間ない様子を現わす。「童」は子供であるから自信なく判断が甘い人とみられる。

 

「觀我生進退」(風地觀 六三) 

①我が生(なりわい)を鳥占し、あるいは進みあるいは退く。

②我が生(なりわい)を詳らかに見て、進退を決する。

③我が生が一進一退するのを観る。

 

六三という位置の特性が現れる。上下卦の境界線にあり進みがたい状況。「進」は進退に関して鳥占によって決めること。あるいは軍を進める義。同様の語が巽爲風初六にある。「進退 利武人之貞」。白川氏は次のように解説する(金文に)「『今余非敢夢先公又進退』とみえ、人を任免黜陟(ちゅっちょく)する意であるらしい」(『白川静著作集別巻金文通釈3下』724)。

 

「觀國之光 利用賓于王」(風地觀 六四)

方国の輝きを詳らかに察する。もって王の賓客となるによろし。

 

「賓」は廟に犠牲を薦め、貝を加える。神霊を迎える。賓客。主従の礼をとること。「慰勞する意を以て賜與する」(『白川静著作集別巻金文通釈1上』191)。「賓は祭祀を主たる対象として吉を意味する兆名」(『白川静著作集4甲骨文と殷史』303)。観光は易経のこの爻辞を由来とした用語である。元来の観光とは國の輝きを観ること。その国王の賓客となることを意味する。「國」は上下卦の境界線に出てくる国境の統治管理に関する文字。風地觀の六四が変爻すると天地否。その裏卦は地天泰。地天泰の六四に「翩翩不富 以其鄰 不戒以孚」とあるから「國」は「鄰」國の意味で用いられる。

 

「觀我生 君子无咎」(風地觀 九五)

我が生業を詳らかに察する。君子は咎めなし。

 

「觀其生 君子无咎」(風地觀 上九)

その生業を詳らかに察する。君子は咎めなし。

 

「我」は自分自身。「其」は相手のことであろう。この卦は人の命運及び國の命運を観る卦と推察する。

 

 

                                               火雷噬嗑 

 

「噬嗑 亨 利用獄」(火雷噬嗑 彖辞)

かみ砕いて食べる。烹飪する。獄訟を用いるによろし。

 

この卦はなぜ「噬嗑」と名付けられたかを検証することから始めなければならない。「噬」はかむ。かみ合わせる義。「嗑」の声符は「盍」(カウ)。器の上に蓋をする形。"なんぞ~せざる"のように用いる。「去」は盟誓の器の蓋を外し無効としたもの。獄訴に敗れた人を盟誓の器とともに廃棄し祓うこと。水に流棄することを「法」と記す。「盍」の器の蓋をする形は上九と初九となる。似たような表現が雷地豫の九四にある。

 

「由豫 大有得 勿疑 朋盍簪」(雷地豫 九四)

 

ここで「盍」の文字が用いられる。雷地豫は六三が変爻すると雷山小過となりその裏卦は風澤中孚となる。風澤中孚は見方によって蓋を閉めた形となる。火雷噬嗑は上九と初九を頤(あご)の上下とし、中に九四の異物が挟まる形とみる。下卦の震が突き進み、上卦の離が決裁する。離は裁決、裁判、決断を表す。「噬」の声符は「筮」。「竹」+「巫」で構成される。巫女または筮竹。占筮の形である。この卦は占筮を取り行う形と見ることもできる。それは初九と上九を左右の手とし、右手が九四の位置で切り離し、筮竹を分ける形になるからである。「嗑」の「盍」には獄訴に敗れた人を盟誓の器とともに廃棄し祓う文字であるから、やはりこの卦名は山雷頤の形及び筮竹を分ける形の双方から発想を得ていると考える。

 

「屨校滅趾 无咎」(火雷噬嗑 初九)

足枷を付けられ足指を滅する。咎めはない。

 

「屨」は履く義。「婁」(る)は婦人の髪を高く巻き上げた形。高く重ねる。重層のものをいう。隙間(透かし)の意味がある。「校」は囚人に加える校具。「校」の文字は上九「何校滅耳 凶」でも用いられる。このことは初九と上九が「校」の形を表すことを示している。「滅」の「烕」は鉞に火を加えて火を鎮めること。戉を聖器として火を鎮圧する呪儀。火を消す。隠す。覆う義。

 

「噬乾胏 得金矢 利艱貞 吉」(火雷噬嗑 九四)

骨のある乾き肉を噛み砕く。金矢を納め決着をつける。恐れ立ち止まり出入を厳密にするのがよろしい。このようであれば神意にかなう。

 

 

