易経を読む(下経)2

易の面白さはある意味で正解がない所にあると言ってもよい。その変化推移によって解釈は無数に生じる。易は卦の形と、爻の関係性によってすべての現象を映し出す。易は波動の形を現わす。波動は結晶化してすべての形を生み出し、現象を生み出している。後天図は気の世界の動き方を包括的に捉えた唯一の平面図である。この縦軸と横軸の交わりからすべての現象が生まれる。縦軸は不可逆的時間、横軸は可逆的空間となる。二つの軸の交わりによりエネルギーは発生し生命活動が始まる。水火旣濟、火水未濟は陰陽均整の取れた波動の完成形を現わし、六十四卦を締めくくる。

*甲骨文・金文の意味解釈は白川静氏編纂の「字通」及び「白川静著作集」を参照。

*易経解釈文:浅沼 元世翬

*澤火革から火水未濟

 

 

                                                澤火革  

  

   

【彖辞】革 已日乃孚 元亨利貞 悔亡

①革命の時。既に日が整い王命下る。大いに貢献し出入を厳密にして貞卜

 せよ。悔いはなし。

②改革の日に当たりまことに命を賜う。大いに貢献し出入を厳密にして貞卜

 せよ。神の怒りは鎮まらん。

 

「革」は「改」に通じ、改める義とする。下卦は革命の気運が未だ整わず機が熟するのを待つ。上卦は九四に「改命」とあるように命が改まる。旧体制を改め新体制に変わる時である。裏卦は山水蒙で蒙昧な人、蒙昧な世を開く象意。その彖辞に「初筮告 再三瀆 瀆則不告」とあるから、このお告げは天のお告げであり疑うことなく天命と受け止めよとの含みがある。

 

【九三】征凶 貞厲 革言三就 有孚

制圧すれば禍ある。身を慎んで警戒せよ。三度進言を重ねて改まり成就する。忠誠心がある。

 

易の第三爻は上卦と下卦の境界線にあり、常に危うい運気が付きまとう。故に「凶」「厲」の文字が現れる。「征」は征服の義であるが、単に征服するだけではなく、行って混乱を鎮め統治するところまでを表す文字とみる。「貞」は一般的には身を慎しむことを意味するが、元来は貞卜を意味する文字である。王族や聖職者は貞卜によって厳重に修祓を受けていたと言われる。易経を読むにあたっては、この「貞」という文字の意図を正確に汲み取らなければならない。「貞厲」とは出入りを厳密にしても危ういとの警告である。「革言三就」は一度や二度の助言ではなかなか態度を改めない。三度目の叱責でようやく態度を改めることを言う。

 

易経の爻辞に出てくる「三」は正確に三度の場合もあるが、何度もという意味合いもある。「三」というのは気の循環を表す数で、3か月、3年のリズムで気は循環していく。 

 

 一度目はそれとなく伝える。二度目ははっきりと伝える。三度目は叱責となる。人は注意を受けても心のバランスが崩れている時は聞き流してしまう。そして二度目の忠告の時は凡そ自分の行いが間違っていることに気付く。けれども未だ改めようとしない。そして三度目に強く叱責されてようやくこれではいけないと行動を改める。

 

気の世界はバランスの崩れたことを見逃がさず、段階を経て修正を促してくる。人は一度目の緩やかなシグナルにほとんど気付かない。二度目のシグナルに気付いて行いを改める人は余程勘の鋭い人で且つ謙虚な人。実は多くの場合、三度目のシグナルすなわちトラブル、事故、叱責というアラームを受けてようやく我が過ちに気付く。

 

 

                   ♦

 

 

【九四】悔亡 有孚改命 吉

悔いはない。誠意をもって使命(天命)を改める。神意に適う。

 

九三は「革言三就」により再三注意、叱責されて言動を改める。九四に至るといよいよ運気が変わり自分のすべきことを再認識する。運気が変わる時は改名、改元のように、形に表して変えていくとよい。

 

【九五】大人虎變 未占有孚

優れた聖人が虎のごとく威嚇して改め変わるべきことを説く。占うまでもなく真心がある。

 

この爻辞は澤火革の重要な局面となる。「大人虎變」の「虎」または「虎」を含む文字は易経の爻辞によく出てくる。以下掲げておく。

 

【天水訟上九】或錫之鞶帯 終朝三

【天澤履九四】履尾 愬愬終吉

【天火同人九五】同人 先咷而後笑 大師克相遇

【山雷頤六四】顚頤吉 視眈眈 其欲逐逐 无咎

【澤天夬九二】惕 莫夜有戎勿恤

【澤地萃初六】有孚不終 乃亂乃萃 若一握爲笑 勿恤 往无咎

【震爲雷初九】震來虩虩 後笑言啞啞 吉

【火山旅上九】鳥焚其巣 旅人先笑 後咷 喪牛于易 凶

 

「虎」を含む文字は威嚇、恫喝、号泣、剥奪、驚き、恐れの様子が現れる。「虎」には虚勢を張る姿がある。自分の力を誇示し、多少大げさな言動が現れる。気学でいう三碧や七赤の気に縁のある文字である。「變」はすることをせまる呪儀。「革言三就」にも通じる文字で、まるで威嚇されるように”自分を変えなさい”と説得される。「大人虎變」は、大人は虎のごとく変化する、あるいは大人が(誰かに)虎の如くを迫ると読んでもよいだろう。 

 

易経の爻辞のなかで唯一「占」の字が用いられるのが澤火革である。「占」は「卜」と「口」(サイ・祝りを封印した器)で構成される。「卜」は亀卜または牛の肩甲骨を焼いた時のひび割れを表す文字。ここに神意が現れその神意、お告げを器に封印する。これが「占」の意味である。「未占有孚」は卜占で神意を確かめるまでもなく誠の心が現れているという意味である。これは「大人」に偽りのない心があると受け取れるし、同時に「大人」に説得された相手に誠意があるとも受け取れる。この爻辞が五爻にあるということは、の意志が固いことを表すと同時にこのことが重大な決意であることを示している。

 

 

                 

 

 

【上六】君子豹變 小人革面 征凶 居貞吉

君子は豹の毛の文様が変わるように心変わりする。小人は表面のみ改める。征服すれば禍ある。この場に止まり出入りを厳密にすることは神意に適う。

 

「君子豹變」は良く知られている言葉である。言うまでもなく易経の爻辞から引用されている。「豹變」は一般的に態度がよくも悪くも一変する意味で使われる。易経の爻辞ではどういう意図でこの言葉が使われているのだろう。「君子」は改めて言うまでもなく品行が立派な人あるいは徳が高い人を意味する。「豹變」の「變」は変改することをせまる呪儀。ここでは君子がすることを誰かにせまる義よりも自分自身がする義とみたほうがよいだろう。それは「小人革面」との繋がりからそう解釈できる。

 

「小人革面」の小人は取るに足らない人。「革面」は面(つら)をあらためると解する。表だけ取り繕うという意味であろう。「君子」は土壇場になれば内も外も変改するが、小人はうわべしか変わらない。「征凶 居貞吉」は難しい立場に立たされているのだろう。正義感を出して勢いづくと危うい。自分が居るべき場所をしっかり見定め出入りを慎むことが神意に適う。「君子豹變」は卦の最上位の位置からしても変わらざるを得ない状況とみる。問題を先延ばしできない状況に陥っている。

 

「君子豹變」の「變」をもう少し掘り下げたい。「變」の上部「糸」は呪飾の糸飾り。「言」は神に対する誓盟。誓盟はもし違反すれば刑を受けるという自己阻盟となる。下部の「攴」(ボク)はものを撃つ行為。総合すると「變」は神との誓いを破り、変改する呪儀を行う文字であることが分かる。故に変更、変乱、事変の義となる。何か特別な事情があり、変えざるを得ない状況になったということであろう。「君子豹變」は君子の心変わりを表しているが、これには相当な事情があるということを察知しなければならない。

 

易の爻辞を安易に現代文法で捉えようとすると凡そ袋小路に迷い込む。文字というのはそもそも一つの文字自体で意味が完結している。文字は元来人が人に伝達する手段として作られたものではなく、神と人を繋ぐために甲骨に刻んだという経緯がある。「變」の成り立ちもそうである。「變」は神との誓いを破ることの承認を得る儀式であり、これを行うことによってはじめて人は「變」わることができると考えたのである。 