「胏」は骨付きの肉。九四を「金矢」とする。「艱」は地天泰、火天大有、山天大畜、雷天大壯、地火明夷でも用いられる。「艮」は目と後ろ向きの形で、邪眼にあって恐れて進めない様。この爻辞に「吉」が出ているのは上卦に至り上九との結束が固いからであろう。離は決断、決裁の意味であるから相手の出方を恐れながらも決着することを現わす。九四が変爻すると山雷頤となる。

 

                     

 

さらに火雷噬嗑の六三が変爻すると離爲火となる。

 

「突如其來如 焚如 死如 棄如」(離爲火 九四)

 

「焚」は焼き狩を意味し、火雷噬嗑初九の「滅」の火に通じる。「棄」は子が生まれる形。左右の手を並べた形。逆子を棄てる古俗があった。契約を放棄すること。噬嗑の「盍」と「棄」が廃棄の義で通じる。火雷噬嗑の九四は六三が変爻することによって「來如 焚如 死如 棄如」の状態に巻き込まれる。

 

「何校滅耳 凶」(火雷噬嗑 上九)

①首かせを顧みてなぜにと問い、耳を滅する。災厄ある。

②首かせを何い耳を滅する。災厄ある。

 

「何」は顧みて神に責問すること。詩経に「天の休(たまもの)を何(にな)ふ」とある。九四が変爻すると山雷頤となり、山雷頤を裏がえすと澤風大過となる。その上六に「過渉滅頂 凶无咎」とある。ここで同じく「滅」の文字が用いられる。

 

火雷噬嗑の裏卦は水風井。「井」は井げたの枠の形。犯罪者の首につけた枷。字通には次のように解説される。「卜文・金文には字を邢(けい)という国名に用いるほか、井の形には、人の首足に加える枷の形で、のちの刑となるもの、鋳型のわくの形で、のちの形・型となるもの、陥穽として設けるもので、のちの穽となるものがあり、井は邢・刑・形・型・穽の初文である」。火雷噬嗑の形の意味が裏卦の卦名「井」によっても示される。

 

卦名で用いられる「嗑」の「盍」は獄訴に敗れた人を盟誓の器とともに廃棄し祓うこと。水風井の「井」は首枷。火雷噬嗑は彖辞に「利用獄」とあるように獄訟を用いる卦である。このように「井」と「噬嗑」の義は獄訟繋がりを持つが、水風井は決して獄訟に関する卦ではない。水風井は井戸の「井」であり村落の「井」である。水風井は下卦が巽(桶)上卦が坎(水)であり、やはり水汲みの井戸と考えてよい。水風井の彖辞を読むと井戸の「井」であり村落の「井」の意味であることが明確となる。

 

「井 改邑不改井 无喪无得 往來井井 汔至亦未繘井 羸其瓶 凶」

(水風井 彖辞)

 

「瓶」は酒を汲み取るものであり、つるべを意味する。「瓶」の文字が出てくるから、水汲みの井戸であることが分かるが「繘」という文字も出てくる。「繘」の金文は不明。「矞」(イツ)+「冏」(ケイ)。矛を台座に立て武夷を示し巡察すること。ただす。おそれ驚く意味がある。「繘」はつるべの縄とする説があるが、巡察する意味が裏に隠れているとみる。この場合「未繘井」は未だ井に釣り糸せずと訳すか、あるいは未だ井(村落)を巡察せずと訳したい。

 

火雷噬嗑の獄訟の義は裏卦水風井の首枷を意味する「井」によって繋がる。一方水風井の「井」は井戸、村落の意味で用いられる。井戸は生活「食」の基盤となる。その生活、養いを現わした卦が火雷噬嗑の九四変爻によって生じる山雷頤である。易の六十四卦、三百八十四爻は表裏の転換、上下の逆転、さらには爻変によって縦横無尽に展開していく多次元世界である。

 

 

                                                山火賁

 

「賁其須」(山火賁 六二)

その髭を飾る。

 

この卦は「賁」の解釈で決まる。「賁」は雑彩の飾り。華の形象。貝を持って飾ったもの。外に向かって奮起する意がある。艮の象意である壁に離の象意である鮮やかな色合いのものを飾る。すなわち美術館や画廊のような光景を思い浮かべる卦である。もう一つの噴気の義の「賁」には差し迫った状況が現れる。

 

「須」の「頁」は儀式を行うときの人の形。「彡」(さん)はひげ。礼記に「小臣手を爪切り、須を剪る」とあり、面の毛を剃ることをいう。ではなぜ六二が髭なのか。髭は顎や口と一緒に動くものであるから、初九の下顎とともに動くとみているのだろう。つまり初九と上九を山雷頤の顎と見ている。あるいは裏卦澤水困の上卦の兌は口の象意であるから、口の下で動く坎(九二)を髭と見なしているのだろう。山雷頤の六二に「顚頤 拂經 于丘頤 征凶」とある。この「丘」の文字が山火賁六五の「賁于丘園」の「丘」に繋がる。このことが山雷頤との繋がりを示している。

 

「賁如 皤如 白馬翰如 匪寇婚媾」(山火賁 六四)

奔走するが如く、入れ替わるが如く。白馬、飛び回るが如し。仇討するのではなく、婚儀を迫っている。

 

「皤」の「番」は獣の掌。交替、順次、つがいの義がある。入れ替わり立ち代わりの状況を表す。「白馬」は白色で速く走るもの。これが現在では何に当たるかを想像すればよい。「翰」は高く飛ぶ義。六四の光景も二つに分かれる。一つは絵画などの作品を入れ替えする飾りの光景。白馬はそのモチーフの一つとなる。もう一つの「賁」は噴気の状況であり、「如」が三つ連続して重なることが事態の緊迫感を現わす。六四が変爻すると離爲火となり、差し迫った感が出てくる。

 

「突如其來如 焚如 死如 棄如」(離爲火 九四)

突くが如く、それ来襲するが如く、焼かれるが如く、死ぬが如く、捨てるが如し。

 

この爻辞は不意を突かれた災いで慌てふためく様子を現わす。「焚」「死」「棄」から焼かれて死ぬような痛さで何かを捨てる。相当に辛い様子が伺える。山火賁の六四に急を要する状況が見えてくる。

 

                   

 

山火賁の裏卦は澤水困となる。

「來徐徐 困于金車 吝有終」(澤水困 九四) 

除道し除道し来る。金車に困しむ。凶事であるが終わりはまとまる。

 

ここに「金車」とあり、これが山火賁の「白馬」に当たる。「賁」は飾りでもあり噴気する義でもある。則ち緊急事態の時何かを飾りたて、目立たせて走る「金車」「白馬」である。「徐」は除道を表す。つまり前の障害物を取り除けながら道を走る白い金車である。易はこのようにアプローチしていくと、驚くべき正確性でもの、こと、人を的中させる。

 

「賁于丘園 束帛戔戔 吝終吉」(山火賁 六五) 

①丘園を飾る。朝貢の品を積み重ねる。恥ずかしめられることもあるが、

 終には吉である。

②丘園に駆け付ける。薄い白布を束ねて戦う。凶事なれども終わりは神意に

 かなう。

③遠方の虚邑(村)に奔走する。薄い白布を束ねて戦う。凶事なれども

 終わりは神意にかなう。

④廃墟を飾る。束ねた帛(画)を積み重ねる。惜しみながら終わる。

 誓約の実現を責め求める。

 

「丘」は墓のある丘。丘上の隠居の地。廃墟。「園」は墓地に植樹すること。「袁」は「之」+「口」(魂)+「衣」。死者の衣襟に玉を加え、枕元に「之」を加えて、遠く死出の旅に出ることを示す。「帛」の声符は「白」。神に薦める白布。無位無官。「巾」は儀式の際に用いる膝掛け。朝貢の品。「束帛」は礼物として用いる反物。漢代の「帛書」「帛画」の類が出土している。「戔」は薄小のものを重ねる義。両矛。相戦う義。「吝」は死者について祈る凶事の礼。通過儀礼。書経に「改過不吝」とあり、吝はやぶさか、おしむ意味で用いられる。この爻辞は「丘園」の解釈がポイントとなる。文字の意味だけではこれが具体的に何を示しているのかは分からないが、その場所に駆け付ける。あるいはその場所に貴重品を飾る。そういう場所であることは確かであろう。

 

山火賁は通常飾りの卦と解釈されるが、上記のように「賁」の意味に二つの異なる義があることを見落としてはならない。「賁」には噴出、噴気の義がある。易は象意を読み、卦の形を読み、あらゆる光景を想像しなければ実体を掴むことはできない。常識にとらわれ固定的な見方をすると、易のポテンシャルは発揮されないままに終わってしまう。その意味でも易は成立当時の文字である金文、甲骨文にしっかり当たることが必要不可欠である。 

 

 

                                                山地剥 

 

易には六十四の卦があり様々な形があるが、山地剥は一見して不安定な形であることが分かる。易とは波動が形に現れたものであるから、陰陽の均整がとれているものがよい。山地剥は「牀」寝台の形であるが、足が長すぎバランスが悪い。その足元から六四に上がるに従って凶意が増す。

 

(初六)「剥牀以足 蔑貞 凶」

(六二)「剥牀以辨 蔑貞 凶」

(六三)「剥之 无咎」 

(六四)「剥牀以膚 凶」

(六五)「貫魚 以宮人寵 无不利」

(上九)「碩果不食 君子得輿 小人剥廬」

 