 

「占」は神意を確かめるために”誰か”が”何かを”問う。この問いの中身が決まらなければ答えも定まらない。問い方次第で答えは変わる。私はこのことを易の多次元性と名付けている。一つと思い込んでいる現実には様々な局面がある。自分が見ている世界は一つのように見えて実はそうではない。六つの爻はそれぞれの位置から異なる現実の局面を映し出している。

 

  

                                                火風鼎  

  

   

【初六】鼎顚趾 利出否 得妾以其子 无咎

鼎が足を逆さまにする。塞いだものを出すによろし。妾を得てその子(後継者)に及ぶ。神罰なからん。

 

鼎は亨飪の器。宝器であり神器であり国家権力の証となる。鼎は三本の足で立つ。その鼎の足が顚倒するという。「顚」は倒れる。逆さまの義である。ではなぜ鼎の足が逆さまになるのか。その謎を解く鍵が九四の爻辞にある。

 

【九四】鼎折足 覆公餗 其形渥 凶

①鼎の足を折る。宮廟の延前にて鼎の中身を覆す。その形は水に浸された

 ようである。災厄である。

②鼎の足を折る。天子の礼物の真意を繰り返し確かめる。その形は光彩を

 放つ。災厄である。

 

初六の「趾」と九四の「足」が応じる。初六と九四は易では応の関係となる。従って初六の動向で気が変化しやすい。火風鼎の裏卦は水雷屯で、初九は九五の君主と張り合い実力が拮抗すると立場が逆転する可能性がある。これを足が逆さまになると警戒したのではないか。「顚」の文字は山雷頤でも用いられる。山雷頤の「顚」は初九の震に対する上九の艮の形であると推論した。つまり初九を逆さまにした形は艮となり上九となる。この一番遠い上九を「顚」とし、これに養われることを「顚頤」と考えた。この山雷頤の形が同様に火風鼎の裏卦水雷屯に現れる。初九から九五の形が一陰不足の山雷頤の形となる。実力が張り合えばどちらが主導権を握るかの争いとなる。これが君主の権威を「覆」す。 

 

もう一つの解釈は裏卦水雷屯の六四変爻である。初九は六四に応じやすくこのため六四は心変わりしやすい。六四が変爻すると澤雷隨となりその裏卦は山風蠱となる。既に述べたがこの二つの卦は賓卦と裏卦の同一形となる。つまり表の形を逆さまにした形(賓卦)と陰陽逆転させた裏の形(裏卦)が同じになる。下位の初九が裏側で上九の立場になるということである。これが「鼎顚趾」「覆公餗」の形とみることもできよう。 

 

 

                 ♦

 

 

次に初六の「利出否」について考察する。この表現も難解。「否」は天地否の否定であるが、形を比較すると全く繋がりが見えない。「否」は神意を塞ぐ意味で上から入るのを塞ぐ形である。否塞という言葉があるが「塞」も「否」に通じる文字である。

 

【九三】鼎耳革 其行塞 雉膏不食 方雨虧悔 終吉

 

九三の「塞」が初六の「否」に応じる。この「塞」の意味が火風鼎を見抜く鍵となる。つまり「塞」の形は裏卦水雷屯の形に現れる。水雷屯では九五と初九が六三の地を争う形が出てくる。「塞」は呪具を重ねて塡塞、邪霊を封じ込める意味の文字である。辺境の要地に塞を設けてその土地の神を祀り、異族の神や邪霊の通行を塞ぐのである。六三は国境でもあり駐屯地と見なすこともできる。この「屯」の義が水雷屯に現れる。すなわち水雷屯は軍隊を駐屯させる卦でもある。このことが水雷屯初九の「利建侯」に現れる。

 

ここに至り初九の「利出否」の「否」(ふさぐ)の意味がようやくみえてくる。これは明らかに六三の辺境に出陣して邪霊が入るのを防ぎ、塞げという意味である。そのための原動力となるのが初九である。「利出否」は裏卦水雷屯の動きを表している。

 

次に「得妾以其子」の「妾」と「子」である。これに当たる爻あるいは形が何かを解明していく。「妾」は「辛」と「女」から構成される文字である。「辛」は入墨に用いる針で罪のある人に加えた。女性には「妾」男性には「童」を用い、神、神殿、宮廟に仕える立場のものとする。この形が現れるのは同じく裏卦の水雷屯である。上卦の坎は罪を表し九五の位置は神殿の場所となる。この爻辞は足を逆さまにして塞いだものを外に出しなさいとの意味であるから、水雷屯の賓卦山水蒙の形を示唆している。水雷屯の九五は山水蒙の九二に当たり、九二は「童」の本体となる。また初九が六三を刺激し六三が変爻すると、水雷屯の腹に当たる六二から六四の坤が坎となり、坤の母胎に坎の子が生まれる。これらの爻の動きを「得妾以其子」と表現したのではないか。 

 

九三に「鼎耳革」とあるが、この「耳」は坎の象意である。坎は裏卦に現れる。九五の「耳」は卦の位置を表していると考えることもできるが、正確には坎の象意で判断すべきであろう。水雷屯の六三は九五の命を受ける側に立つ。「雉膏不食 方雨虧悔」はすべて水雷屯の六三が九五の恩恵を得られないことをいう表現となる。水雷屯の九五に「屯其膏 小貞吉 大貞凶」とあり「膏」が現れる。「不食」からあるいは生計に関わる事象であろう。

 

 

                 ♦

 

 

【九二】鼎有實 我仇有疾 不我能卽 吉

①鼎に貢物を充たして献ずる。我が仇に心の傷あり。我は宗廟に招かれない。

 神意に適う。

②鼎の中身が充実する。我が仇に病あり。我は位につくことができない。

 契刻した誓約の実現を求める。

 

「實」は貝を宗廟に献ずること。「貫」は貝貨を貫き連ねた形。金文に鼎に従う字があることから鼎の中身を満たして供える充実、誠実の意味となる。裏卦水雷屯の六三が変爻すると水火旣濟となり、その九五に「東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福」とある。ここで「實」が用いられる。水火旣濟、火水未濟は陰爻陽爻が下から上に規則正しく並ぶので、この形を貝貨を貫き連ねた形とみることもできる。「我」は現在ではわれの意味であるが、当時の「我」には王位継承者としての氏族名の意味がある。「不我能卽」で即位に通じる「卽」が用いられていることに留意したい。

 

「我仇」(わがあだ・わがかたき)とは何を表しているのだろう。「仇」は宄(キ)に通じる文字で宄は蠱術を行うことを表すから、「仇」も蠱術に関与する文字となる。蠱を表す卦は山風蠱であるが、火風鼎は九四が変爻すると山風蠱となる。以前も記述したが、山風蠱は賓卦と裏卦が同一形となる。この形が表と裏の運気を交錯させ、迷わせる形となることを説いた。因みに火風鼎は九三が変化しても賓卦と裏卦の同一形となる。さらに「仇」(キュウ)は「求」(キュウ)にも通じる。「求」には呪霊によって祟りを祓う意味がある。

 

【水雷屯六四】乘馬班如 求婚媾往 吉无不利

 

裏卦水雷屯の六四に「求」が出てくる。やはり火風鼎は裏卦の動きを敏感に捉えている。このように考察していくと、「仇」(かたき)は裏卦の動きにあるとみてよい。初九は応の六四に応じながら六三の境界(辺境)を奪わんとし、さらに九五の君主と張り合う関係となる。六二は応の九五に謁見し結び付く関係であるが、下位に初九の動きがあり思い通りに応じられない。しかも九五との間には坤の空間があり、その中心に六三の境界、国境が現れる。坤の空間には邪霊が入る隙があり、これを祓う動きが「求」に出てくる。

 

六二は九五に容易に近づけない。これを「匪寇婚媾 女子貞不字 十年乃字」(寇するにあらず婚媾せんとす。女子は貞にして字せず。十年にして乃ち字す)と表現する。このように見ていくと「仇」は水雷屯の初九の動きによるところが大きい。この結果出てくる「疾」は初九の振る舞いを指すと考えることもできるし、同時に初九の動きを警戒する九五の「疾」(心の傷)と捉えることもできる。

 

【六五】鼎黄耳金鉉 利貞

【上九】鼎玉鉉 大吉无不利

 