「剥」は獣皮を刀で剥ぎとる形。金文に「通彔永命」など、彔を禄(ろく)の意に用いる。西周の金文に「女(なんじ)其れ成周の師氏を以ゐて、古𠂤(こし)に戍(まも)れと。白雝父(はくようほ)、彔(ろく)の歴(いさおし)を蔑(あら)はし、貝十朋を賜ふ」(字通)とある。爻辞に用いる文字が当時の金文の中で繋がりをもって現れる。初六及び六二の「蔑」は目に呪飾を加えた形と「伐」。目に呪飾を加えた巫女が、敵陣に呪儀を行う。媚女を職業的な祖神として祀っていた。これを「蔑宗」(べつそう)という。敵方に向け呪祝する。軍功を表彰することを蔑歴という。賓卦の地雷復六二に「休復 吉」とあり、「休」の軍功表彰の義に通じる。「辨」は当事者二人が並んで盟誓し裁判を行う義。

 

六五は上位の中であるから一先ず安定を得る。上九は「碩果不食」とあるように、手の届かない位置にあり不便を強いられる。君子は手助けされるが、小人は「廬」(仮宿)を追い出される。「廬」(りょ)は旅宿りの儀礼。地霊を祭る。一般から隔離された忌殿としての屋舎。

 

この卦は「廬」の象意から病床の光景とみることができる。体の一部が剥がれるような状態、あるいは剥がれた部分を治療する。「貫」は「貝」+「毋」。貝を綴って貫く銭差し。「宮」は廟奥。神聖な人がいるところ。「宮」を病院とすると、「宮人」は医者あるいは看護師とみてよいだろう。「寵」は神聖な居。竜形の神を祀るところ。いつくしむ。めぐむ義。五爻に至りそれなりの待遇を受けるとみる。

 

 

                                                地雷復  

 

「復 亨 出入无疾 朋來无咎 反復其道 七日來復 利有攸往」

(地雷復 彖辞)

①帰還する。希望は通る。行くも帰るも支障はない。朋友が来れば咎めは

   ない。その道を反復する。七日後に戻ってくる。行くべきところに

   向かってよろしい。

②復れと叫び、貢ぎ物を捧げる。出入において祟りなし。朋友が来りて

   神罰なし。聖域に立ち入り除道して復る。七日後に戻り来る。行くべき

   ところに向かってよろしい。

 

「復」の金文は量器の形。「彳」は道路。量器を反復する。招魂(死者を呼びもどす)の儀礼。復するときは屋上に上って北嚮し、衣を以て招き、「皋(ああ)其復れ」とよぶ(字通)。「疾」は脇の下に矢のある形。矢傷。卜辞に王の疾を祟りとして用いた例がある。「朋」は貝を綴った形。「來」は麦の形。穂が下に垂れ下がる形。もたらす。卜辞に「召方來」があり、「來」は方による寇の意味を持つ。また「來」は土方(北方の強族)が来襲する義で卜辞に使われている。「羌を來らさんか」(『白川静著作集別巻甲骨金文学論叢下2』1093)。貢獻する意として用いられる。「反」は崖によじ登る形。聖所に立ち入ることを反逆とした。「道」は「首」+「辵」(チャク)「彳」+「止」。「彳」は小径。「止」は趾。異族の首を携えて除道を行う。「攸」は「人」+「水」+「攴」。人の背に水をかけこれを洗う意。みそぎ。「往」は鉞頭の形の王の上に「止」(あし)を加えて出行に当たり魂振りの呪儀を行う。

 

この彖辞でポイントとなるのは「反復」と「七日」である。この卦に反復する形と七日の形がある。山風蠱で考察したことを再度記述する。

 

「蠱 元亨 利渉大川 先甲三日 後甲三日」(山風蠱 彖辞)

 

「先甲三日 後甲三日」は十干の甲(きのえ)の日の前後3日間を意味する。つまり1週間である。さらに巽爲風にも同じ表現が用いられる。

 

「貞吉悔亡 无不利 无初有終 先庚三日 後庚三日 吉」(巽爲風 九五)

 

「先庚三日 後庚三日」は庚(かのえ)日の前後3日間である。この表現が用いられる元となる形が艮爲山であり、震爲雷であると解説した。艮は気学の八白であり八白は定期的に変化をもたらす気である。地雷復は六四が変爻すると震爲雷となる。初九が二爻、三爻と順に上っていき、再び初九に戻るまでに7日とする見方もあるが、山風蠱、巽爲風の事例を考察すると、艮、震の形に3のリズムが宿ることは明らかである。これは気の法則でもある。六四変爻による震爲雷の六二は以下の通りである。

 

「震來厲 億喪貝 躋于九陵 勿逐 七日得」。ここに「七日」が用いられることで地雷復と震爲雷の関連が現れる。これにより震、艮は「三日」のリズムおよび「七日」のリズムを併せ持つことになる。丁度「七日」は月の欠けのリズムであり、震、艮の形を上弦、下弦の月の形と見なすこともできよう。これを裏付ける卦がある。

 

「履虎尾 愬愬終吉」(天澤履 九四) 

 

「履」は「復」を含む文字である。爻辞の「愬」は朔日すなわち新月を現わすと考えると、天澤履の形の中に月の満ち欠けの形があることが分かる。天澤履の天(乾)は満月の形であり、澤(兌)は欠けの形である。さらに兌の裏は艮となり、下弦の月の形となる。月は七日単位で形を上弦、満月、下弦と形を変えていくから、震、艮の形を月の満ち欠けとして見ていたと考えることは十分可能である。そもそも八卦とは森羅万象を形で表したものである。易の形は常に何らかの形で自然現象を映し出していると見るべきである。 

 

                                                      ♦

 

一方、「反復」する形はどの形を現れているのだろうか。この問いに答えるためにはまず「復」の形を振り返らなければならない。「復」は量器を反復する形である。上下の間を行ったり来たりする形である。この形を卦で表すと、一つは上下の陽爻の間に坎の形が入る場合。つまり真ん中の陽爻が一陰を挟んで上下の陽爻に繋がる形である。もう一つは招魂儀礼の形である。復するときは屋上に上って北嚮し、衣を以て招き、「皋(ああ)其復れ」とよぶ、という儀礼である。この儀礼の形が易の形に現れているはずである。まずは「復」の文字が用いられる卦をみてみよう。

 

「不克訟 卽命 渝安貞吉」(天水訟 九四)

自道 何其咎 吉」(風天小畜 初級)

「无平不陂 无往不 艱貞无咎 勿恤其孚 于食有福」(地天泰 九三)

「城于隍 勿用師 自邑告命 貞吝」(地天泰 上六)

「悔亡 喪馬勿逐 自 見惡人无咎」(火澤睽 初級)

 

上記の卦に共通することは、上下の陽爻の間に坎の形が入ること、あるいは一つの変爻によってその形が現れることである。但し地天泰のみこの形は現れない。このことは後に検証する。天水訟は九五が変爻することによって九四が九二と上九の間に挟まる。風天小畜は九二が変爻することにより九三が九五と初九の間に挟まる。火澤睽は上九と九二の間に九四が挟まれ、さらに初九が変爻することにより、裏卦に水火旣濟が生じ、初九と九五の間に九三が挟まれる。この形の変化推移をみると、「復」の量器を反復する形が現れているとみてもよいだろう。地天泰に関しては上下が陰陽くっきりと分かれているから、仮に三陽を器の中に入る穀物とすれば、三陰は空の部分。つまり容器を上下すれば半分は詰まり半分は空っぽの状態となる。これが量器を反復する形とみることもできよう。

 

次は「復」を招魂と見る場合である。招魂とは死者の魂を呼び戻す行為であるから、死者に通じる坤の形が必要となる。地雷復には上卦に坤があり、地天泰にも上卦に坤がある。天水訟、風天小畜においては裏卦に坤が現れる。このことから「復」は坤の形を冥界とし、招魂を行う形として見ていたのではないかと推察する。

 

「不遠復 无祗悔 元吉」(地雷復 初級)

①遠からずして帰る。慎んでいれば悔いはない。大いに吉である。

②大いに遠方に向かい復れと叫ぶ。慎みをなくし神の怒りに悔悟する。

 命を全うして無事帰還し廟に報告する。神意にかなう。

 

「遠」の「袁」は「之」+「玉」+「衣」。死者の衣襟のうちに玉を加え、枕元に「之」(履物)を加えて遠く死出の旅に出ること。この義から地雷復の初級が招魂の主体であることが分かる。死出の旅とは上位が坤であることが要因であろう。坤の象意は無、魂のなくなった状態。気の枯れた状態。これが死者、冥界となる。因みに雷地豫の上六「冥豫 成有渝 无咎」及び地風升の上六「冥升 利于不息之貞」にも「冥」の文字が出てくる。いずれの卦も坤を持つ。

 

「休復 吉」(地雷復 六二) 

①軍功を称えられ帰還する。吉である。

②王の休命により召還する。契刻した誓約の実現を求める。

 

「休」は軍門の表木。軍功を称える。その横に人が立つ。「庥」は廟の中廷で行った儀式。左伝に「天子の丕顯なる休命に奉揚せんと」とある。また金文に「王曰く、休(善)なりと。匡(きょう)、拜手稽首し、丕いに顯らかなる休(嘉命)に對揚(奉答)す」とある。この「休」はめでたい。よろこび。大きい。よくその事を終える義。

 

「中行獨復」(地雷復 六四)

道半ばにして、独り帰還する。

 