六五は君主の位置で命ずる立場であると同時に、配下の意見申し出を聞く立場でもある。九三の「耳革」の耳は六五(裏卦の九五)と考えられ、六五の指令が改まるあるいは変革、変質、意見が変わるとも受け取れる。さらには君主が変わって改めて辺境の国が帰順の意を表明する場面とも想像できる。「利貞」は配下の出入りを厳密にすることをいう。六五は陰であるから力が弱く、下位の三陽が力をもって押し寄せてくる。上九はその圧力と憂いが消えた位置であるから、王位を表す「玉」が用いられ「大吉」となる。 

 

火風鼎は全体としても明確なテーマが見えにくい。但し日常の出来事に置き換えてみると、鼎が意味するものは実に多種多様である。必ずしも器としての鼎だけでなく、鼎に似ているものも対象に含めて考えると、意外に身近なものや出来事を映し出していることがある。

 

 

                                                震爲雷  

      

 

【彖辞】震 亨 震來虩虩 笑言啞啞 震驚百里 不喪匕鬯

①震の時、願望は通る。雷が襲来して畏れ慎む。安堵の笑い声あり。雷鳴は

 百里に及ぶ。匕鬯を失うことはない。

②異変に驚き騒動する。祖霊を祭り烹飪する。異変が生じ敵方の来襲に繰り

 返し驚く。巫女は手をあげ体を揺らしながら、詛盟し参列して哀哭する。

 この驚きが百里に及ぶ。匕鬯を失うことはない。

 

彖辞は「虩虩」「驚」のように騒乱を表す文字が用いられる。

 

【初九】震來虩虩 後笑言啞啞 吉

異変に驚き騒動する。祖霊を祭り烹飪せよ。異変が生じ敵方の来襲に繰り返し驚く。敵の後退を祈り神意を和らげ繰り返し嘆きの言葉を発する。契刻した誓約を実現せよ。

  

初九の爻辞は彖辞とほぼ同じ文言となる。これは卦全体の中でも初九の力が大きいことを表す。「震」は雷がとどろく意味であるが、軍隊が夜間の異変に驚き慌てふためく意味があったと言う。「虩虩」は震の進む象意であり、虎は震のみならずその裏の兌の象意も含む。「笑言」「啞啞」は兌の象意。震爲雷の裏卦は巽爲風。巽爲風を逆さまにすると兌爲澤となる。「後笑言啞啞」の「後」は敵の後退を祈る意味であるから、後ろ向きにした兌爲澤の形を「笑言」の形と見ることもできる。「笑」は現代では笑う意味となるが、元来は巫女が手をあげ首を傾けて舞う姿を表す。「啞」の「亜」は棺を納める部屋の形で葬祭に関与する。従って「後笑言啞啞」敵の後退を祈り、葬祭に参加した巫女が「啞啞」と嘆きの声を発しながら舞うと解したほうが良い。 

 

 

                 

 

 

【六二】震來厲 億喪貝 躋于九陵 勿逐 七日得

①雷が落ちて危険である。億(十万)の民が財を喪う。聖域の丘陵に登る。

 追いかけなくともよい。七日で財は戻ってくる。

②敵の襲来に驚き悪霊を封じ込める。億(十万)の民が財を喪う。斎戒して

 九陵に昇る。禍を祓い卜してその地へ行き七日間(喪に服し)その恩義を

 思う。

 

「億」の「意」は神意をはかり安らぐこと。さらに「意」は十万の意味として金文に記載された例がある。「七日」の表現は 地雷復の彖辞「復 亨 出入无疾 朋來无咎 反復其道 七日來復 利有攸往」で考察した。震、艮は「三日」のリズムと「七日」のリズムを併せ持ち、「七日」は月の満ち欠けのリズムであると解説した。さらには震、艮の形を上弦、下弦の月の形と考えた。「躋」は聖域に上ること。「得」はその地に赴いて貝貨を取得する義で、「億喪貝」の「貝」に繋がる。「得」は金文で「贖う」意味で用いられることがある。

 

【六五】震往來厲 億无喪有事

異変に驚く。異方への往来に際し悪霊を押しとどめる。安んずれば十万の軍勢が有事に取り乱し我を失うことはない。

 

「往來」が六二の「來」に応じる。「往來」は卜文に現れる重要な用語で、保護霊のもとを離れて外地へいくことを意味する。古代人は何よりも異国へ足を踏み入れることを畏れた。異国へ出行するためには神の承諾を得、呪儀を行い災いを除いていた。「厲」は悪霊を押しとどめる呪禁である。

 

「有事」という用語は現代では戦争、事変の意味で用いられているが、震爲雷の爻辞がこの意味の起源となろう。「事」は廟中の神に告げ祈ること。外祀をいう。この「事」が「王事」となり、異国に出向しその国を支配下に置くための祭祀の意味となる。「有事」は「王事」に準ずる言葉で祭儀を意味する用語であった。

  

震爲雷は震の足が重なることから、軍隊の進軍を表す卦とも考えられる。異国へ進軍することの危険性あるいは異国が進軍してくることの危険性を表している。有事に際し軍勢あるいは民衆が動揺する気持ちを安ずる場面が現れる。「億」を十万とし「喪」人を亡命者とすると、十万の軍勢または民が有事に際し異国へ亡命することを警戒していたとも考えられる。

 

 

                                                艮爲山  

       

 

【彖辞】艮其背不獲其身 行其庭不見其人 无咎

その背後に退きその身柄を捕らえず。その中庭に行きその人に謁見せず。咎めはない。

 

艮爲山は彖辞に始まり爻辞も暗号的世界となる。ところが艮爲山は爻辞の文字一つ一つを解読していくと、非常に具体的な場面を映し出している。

 

「艮」は邪眼によって後ずさりすること。「退」(しりぞく)意味である。「艮」を含む文字で爻辞に使われる文字はこのほかに「艱」がある。「背」は「北」に通じ背く義。また背後の意味もある。「庭」は公宮の中庭で儀式を行うところ。一つ一つの文字をつなげていくと、儀式を行う場所で、邪眼によって背後に退く、身柄を得られず取り逃す、謁見することができない。この卦は全体を通して見ると、踏みとどまることがテーマとなる。踏みとどまる位置によって吉凶が定まる。

 

【初六】艮其趾 无咎 利永貞

【六二】艮其腓 不拯其隨 其心不快

【九三】艮其限 列其夤 厲薰心

【六四】艮其身 无咎

【六五】艮其輔 言有序 悔亡

【上九】敦艮 吉

 

爻辞を見ていくと初六の「趾」から六五の「輔」(ほお)に上がるに従い身体の位置が上がっていく。初六は最下位であるから「趾」を止めやすい。六二は「腓」(こむら)の位置となり、そのまま随って動けば救われない。故に「心不快」となる。九三はこの卦の吉凶の分岐点であり最も危うい位置となる。ここが限度、限界となる。「列」は隊列の意味でもあるが、元来は断首を連ねる義である。「夤」(イン)はこの卦のポイントになる文字で、元来は神事用の矢を正すことを意味する。金文に「嚴として天命を龔夤(きょういん)」とあり、天命を慎んで拝受する意味がある。従って艮爲山は天命を授かった人の進退とその吉凶を表す。六二に「不快」とあり「快」に弓を意味する「夬」が含まれる。この卦は澤天夬の状況にも通じる。「薰」は嚢(ふくろ)の中身を火で燻(くゆ)らせること。九三は身の危険を承知で天命を拝受する。 

 

六四は上卦に至り身を止めるから咎めなし。六五は頬の位置となり言葉で説得して止める。これが適えば悔いはない。上九はあつく止まるので吉。「敦」は地雷復、地澤臨でも用いられる。「敦」は礼器の名。あつい。まことの意味がある。金文では「敦伐」(たいばつ)の意で用いる。ここでは”確実に退く”あるいは”退治する”と解したい。易の最上位は概ね凶意が出てくるが艮爲山は例外となる。それは上位になればなるほど止まる、退く意思が強くなるからである。爻辞の段階を見れば、九三が危地に赴き最も危うい状況。六四から上の爻はそれぞれの段階で退く機会を得、危地から逃れる運気となる。

 

 

                                                風山漸  

        

 