「中」は中軍の将(元帥)を示す旗の形。三軍の元帥のいるところ。「行」は十字路の形。道に呪力を通して他の地に機能すること。ここで「中」を用いるのは六四が変爻すると震爲雷となり、進軍の形となるからと考える。但し陰爻であるため進行には至らない。「中」が六四の位置であることを裏付けする卦がある。

 

「壯于頄 有凶 君子夬夬 獨行遇雨 若濡有慍 无咎」(澤天夬 九三)

 

澤天夬の裏卦は山地剥であり、山地剥の賓卦は地雷復である。澤天夬の九三は山地剥の六三に当たり、山地剥の六三は地雷復の六四の位置となる。澤天夬の九三を見ると「獨行」との表現があり、地雷復の六四には「中行獨復」とある。さらに澤天夬の九五をみる。

 

「莧陸 夬夬 中行无咎」(澤天夬 九五)

 

ここで地雷復の「中行」に応じる。「莧」はヒユ。「陸」は神を迎える幕舎の形。聖梯の前に幕舎を列ね、土主を置いて祀るところ。日影を観測する機能がある(字通)。「莧陸」は山ごぼう、あるいはすべりひゆと解することがあるが、これは「夬夬」の表現から切れ切れになる性質のものだからであろう。但し「陸」には元来そのような植物の意味はない。ここで見落としてはならないのは、白川氏が指摘する「日影を観測する機能がある」という解説である。澤天夬の裏卦である山地剥の形を見ると丁度上九が日陰を作る物体に見え、初六から六五までの陰爻が影に見える。以上諸々の分析から、山地剥および地雷復には時間の経過を表す形が現れていると考えてよいだろう。

 

易は暗号のように難解な世界ではあるが、八卦の象意、卦全体の形、爻の変化を読み解き、その上で爻辞に用いた文字の象意と形との関連を探ることによって、解読の糸口を掴むことができる。  

 

 

                                                天雷无妄  

 

「无妄 元亨利貞 其匪正有眚 不利有攸往」(天雷无妄 彖辞)

妄念なし。大いに願望が通り、身を慎むのがよい。正しからざれば災いある。くべきところがあってもよろしきことなし。

 

「妄」の声符は「亡」。屍の呪霊。死体の呪霊を畏れること。金文に「女(なんじ)敢て妄寧なること毋れ」とある。みだれる。いつわり。あやまる義。「无」は亡の意味。亡失する。なくなる。なし。詩経に「庶(ねが)はくは大悔无(なか)らん」とある。

 

易の爻辞で用いられる「无」は訳としては「~なし」となるが、易が成立した時代に「~なし」という否定概念が存在したかは不明である。そもそも文字は神と人との交信の手段として生じたものであるから、最初から神との関係において否定形が存在したとは考えにくい。おそらく天地否の「否」のように、人の方から神意を拒否する「不」の概念が生じ、次第に「~なし」のような否定概念が成立していったのではないかと私は考えている。

 

「~なし」という概念・世界観は、神と人との関係性が分離してしまったことによって起きていると考える。神と人との意識が常に一体で繋がっていれば、願いの実現を求めその返答を受け取る肯定の関係となる。その一方で願いが適わなかった時の人間側の反応がある。神あるいは天との間で音信が不通となった状態である。この概念が「不」という文字に表されたのではないかと推察する。この「不」はない(無)の意味ではなく、塞がって通じない意味であろう。これを物理学的に言うと、周波数が異なるために交信相手に繋がらない状態である。神気と人気は同じ波動にならなければ、一切のやりとりは塞がったままとなる。これが「不」であろう。

 

「无妄」という卦はこのことを暗示している卦でもある。「无」という文字は「~ない」と訳して終わる文字ではない。「无妄」は人が神との一体感を失い、不安定化した姿が現れているように思う。そのことが爻辞に具体的に現れる。 

 

                          ♦

 

 

「不耕穫 不菑畬 則利有攸往」(天雷无妄 六二)

①耕さずして収穫を得、休耕して三年の地味を蓄える。盟約し、

 身を清め意を決して進むがよい。 

②大いに耕作して収穫を得、大いに休耕して地味を蓄える。盟約し、

   身を清め意を決して進むがよい。

 

この爻辞はおそらく不耕起栽培か休耕田のことを語っているのだろう。「耕」は耕す義。「穫」は穀物を収穫すること。詩経に「菑(わざは)ひ無く害無し」とあり、多く災害の意味で用いる。字通には「菑畬」(しよ)を田土を墾(ひら)くことと記す。「菑」は荒れた田。開墾した初年の田とする。初年を「菑」、三年を「畬」とする説もある。「不」は否定語の意味を持つが、「丕」に通じ大きい、大いにの義を持つ。「丕(おお)いに顯(あき)らかなる文王」のように用いる。「不」は否定語と大いにという全く逆の用法を持つ。いずれの用法が妥当かは個々の事例によって判断すべきであるが、不思議なことに逆の意味が結果的には同じ方向に向かって統一されていくようにみえる。この爻辞は全体として何を語っているのだろう。この謎を解く鍵が裏卦の地風升にある。

 

「孚乃利用禴 无咎」(地風升 九二)

誠意があれば西の質素な禴祭を取り行うのがよろしい。このようであれば咎められることはない。

 

地風升は九二が九三にぴったりと付いていき、上位へ進んでいく卦である。つまり昇格昇進の卦である。地風升の地は坤。無。無欲を意味する。風は巽。上位に従うことを意味する。これは心を無にし導きに従って進めという卦である。このことから「不耕穫 不菑畬」の真意が見えてくる。耕さずして収穫を得、休耕して三年の地味を蓄えるとは、三年間は成果を期待せず無心となって師についていきなさい。そうすれば数年後には地味を蓄えた状態に戻るとの教えがある。身も心も疲れ切った人が数年休んでエネルギーを取り戻す。何もしていないように見えるが、その時間によって地味を取り戻し人間としての成長を遂げる。

 

「无妄之疾 勿藥有喜」(天雷无妄 九五)

①妄念により病にかかる。邪霊を祓えば喜びある。

②妄念の祟りを消し去る。鈴を鳴らし邪霊を祓い、鼓を打って虫害を祓え。

 

「疾」は脇の下に矢のある形。矢傷。祟り。「藥」は薬草。左右の「幺」は鈴を鳴らすふり太鼓の形象。「白」は鈴。呪医(巫女)が鈴を鳴らして邪霊を祓い治療する形。「喜」は神に祈るとき、鼓を打って神を楽しませる。秋に虫の害を祓い増収をはかる農耕儀礼。ここで初めて「不耕穫 不菑畬」の農耕に繋がる。この卦のテーマは「疾」を祓うことであるが、その一つは虫害であり、もう一つは心の病である。その心の病を「妄」念と捉え、これを祓う。

 

                          ♦

 

「无妄之災 或繫之牛 行人之得 邑人之災」(天雷无妄 六三)

妄念の災いなきことを願う。一時的に牛を繫ぎ、行く人がこれを奪う。村人の災いである。

 

この卦は何を語っているのだろうか。この鍵は「牛」である。「牛」がどこかの爻を指し、この爻が隣接する爻との繋がりで、あるいは繋がりあるいは奪われる状態となっているのであろう。このように考えると、まずは「牛」を特定しなければならない。「牛」が出てくる爻辞は他卦にもある。

 

「童之牿 元吉」(山天大畜 六四)

「牿」は角木。牛馬の檻(おり)。「牛」は六四。檻は上九。

 

「離 利貞 亨 畜牝吉」(離爲火 彖辞)

「牝牛」は六二及び六五あるいは九三及び九四。

 

「東鄰殺 不如西鄰之禴祭 實受其福」(水火旣濟 九五)

「牛」は九三。

 

「執之用黄之革 莫之勝説」(天山遯 六二)

「牛」の檻は九三。「黄牛」は裏卦地澤臨の九二。

 

「見輿曳 其掣 其人天且劓 无初有終」(火澤睽 六三)

「牛」は裏卦水山蹇の九三。

 

「鞏用黄之革」(澤火革 初九)

「牛」は裏卦山水蒙の九二。

 

「鳥焚其巣 旅人先笑 後號咷 喪于易 凶」(火山旅 上九)

「牛」は九三。 

 

「牛」は従う気質であり、また囲(檻)に入れられる性質のもの。さらに牛には角があり、角は頭に付くもの。それぞれの卦を見ると、必ずしもその爻が「牛」を指しているわけではない。囲に入る形の典型は水火旣濟。九三が初九と九五に繋がれ囲いの中に入る。檻の典型は山天大畜の六四。上九が角となる。天山遯及び澤火革の「黄牛」の「黄」は中央の色であるから六二あるいは裏卦の九二。九三が檻または角となる。火澤睽の「牛」は裏卦の九三。九三が角となり九五に従う。火山旅の「牛」は特定が困難であるが、九三を檻とし牛とすると、上位と離れやすく下に拘束するものがない。初六が変爻すると上下分裂の離爲火となり「畜牝牛吉」となる。

 

以上、他卦の「牛」を検証すると囲に入る爻あるいは艮の角、檻に閉じ込められる爻を「牛」と見なしているようにみえる。このように見ていくと、天雷无妄の「牛」は六三と六二となり、裏卦の地風升においては九二と九三となる。九二と九三は巽の形から従うがままに昇っていくが、囲いがないため逃げやすく奪われやすい。さらに「或繫之牛」の「或」は国境を現わし有事をもたらす文字である。仮に六三が変爻した場合、六二は孤立し従う相手を喪う。さらに裏卦においては地水師となり、軍隊を動かす卦となる。これが「或」の国境の有事に繋がっていく。故に「邑人之災」、村民あるいは国民の災いとなる。