【彖辞】漸 女歸吉 利貞

次第に浸潤する。異姓の女が帰還して寝廟に報告し祖霊に承認を求める。契刻した誓約の実現を求める。入門に際し出入りを厳密にし修祓せよ。

 

「漸」は水に浸り次第に濡れて広がること。詩経に「車の帷裳(いしょう)を漸(ひた)す」、書経に「疾(やまい)大いに漸(すす)む」と記される。この卦は次第に進む意味と解する。風山漸は「鴻」が場所を移動していく姿を描く。「鴻」は白鳥。鴻鵠。この卦の形は見方によって鴻の姿に見える。「女歸吉」は女が嫁ぐに吉と解する向きがあるが、「歸」は元来、軍が帰還して報告祭を行うこと。あるいは異姓の女が新たに寝廟に仕える時に祖霊に承認を求める儀式の意味となる。このことは九三の爻辞で再考したい。

 

【九五】鴻漸于陵 婦三歳不孕 終莫之勝 吉

①白鳥が陵墓に進む。婦人は三年間孕まない。終にこれに勝ることなし。

 このことは神意に適う。

②白鳥が次第に進み神聖を犯す。婦人は三年間孕まない。終に(天子に)

 仕えることはない。このことは神意に適う。 

 

「陵」は神聖を犯し凌ぐ義。「婦」は女が箒を持ち宗廟の内を清めること。「婦」は本来宗廟に仕える任務であり、殷代の婦は極めて重要な地位にあったという。従って「~婦」と名の付く職に就くことは大変な名誉となる。「歳」は犠牲を割く鉞の形。本来は祭祀に関する言葉で外祭を表す。「孕」は子がはらむ形。「莫」は草間に日が沈む形。「莫」には「暮」の意で使われる事例が澤天夬にある。「勝」は農事の吉凶を卜し神意に適うことを言う。ここから勝(まさ)る、勝(すぐ)れる意味が出てくる。「莫之勝説」には類似した言い回しが天山遯にある。

 

【天山遯六二】執之用黄牛之革 莫之勝説 

 

この爻辞は何かに執着して逃げようとしない人を説得している状況、あるいは説得し手かせをつけてでも救い出そうとしている状況である。天山遯の「莫之勝説」は”これに勝る説得はなし”と訳したい。この爻辞は非常に難解なものの一つ。爻辞の解釈だけでは状況を正確に掴みにくい。この裏卦はどういう状況となっているのだろうか。

 

 

                 ♦

 

 

【雷澤歸妹六五】帝乙歸妹 其君之袂 不如其娣之袂良 月幾望 吉

 

地天泰にて「帝乙歸妹」は嫁ぎではなく帰還の義が強いと解説した。この爻辞と「婦三歳不孕」の状況をみると、やはり「歸妹」は婚姻が成立せず戻ってくる義と解するほうがより自然である。九三の爻辞にはこのことを裏付けする状況が現れる。

 

【風山漸九三】鴻漸于陸 夫征不復 婦孕不育 凶 利禦寇 

白鳥が幕舎に次第に進む。夫は戦に出かけて帰らない。婦人は子供を孕んでも育てない。災厄を祓え。禍を防ぎ修祓するのがよろしい。

 

この状況を見れば夫婦関係が事実上成立していない様子が分かる。風山漸の彖辞には「漸 女歸吉 利貞」とある。この「女歸吉」を女性は嫁ぐのがよろしいと訳すると、爻辞の状況とつじつまが合わなくなる。風山漸の「漸」にはどういう意味があるのか。「漸」はすすむと訳したが、一方で「斬」には切る意味がある。

 

風山漸の九五が変爻すると艮爲山となる。その六五に「艮其輔 言有序 悔亡」とある。「艮」は「退く」意の文字。その裏卦の兌爲澤九五は「孚于剥 有厲」となる。「剥」は剥がれる意味である。以上二つの卦からも嫁ぐに吉の状況とは思えない。このように見ていくと、「漸 女歸吉 利貞」は嫁ぐに吉ではなく、縁を切り実家に帰ることが「吉」という状況になってくる。 

 

易の見方は現実感覚で捉えようとすると実体がつかめなくなることがある。易は表と裏の状況が一体となって存在し、さらに爻変が生じる。時が変われば心変わりし状況も変化する。「歸」の文字には嫁ぐ義と帰還する義があり、これが表裏一体の関係となって同時進行している。これを私は易の多次元性と捉える。風山漸と雷澤歸妹は賓卦と裏卦が同一形となる。この錯綜した状況が「歸」という文字に映し出されているともいえる

 

 

                                                雷澤歸妹  

       

 

 【彖辞】歸妹 征凶 无攸利

(異性の女)が新たに寝廟に仕えることについて祖霊に承認を求める。

 往けば災いある。利するところなし。

②妹氏が帰還して報告祭を行う。征服すれば禍ある。利するところなし。

③夜明けに帰還する。異方を攻撃すれば災いある。利するところなし。

 

雷澤歸妹は風山漸の裏卦でもあり賓卦でもある。「歸」はこの卦の錯綜した状況を表すと述べた。まずはこの卦の重要な局面となる六五の爻辞から全体を読み解いていく。現代語訳は文字の解釈からいくつかのパターンを設けたが、文字の解釈によって訳し方はさらに広がっていく。

 

【雷澤歸妹六五】帝乙歸妹 其君之袂 不如其娣之袂良 月幾望 吉

 

①帝乙王の時、妹氏の軍が帰還し報告祭を行った。君主の袖口は、娣(副妻)

 の袖口の良さに如かず。満月に近づく。吉である。

②帝乙王は妹(夜明け)に帰還した。その君の袖口はその娣(副妻)の袖口の

 良善に如かず。月満ちて機微を視察し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。

 契刻した誓約の実現を求める。

③帝乙王は妹(氏)を帰還させた。その君の袖口はその娣(副妻)の袖口の

 良善を問わず。月満ちて機微を視察し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。

 契刻した誓約の実現を求める。

④帝乙王は妹(異性の女)が新たに寝廟に仕えることについて祖霊に承認を

 求めた。その君の袂(決意)はその娣(副妻)の袂(決意)の良善に適わ

 ず。月満ちて機微を視察し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。契刻した誓約

 の実現を求める。

 

「歸」は肉と「止」「帚」から構成される。「止」は足指の形。「帚」は箒の形。軍が帰還し軍社に祭った肉を寝廟に収め報告祭を行うこと、また異姓の女が新たに寝廟に仕えることに対し祖霊に承認を求める儀式を意味する。このように「歸」は帰還と寝廟に仕える(嫁ぐ)という、方向性としては二つの相反する意味を持つ。

 

「帝乙歸妹」は地天泰六五「帝乙歸妹 以祉元吉」と共通する文言である。「帝乙歸妹」は殷の帝乙王が妹または娘を臣下に嫁がせたと解釈することが多く、歴史的にもそのような経緯があったとされる。但し「歸」には軍の帰還の意味があるから、嫁入りの解釈だけでは治まりが付かない。場合によってはその逆の帰還の状況も含みを持たせておかなければならない。 

 

さらに「妹」(まい)の解釈は注意が必要である。卜文、金文において、「妹」は妹辰(夜明頃)の意味と王室と親縁関係にある氏族名の意味で用いられている。帝乙帝辛期の一日の時間区分を示す文字の一つとして「妹(よあけ)」がある。さらに書経に「大命を妹邦に明らかにせよ」とある。この場合は夜明けに帰還する、妹氏を帰還させると解することもできる。書経は当時の文字の意味と用法を知る上で、金文に次ぐ重要文献となる。

 

 

                 

 

 

「袂」は「衣」と「夬」から構成される。衣の袖口の意味とするが、ここでは「夬」が決に通じ、その意味も含めて解釈した。「其君之袂 不如其娣之袂良」は文法的には、君の袂は娣(副妻)の袂の良さに如かず(勝てない)と訳すのが筋であろうが、ここでも文字の意味を忠実に把握し文意を捉えていく。

 

「如」は卜辞に「王は其れ如(はか)らんか」という例があるように、巫によって神意を諮(と)う意味がある。神意を受けて従うので従順となり「如くす」の意となる。つまり「不如」とは神意に従わない、神意に背くことである。「良」は長い嚢の上下に流し口をつけて、穀などを入れ、それをよりわけ、糧をはかること。この結果「良」善の状態となる。この爻辞での「良」は「娣」に当たる女性の見定めであり、「不如」と合わせて解釈すると、選別された結果、その「君」はその「娣」にとっての「良」善の対象に当たらないという意味になる。