 

 

この卦の謎を解くもう一つの鍵は上九変爻によって生じる。つまり澤雷隨の形である。先に解説した通り澤雷隨の裏卦と賓卦は同形となる。この形は表と裏の状況が錯綜し、誤った人に繋がる可能性を示す。これを「或繫之牛 行人之得 邑人之災」と表現したのではないか。つまり誤った人につかまることを災いとし、これに警鐘を鳴らしていると考える。これは単に人間関係の事のみならず、国と国の関係を暗示するものでもある。この確証として澤雷隨六三の「得」が天雷无妄六三の「得」に応じ、澤雷隨九四の「獲」が天雷无妄六二の「穫」に応じる。

 

 

                                                山天大畜  

 

「輿説輹」(山天大畜 九二)

①輿(くるま)輹(とこしばり)を説く。

②輿して説き往復する。

 

山天大畜の「大畜」は大いに畜(とど)めると読むが、これは下卦乾の三陽を上九を含む艮が止める形を現わす。「輿」は四隅に手をかけて手車を担ぐ形。車の輿。乗せて運ぶ。担ぎ手。「説」は神に告げ祈ること。脱去の義があるという。車を担ぐ人を「輿人」。その言うところを輿論とする。

 

「輹」は車軸の縛り。この爻辞は風天小畜の九三と同じ表現を含む。「輿説輻 夫妻反目」。「夫妻反目」の形は九三が変爻して風澤中孚となり、その裏卦である雷山小過の形によって生じると解釈した。ところがこの形は山天大畜にはない。まずは「輿」が用いられる卦を掲げ、形の変化推移を見極める。

 

「師或輿尸 凶」(地水師 六三)

「田有禽 利執言 无咎 長子帥師 弟子輿尸 貞凶」(地水師 六五)

輿説輻 夫妻反目」(風天小畜 九三)

「碩果不食 君子得輿 小人剥廬」(山地剥 上九)

「貞吉悔亡 藩決不羸 壯于大輿之輹」(雷天大壯 九四)

「見輿曳 其牛掣 其人天且劓 无初有終」(火澤睽 六三)

 

上記の卦の形を見ていくと、「輿」の形には三つのパターンがあるように見える。一つは陽-(陰-陽-陰)-陽の形。陽爻の間に坎の形がある。真ん中の陽爻を「輿」とする。二つ目は地水師の六五が変爻して生じる坎爲水もしくは離爲火の形。この形は「輿」の形としては説得力がない。三つめは雷山小過の形。この形も「輿」の形に見える。ところが雷天大壯、山天大畜はこれらの形に相当しない。ではなぜ「輿」を用いたのか、さらに考察していく。

 

上卦の震または艮を車前方の軛(くびき)とする。下卦の乾(三陽)は人が乗る屋形の部分。つまり下位の三陽を上九の艮が引っ張って進む形とみる。山天大畜はこの三陽のうち軸の九二が変爻することを車軸が脱落する形と見たのではないか。因みに九二が変爻すると山火賁となり、山火賁の初九に「賁其趾 舍車而徒」とある。「車」は”車軸脱落”によるものと推察する。また山天大畜の六五に「豶豕之牙 吉」とあり、「豶」の文字が山火賁の「賁」に繋がる。

 

雷天大壯は上卦の震が勢いよく下卦の三陽を引っ張る。故に「壯于大輿之輹」とあり「壯」(さかん)の文字が用いられる。最後に山地剥上九の「輿」は上記すべての事例に当てはまらないが、下位の陰爻すなわち衆人が上九を「輿」に乗せ持ち上げる形と見ることもできる。君子は担ぎ上げられる形となるが、小人は隔離され端に追いやられる形となる。

 

 

「輿説輹」の訳は輿(くるま)輹(とこしばり)を説くと読むのが本筋であろう。但し易の爻辞は文法や通例に沿った読み下しに縛られると、文字に素直に出ているコードを読み落とす恐れがある。爻辞は固定観念にとらわれず、一文字一文字をそのまま繋げて見ることも大切である。「輿」「説」「輹」は誰かの輿(車)に乗せてもらい、「説」得し、演「説」しながら往「復」するという読み方もできる。例えば選挙に出馬した人が「輿」(車の上)に乗って演説し、周辺を往復する姿もこの光景に当てはまるだろう。「輿」には輿人(衆人)さらには輿論の意味もある。このことを裏付けするかのように九三の爻辞に「良馬逐 利艱貞 日閑輿衞 利有攸往」とあり、出馬を暗示する「良馬」の文字が出てくる。「良」は穀を選び量を定める。良善を見極める義である。

 

 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)