 

ここでの「君」は君主のみならず一般的な男性に当てはめることもできるし、さらには組織や会社関係にも置き換えることもできよう。「袂」は易の捉え方から様々な状況に応じて解釈したほうが良い。あくまで袖口というのは表向きの意味で、その裏にどのような象意を持たせているのかを想像しなければならない。一つは身なりの意味から生活ぶり、収入の意味があろう。もう一つは「夬」から決意の意味も考えられる。さらに「袂」を分かつ場面も想像できる。これらが複雑に絡み合った状況が双方の間で起きている。いずれにしてもこの爻辞は「君」と「娣」の二人は釣り合わないことを言っている。その一方で「月幾望 吉」と出る。「月幾望」は他卦でも用いられる。

 

【風天小畜上九】旣雨旣處 尚德載 婦貞厲 月幾望 君子征凶

【風澤中孚六四】月幾望 馬匹亡 无咎

 

「幾」は戈に呪飾を付けて機微を視察すること。「望」は人が立って遠くを望むこと。目の呪力によって敵を圧服し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。これが王の軍事での望乗となる。天子が行う国家最高の祭天であり巡狩の儀礼である。一方、説文では「月満ちて日と相ひ朢む」とあり「望」を満月と解する。月の動きは艮、震の形に出てくると以前述べた。雷澤歸妹は六五が変爻すると表は兌爲澤となり裏は艮爲山となる。艮は七日のリズムで形を変えていく。この形が「月幾望」の根拠となっているのかもしれない。 

 

「月幾望」を月が満月に幾(ちか)しと解すると、時期が満ちているという意味になるが、「望」を「幾」とともに解釈すると、敵を視察し圧服するために吉凶を占うとなる。ここに「月」が加わるから、月の満ち欠けで雲気を見定める意味と、敵の機微を視察しその吉凶を占う意味が一体となって現れてくる。この「幾望」は王事と結びつき、「吉」というお墨付きが得られる。風天小畜、風澤中孚において「月幾望」は良い状況で用いられているとはいえない。一方、雷澤歸妹の「月幾望」は結果が「吉」となる。その理由は王事、王命の元に動いていることが大きな要因となっているだろう。

 

 

                 

 

 

彖辞に「凶」が現れる卦は雷澤歸妹、水地比、地澤臨、水風井であるが、中でも雷澤歸妹の凶意は特に強い。彖辞は卦全体の運気を述べたものであるから、この「征凶 无攸利」は全体の流れを理解するうえで重く受け止めなければならない。

 

初九の段階では「歸妹以娣 跛能履 征吉」と「征吉」となる。これは初九という位置が「娣」の立場を踏み越えないからであろう。「履」は土地を賜ってその土地を足を踏み入れる践土の儀礼であり、天澤履でも考察したようにこの文字は礼節をことのほか重んじる。立場をわきまえ礼節を重んじ慎重に足を踏み入れる。「跛」は寄りかかる形で完全には足を踏み込めない状況を表す。だからこそ「征吉」となる。六三に至ると「反歸以娣」となり、「反」の反逆の意が加わる。九四に至ると「遲歸有時」となり「遲」れる、「遲」くなる象意が出てくる。そして六五に至ると「帝乙歸妹」となり王命下る。

 

彖辞の「无攸利」は上六の爻辞「女承筐无實 士刲羊无血 无攸利」に繋がる。この繋がりが「征凶 の真意を読み解く鍵になるかもしれない。上六という運気の境目に至ると、初九、六三、六五に現れていた「娣」がなくなり「女」となる。この意味は「娣」という立場がなくなった一人の「女」と見ることもできよう。ここに至ると婚姻や契約は形だけで中身が全くない状態となる。「无實」「无血」はこのことを物語っている。

 

六五の「其君之袂 不如其娣之袂良」は「君」と「娣」の関係が不釣り合いであることを言っている。さらに上六の「女承筐无實 士刲羊无血 无攸利」は婚姻が成立しないことを表す。「帝乙歸妹」は帝乙王の命で「妹」を嫁がせる字義と、「妹」を王命により「歸」還させるという字義が相対立する。この解釈の対立に彖辞は明確な結論を出している。それが「征凶 无攸利」である。やはり総括の警告がすべてを物語っていよう。

 

 

                                                雷火豐  

       

 

 【彖辞】豐 亨 王假之 勿憂 宜日中

神前に盛大なる供物を献ずる。王は登假し祖廟を祀るために霊威を受けて出発する。憂いを祓え。日中に祀りを行う。

  

「豐」は食器に入った多くの禾穀。盛大の義。「豐」の「豆」の部分が食器に当たり、上部は供物を盛り上げた形となる。神棚とみてもよいだろう。易は卦の形を卦名の文字にすることがあるが「豐」はその一つ。「豐」は周の三都の一つでもある。書経に「王 朝に周より歩して則ち豐に至る」とある。裏卦風水渙の彖辞に「渙 亨 王假有廟 利渉大川 利貞」とあり、ここに「王假有廟」とあるから、文王が「豐」に遷都したことがここにも示される。従って雷火豐は供物を盛った神棚と周都の二つの角度から捉えていく必要がある。この卦においてはどちらの意味で用いられているかではなく、双方の意味が並行して現れていると判断すべきである。これが易の多次元性の捉え方である。

 

雷火豐は「豐」の意味とは異なり、爻辞の中身は緊急事態の何かがあるように見える。「憂」「日中」がその鍵を握る。「假」の「叚」(カ)は玉質の石塊を分かつ以前のもの。一時的に代わる。「仮」の意味。手を付けていない状態を表す。礼記に「喪を告ぐるに天王登假すと曰ふ」との記載がある。

 

【初九】遇其配主 雖旬无咎 往有尚

配膳の主に遇う。十日間返事を保留されるが咎めはない。思い切って行けば貴ばれることある。

 

「遇」は驚き迎える。単に会うのではなく奇遇の意味がある。「配」は「酉」と「己」から構成される。酒樽の前に跪坐して配膳につく形。配匹。配偶。つれあいの意味。「配」を連れ合いの義とすると、この形は初九に対する九四、または九三と九四が背を向き合って並ぶ雷山小過の形がこれに当たる。初九の「配主」に対して九四の「夷主」が応じる。

 

「雖」は「口」(サイ)と「隹」と「虫」から構成される。祝祷の器サイと鳥占を行って神託を求め、虫(蠱)によって呪詛が加えられる。「雖」は「唯」に関与し肯定を保留する義がある。「旬」は卜旬の儀礼。十日を意味する。「尚」は光の入る処に神を迎えて祀る義。 

 

何か事情があって差配する人に会う。一旬返事を保留にされるが、無下にされることはないので心配しなくともよい。緊急のことであるから思い切って行きけばそれなりに待遇されるということであろう。雷火豐の裏卦は風水渙。初六は「用拯馬壯 吉」。裏には急ぎ馳せ参じ、救われる光景がある。 

 

 

                            ♦

  

 

【六二】豐其蔀 日中見斗 往得疑疾 有孚發若 吉

大きな邸宅が蔀(しとみ)でおおわれている。日中に図らずも斗を見る。意を決して行けば疾患を疑われる。誠意をもって威勢よく出発し、契刻した誓約の実現を求める。

 

「蔀」は日光や風雨を遮る戸板。「部」は邑に従ってその地域を表す。分ける義がある。組織などで用いる「~部」のように地位や職分も表す字でもある。今ではカーテン、すだれ、パーテーションも「蔀」の一つであろう。

 

この爻辞は「斗」の捉え方で解釈の方向性が決まる。「斗」は北斗七星の「斗」と解されることが多いが、「斗」の意味と形象を素直に捉えていくと別のものが見えてくる。「斗」は柄のある匕杓の形。穀量をはかる。「斗」は何かを計量するものである。易は必ずしも当時のもので考える必要はない。今なら何かと想像する。例えば体温計、血圧計も計量を図る「斗」の一つになる。あるいは「斗」の形に類するものであればこの限りではない。大いに想像を膨らますべきである。

 

「疑」は人が後ろを顧みて擬然として立ち、杖を立てて去就を定めかねている形。「疾」は脇の下に矢のある形。矢傷。祟り。急疾。疾患の義。「發」の「癶」は両足を開いて出発するときの姿勢。開戦に先立ってまず弓を放つ義。「若」は巫女が両手を上げて舞い神託を受けようとしている状態。神託を求める義。

 

雷火豐の裏卦は風水渙。風水渙の初六に「用拯馬壯 吉」とあり、九二は「渙奔其机 悔亡」である。馬が疾走する如く窮地を救い、緊急事態でどこかの机(窓口)に馳せ参じている姿がみえる。これによって「日中見斗 往得疑疾 有孚發若」の状況が裏から見えてくる。表では差し迫った雰囲気は見えないものの、裏ではしっかり緊急事態の何かが起きている。ここから「日中見斗」の状況を把握すればよい。すなわち「斗」は緊急時に何かを計量するために用いるものとなる。「疑疾」は疾患の疑いがあるということ。「發若」はまるで開戦に向けて弓を放つがごとく張り詰めた状態で出発する。ここまで来たときにはじめて「蔀」が何か浮かび上がってくる。

 

 

                      ♦

 

 

【六五】來章 有慶譽 吉

玉器を献ず。この儀式を吉慶とし貴重品を賜与する。契刻した誓約を実現せよ。

 

「來」は卜文で北方の強族が来襲すること、または「羌を來らさんか」「來一羌 一牛」のように貢献する義で用いられる。「章」は入墨の器の形を表す文字。入墨は刑罰または通過儀礼としてなど社会生活上の身分的な印として用いられた。現代の印章はこの機能を受け継いでいる。章は玉器であり、「圭」「章」をもって王位継承の儀式が行われたという。「慶」は「廌」と「心」から構成される。「廌」は羊神判のときに用いる羊。羊神判による勝訴であり、これを吉慶のしるしとする。「譽」の「与」は四手を持って捧げている形。貴重品を共同して奉じて運ぶ義。書経には成王が崩じ、康王即位の大禮を記している。康王即位の大禮が「豐」に繋がる。すなわちこの卦は王位継承の大禮を表していると読むこともできる。その一方で爻辞の多くに「憂」いの状況が現れる。

 

その「憂」いの状況が「日中見斗」に現れ、さらに「來章」による辛(針)の存在が加わってくる。「針」を使用し、「斗」で計量を図り、「疑疾」で疾患が疑われ、「蔀」で分けられる。このように文字一つ一つを繋げていくと、目の前に現れている光景が具体的に浮かび上がってくる。              

 

【上六】豐其屋 蔀其家 闚其戸 闃其无人 三歳不覿 凶

その屋にて大豐の礼を行う。その廟所の戸板を閉める。その戸口を伺うがひっそりとして誰もいない。三年間その人に会わない。霊を鎮め災厄を祓え。

 

この爻辞は難解。具体的な物や状況が描かれているわりに全体像が見えない。そこで裏卦の風水渙を参照してみる。

 

【風水渙上九】渙其血 去逖出 无咎

その血族からはなれる。災いを取り除き遠くへ祓う。咎めはない。

 

「蔀其家 闚其戸 闃其无人」は戸が閉まっていて静まり返り人がいない様子。風水渙の「去逖出」に去る、出るの文字があるから、この「屋」「家」から外出、退出した形が見える。「三歳」の「歳」は年祭の意味であるが、元は犠牲に関する文字であるためこの意味も含めて捉えておく必要がある。ここでは三年会わない状況となる。「凶」はこの状況を総合的に捉えた結果となる。

 

この卦の形を別の角度から見ると、下卦の離は扉を閉め鍵をかけた形に見える。仮に初九が変爻し雷山小過の形になると、左右の扉がすれ違いながら開く扉の形となる。裏卦風水渙の賓卦は水澤節であり、雷火豐の上六は水澤節の初九の位置に当たる。その初九に「不出戸庭 无咎」とある。ここに「闚其戸 闃其无人」のもう一つの局面を見ることができる。

 

 

                                                火山旅  

       

 

【彖辞】 旅 小亨 旅貞吉

遠方へ軍行する。少しとおる。軍旅に際し、出入を厳密にして貞卜し修祓せよ。神意に適う。

 

「旅」は現代では旅(たび)の意味であるが、元来は氏族旗を奉じて進む氏族軍、軍団、遠行、軍行を意味する。祖廟の外に出る時に氏族霊の象徴として氏族旗を奉じて行動したという。卦の形は艮の山の上に離の火が重なる。山の上を火が延焼して移動する形でもある。

 

【初六】旅瑣瑣 斯其所取災

氏族旗を奉じ隊列を組んで軍行する。これ、その災いを取るところ。

 

「瑣」は小さな貝を綴ったもの。こせこせした状態。煩わしいの意味もある。ここでは貝を綴った形のように隊列を組むと解釈した。「斯」は元来机の上でものを裂く義。卦の形を見ると艮の机の上に離の切る形がある。この切る象意がさらに「取」に繋がる。「取」は戦場における戦果の耳切りを表す。この耳を切り取った形が卦の形に現れる。上卦の離を右耳とし下卦の艮を左耳とする。耳の形を離とすると、下卦は離の初九が欠けているから左耳を切り取った形となる。

 

【六二】旅卽次 懷其資 得童僕貞

【九三】旅焚其次 喪其童僕 貞厲

 

六二、九三の「童僕」は五爻の君主に対する立場を表す。但しこれは裏卦水澤節の象意と察する。水澤節の九二が九五の僕(しもべ)となる。「次」は人が嘆息することを表した字であるが、ここでは「次」(やど)ると読み、軍の駐屯を表す。さらに次ぐ意味で捉えると、九二は九五の地位を次ぐ動きもあり、これを九四が警戒する。火山旅の九三は上卦の火が延焼する位置にあるから「焚」となり、上位の怒りを買い「童僕」の地位を失う。「資」は財貨を表し、資質の意味に派生していく。この「資」をもって九四の爻辞と繋がる。

 

【九四】旅于處 得其資斧 我心不快

軍が氏族旗を奉じて進みここに宿る。その資産と指揮権を獲得する。我心は快からず。

  

九四は「資斧」の資金と指揮権を得る位置。火山旅は上九が変爻すると雷山小過、初六が変爻すると離爲火となり、上下の分裂または仲違いが生じる。このことが「不快」となる。

 

 

                         ♦

 

 

【六五】射雉 一矢亡 終以譽命

射禽の礼を行い和好する。一本の矢がなくなる。名誉ある命を受けて終わる。

 

「射」は重要な儀礼で行う修祓の祝儀であり、会射によって互いに誓う定めがあったという。「会射」の象意は上九変爻による雷山小過の形から出てくるものであろう。弓が飛ぶ形は震、弓を射る手は艮となる。雷山小過は九三と九四が背中合わせで互いに弓を射る形にも見える。会射による誓約、和好の意味は、その裏卦の風澤中孚から出てくるものであろう。和好を意味する兌が上下向き合う。「一矢亡」の「亡」は死者の象である。九四変爻による艮爲山の六五に「艮其輔 言有序 悔亡」とあり「亡」が応じる。「序」は儀礼を講習するところ。「榭」(シャ)は射儀を習うところの意味があり「序」の義に通じる。すなわち会射の象意をもって火山旅と艮爲山の形が繋がる。

 

【上九】鳥焚其巣 旅人先笑 後號咷 喪牛于易 凶

鳥の巣が焼かれる。旅人は先には笑い後には泣き叫ぶ。賜り物の牛を失う。災厄を祓え。

 

六五の「雉」が上九の「鳥」に引き継がれる。「鳥」の象意は上九変爻による雷山小過の形とみる。九三の「焚」が上九の「焚」に応じる。この卦は上卦の離の火が下卦艮の山に延焼する形でもある。天火同人九五に似たような表現がある。「同人 先號咷而後笑 大師克相遇」。「先」は除道のために人を派遣すること。九四が変爻すると艮爲山となり、その賓卦が進軍の形でもある震爲雷であるから「先」の象意となる。「笑」は「若」の字義に非常に近く、双方とも巫女が手をあげ首を傾けて舞う形である。この形は艮爲山及び兌爲澤の象意から出てくる。

 

「後號咷」の形は二つの見方が考えられる。「後」を初六の動きとすると、初六変爻によって離爲火となり、この形が「咷」の形となる。「咷」の「兆」は亀卜の灼けた割れ目の形。亀甲の形は左右対称であるから、上下卦の対称性が現れる形を「咷」と捉えることができる。火山旅の爻変で対称性が現れる卦は離爲火または雷山小過となる。従って「後號咷」の形は初六が変爻して生じる離爲火、または上九が変爻して生じる雷山小過の形となる。「先」は九四の変爻、「後」は初六または上九の変爻となる。一方天火同人の「先號咷」は離爲火への移行の意が強い。

  

「喪牛于易」も難解。九三に「喪其童僕」とあり上九に応じるから「牛」は九三の意が強い。「牛」は角があり柵の中に入る。九三の艮を角とし牛と捉えると、初六が陰爻で欠けた形に見えるから九三の牛は離れやすい。

 

 

                                               巽爲風  

       

  

【彖辞】巽 小亨 利有攸往 利見大人

舞楽を神に献ずる。小さいことは希望が通る。行くところがあれば進んでよろしい。見識ある人に従うのがよい。

 

巽爲風は上下巽が重なり巽の気質が旺盛となる。八卦の巽は風の象意。風はなびかれて動くことを本望とする。自らの力で進んでいくことはないが、状況に合わせて動く柔軟性がある。一方文字の「巽」は神殿の前の舞台で踊る形。「丌」(き)は神殿の前の舞台で、上部の「己」二つは二人並んで舞楽する形。「巽」は「選」に繋がり、この意味が後天図巽宮の性質に現れる。

 

【初六】進退 利武人之貞

任免、進退に関し鳥占する。武人は出入を厳密にして貞卜するによろし。

 

「進」は進退に関して鳥占によって決めること。軍を進める。「退」は神に供えたものを引き下げること。金文の「進退」に人事の任免に関する記述がある。巽は風を象意とするから進退迷う気質が現れ、初六は最下位であるからこの気質が特に強くなる。「武」は戈を執って前進すること。裏卦震爲雷は軍の行進する形でもあるから、その象意が初六に現れ「武人」となる。但し「貞」であれという。

 

【九二】巽在牀下 用史巫粉若 吉无咎

①舞楽を神に献じ、寝台下に結界を設ける。白粉を塗った史巫が舞を舞い祟り

 を祓う。契刻した誓約を実現せよ。神罰なからん。

②舞楽を神に献じ、寝台が夢魔に支配される。白粉を塗った史巫が舞を舞い

 神託を受ける。契刻した誓約の実現を求めよ。神罰なからん。

 

この爻辞も難解。易はこうした幻覚的な比喩表現を繰り出してくるため論理で捉えがたい。「在」は位置を占める義。結界、占有支配を意味する。また「在」には在察、在問の意味があるという。「牀」は寝台を意味する。 「牀下」は寝台の下あるいは寝台の近くにと解釈する。机は艮の象意であり、裏卦震爲雷の中に含む艮の形(六二から九四)を机と見ているのだろう。卜文に「爿」(ショウ)の形を含む文字が記載されることがあり、この時は疾病や夢に関するものが多いという。さらに「爿」は親王家の身分に関与する文字であることも解読のポイントになる。「史」は祭祀の記録者とされる。祝詞を扱う人を「巫史」と言い、もともとは神霊の祟りを祓い祈る人であった。「粉」は白粉(おしろい)で、白粉を顔に塗って化粧をした人のことをいうのであろう。「若」は巫女が両手を上げて舞い神託を受ける姿。 

 

この卦は従い方とその距離感がテーマとなる。爻辞はその従い方を評価する表現となる。九二は中におり「史巫」という任務を負う。相手に近づきながらも一定の距離を保ち結界をもうける。このようであれば「吉无咎」となる。 

 

 

                                ♦

 

 

【九三】頻巽 吝

頻(しき)りに貢物を献ずる。恥ずべきことである。

 

「頻」は水辺における弔葬。水際。九三という境界を水際とし、巽の従う気が過剰になることを警告する辞であろう。

 

【六四】悔亡 田獲三品

神の怒りよ鎮まらん。田猟にて供え物三品を獲得する。

 

「田」は田猟の義。「品」は多くの祈祷を合わせて行うこと。金文に「臣三品を賜う」とあり、出身の異なる徒隷の義を持つ。この爻辞の形は裏卦震爲雷にあるだろう。上卦の震が捕虜を獲得する形である。同じような表現が雷水解の九二にある。

 

【雷水解九二】田獲三狐 得黄矢 貞吉

 

狩りをするのは九二でもあり九四でもある。さらに「三狐」の罠にかかる狐は九二と見えるが、逃げる狐(九四)を捕まえようとするのは九二となる。

 

【九五】貞吉悔亡 无不利 无初有終 先庚三日 後庚三日 吉

出入を厳密にして貞卜し修祓すれば神意にかなう。神の怒りは鎮まる。よろしからざるなし。見事することなく事は終結する。庚の日より三日前、庚の日より三日後(七日間)、契刻した誓約の実現を求める。

 

「初」は「衣」と「刀」から構成される。受霊の儀式の意味があり、卜文の衣祀は殷の祀に当たり合祭を表す。さらに「初」には「初見」「初見事」のように君臣の礼としての意味がある。この受霊、合祭の意味と巽爲風の形との繋がりはどこから来るのだろう。

 

この卦は九五が変爻すると山風蠱となり、九二が変爻すると風山漸となる。双方ともに賓卦と裏卦の同一形となる。この形は相手の状況が当方の裏の状況と重なり、表と裏の状況が交錯する。さらに山風蠱(澤雷隨)は上下卦の境界に折り目を作り、下卦を上卦の上に重ねおくと、陰陽が完全に和合する。この形は衣の襟元を重ね合わせる形を想像させる。この時代は衣に魂が宿ると考えていたから、「衣」を含む「初」にも魂の重ね合わせの意味があったかもしれない。仮にそうであれば「初見事」は魂が重なることにより主従関係が成立するという儀式的意味を持っていたことになる。「无初有終」は”初めなくして終わりあり”と読むが、「初」の字義を活かすと”初見事なしに終わりあり”となる。これは九二または九五が変爻せず、魂が通じ合わずに終わることを示唆する。

 

「先庚三日 後庚三日」は山風蠱でも取り上げた。「先庚三日 後庚三日」は庚(かのえ)日の前後三日間である。山風蠱「先甲三日 後甲三日」も同じであるが、艮爲山、震爲雷の形に3のリズムが現れると述べた。さらにこの形には月の満ち欠けが現れるので七日のリズムも現れる。「先庚三日 後庚三日」は庚日の前後三日の一週間が吉となる。

 

【上九】巽在牀下 喪其資斧 貞凶

舞楽を神に献じ、寝台下に結界を設ける。その財と指揮権を喪う。出入を厳密にして貞卜し修祓せよ。死者の霊を鎮め災厄を祓え。

  

「巽在牀下」は九二の爻辞にも出てくる。双方の爻辞に「牀下」を用いる理由は裏卦の形において確認できる。震爲雷では六二と上六が九四を挟んで向き合う。この九四を「牀」「在」の本体と考えると、上六は九四より上位にあるが、「資斧」の権力を失って九四の勢いに翻弄される。すなわち裏卦では上位の上九が「牀下」の九四に突き動かされ従う形になる。巽は下位が上位に従って動くことを本望とする。裏の上六も表の上九も、最上位の立場を「喪」っている。

 

 

                                               兌爲澤  

  

     

【初九】和兌 吉

【九二】孚兌 吉悔亡

【六三】來兌 凶

【九四】商兌 未寧 介疾有喜

【九五】孚于剥 有厲

【上六】引兌

 

兌爲澤の爻辞は非常に短く吉凶が比較的明確に分かれる。この卦は艮爲山と比較しながら読み進めていくと表と裏の違いがよく見えてくる。「兌」は巫祝が神がかりとなり忘我状態になること。悦びを表す。初九の「和」は軍門の前で盟約し講和を行うこと。「門」は艮の象意であるから、兌爲澤の初九は裏卦の状況を想定しており、同時に艮爲山は講和の場面を含むことが分かってくる。六三の「來」は卜文に「羌を來らさんか」「來一羌 一牛」とあり、貢献することを表す。また異族が「来」襲することを記録した卜辞もある。艮爲山の九三に「夤」の文字があるから、天命としてその地に来る。天命として貢献することを意味するのであろう。艮爲山の九三は危うい状況を表していたが、裏の兌爲澤も「凶」をもって同様の状況を示す。

 

九四の「商」は台座の前に神に祈る祝詞の器を置く形。これによって神に商(はか)る。また「商」は古くは「賞」の意に用いられたこともあり、賜う意味も加わる。「商兌」ははかりて悦ぶと読む。「寧」は安寧を願い祈ること。九四変爻による水澤節六四に「安節 亨」とあり「寧」と「安」が応じる。この卦は表では「和兌」に現れている通り隣国と講和し貢ぎ物を進呈し商談するが、裏卦では退く撤退するという逆の流れが終始現れる。九五に至ると「孚于剥」となり、講和の形が剥がされ崩れていく。そして上九に至り身を「引」く。上六の「引」は相手の興味を「引」くという解釈もあり得るが、裏卦の「敦艮」(あつく止まる)を察すると身を引く意味と受け取れる。

 

兌は気学の七赤に当たる。七赤は交渉上手で人当たりが良い。人を悦ばすことに長けている。但しその気が旺盛となると、規律や道義を軽んじてしまう。日常レベルの気軽な事はこれでよいが、重要な手続きや約束、国家の条約となると、この気質は後の災いとなる。五爻は上位の中心的存在であり、比較的安泰な位置であるが、兌爲澤の九五は「剥」「厲」をもって警告を発する。心の隙が現れることを戒めるものであろう。

 

 人は道を誤った時または判断を誤った時、どこで気付きどこで方向転換するかが問われる。この段階をこの二つの卦は示している。兌爲澤は表向き相手に会わせて取り繕うが、土壇場になって剥がされ最終的に身を引く。艮爲山は初期から退きあるいは方向転換する意思が芽生えているが、止まるタイミングを計りかねる。こうして三爻に至り限界点に達する。「夤」は天命を拝受することであるから断れない状況に陥る。ここが命運の分かれ目となる。艮は例外的に上九という最上位が「吉」となる。これは止まる意思が固い上に、「敦」伐する構えがあるからであろう。

 

 

                                                風水渙  

       

 

【彖辞】渙 亨 王假有廟 利渉大川 利貞

渙。会同饗宴する。王は登假し貢物を薦める。大川を渉るがよい。出入を厳密にし修祓を受けよ。

 

【初六】用拯馬壯 吉

馬の如く疾走し勇ましく人を救う。神意に適う。

 

風水渙の「渙」は散らす意と解することが多い。「奐」は婦人の分娩の象で激しく水が散る形。風は巽。水は坎。巽は股の象意であり、巽の股から坎の子供が生まれる形と解することもできよう。

 

「拯」は穴に陥った人を左右の手で引き上げること。窮地に立たされた人を急いで救う。そうすれば吉である。風水渙の六四が変爻すると地火明夷となり、地火明夷の六二に同じ辞が出てくる。

 

【地火明夷六二】明夷 夷于左股 用拯馬壯 吉

 

ここで「股」という文字が見られ風水渙の象意に繋がる。

 

【九二】渙奔其机 悔亡

足早にその机に馳せ参じる。悔いはない。

 

「奔」は人が足早にはしる形。祭礼や儀礼のときには薦献のために几席を設けたとのこと。当時「机」はそれなりの身分の者が使うものであった。余程切羽詰まったことがあり、それなりの身分の人に嘆願するため机前に駆け付けたとみえる。風水渙の裏卦は雷火豐。雷火豐の「豐」は供物を盛った神棚と周都の二つの意味があるが、緊急事態の何かが起きていると既に述べた。その理由は裏卦の「机」に「奔」走する場面から伺える。

 

【九五】渙汙其大號 渙王居 无咎

汗を飛び散らせて大いに哀願する。王の居座るところを離れる。咎めはない。

 

風水渙の「渙」の意味は容易に捉えきれない部分がある。その要因がこの爻辞に現れる。「渙汙」はおそらく汗を飛び散らす意味であろう。ところが「渙王居」の「渙」は意味が違う。文脈からは離れる、分流する意味となる。裏卦の雷火豐に文王の遷都があるから、「渙王居」は文王が居住地を離れる意味、あるいは王が居住する都から離れることと推察する。

 

【上九】渙其血 去逖出 无咎

①その血盟を脱する。誓いを無効にし遠ざけ退出する。神罰なからん。

②その血盟を免れる。盟約を廃棄して禍いを祓い退出する。神罰なからん。

 

 「血」は様々な解釈が成り立つ。ここでは血を流す意味ではなく、血族、血盟の意味で捉えた。「去逖出」は去る、遠ざける、出る意味が現れており、この意味から、「血」を血盟とした。「逖」は邪悪を遠く祓う儀礼。遠ざける。また意に違うものを追放する意味がある。この卦のテーマの一つは血盟から脱すること、あるいは血族から離れることである。

 

 

                                               水澤節  

       

  

【彖辞】節 亨 苦節不可貞

①節度を保てば希望は通る。苦しい節制は長く続かない。

②竹符をもって会同する。苦しい節制で出入を厳密にすることはできない。

 

節は竹の節。周礼に六節の規定があり、路・門関・都鄙の管節に手形である竹符を用いたという。手形を用いて入門を制限し管理したのだろう。「苦」はにがみ。くるしみ意味であるが、「古」は聖器の干で器を硬く守護する形。坎を干、兌を器とすると、この「古」の形がそのまま水澤の形となる。ここから「苦節」の表現が生まれたのではないだろうか。

 

節は節度、節制の義。水澤節の爻辞は下卦(初爻から三爻)が節制を求め、上卦(四爻から上爻)が節制を緩めていく卦となる。下卦の節制を艮の象意とし、上卦の「甘」を坎の象意とすると、下卦においては裏卦の艮の象意を見、上卦においては表の坎の象意を見て爻辞を作成したと考えることもできる。

 

【初九】不出戸庭 无咎

【九二】不出門庭 凶

【六三】不節若則嗟若 无咎

【六四】安節 亨

【九五】甘節 吉 往有尚

【上六】苦節貞凶 悔亡

 

この卦は地澤臨の六五が変爻した形。地澤臨は臨時、臨検、臨戦体制を表す。ここから水澤節も五爻(九五)の統領、主人の出方次第で地澤臨の差し迫った状況に至るとみる。この災いが水澤節の凶意と言ってよい。竹の節があるように締め切って外に出ない状況がある。徹底して節制している。

 

竹は節目があり筒は閉じ込められた空間、隔離された部屋の形と見ることができる。この経緯から「不出戸庭」(家の庭に出ない)、「不出門庭」(門外に出ない)の意味がよくわかる。「甘節 吉 往有尚」の「甘」は中に物を入れてはめこむ形。首枷に施錠する形とする。部屋に閉じこもり施錠する状態を吉とする。

 

「甘」の”甘んずる””甘い”という意味は後世になって生じたものであるが、現代ではむしろこの意味として定着しており、首枷に施錠する意味は失われている。「甘」を甘んずる意味として解すると、一応の安全状況に至り節制を「甘」くする意味と受け取ることができる。五爻が変爻すると地澤臨となり、地澤臨六三の「甘臨」と水澤節の「甘節」が繋がる。

 

あまりに過度な節制をすると神経は長く持たない。状況がひと段落したら気持ちを「安」んずるように持って行く。但し状況を「甘」く見て節制を緩めるタイミングを見誤ると、「不節若則嗟若 无咎」すなわち下卦の状況に逆戻りし、嗟(なげ)き叫ぶ状況に陥る。

  

「苦節貞凶 悔亡」は節制が行き過ぎて苦しむ姿。期間も長すぎ、度合いも強すぎれば、生活は混乱し精神的にも体力的にも滅入ってしまう。「貞」は易経の爻辞に度々出てくる非常に重要な文字。貞には出入りを厳密にする義がある。苦痛極まるまで節制すると凶。「悔亡」はこれだけ苦境に立たされても後悔することはないということ。「悔」は神の怒りに対して悔悟すること。すなわちこの「苦節」は神の怒りに対する「悔」であることを示している。

 

 

                                               風澤中孚  

       

  

【彖辞】中孚 豚魚吉 利渉大川 利貞

中正にして孚なり。豚と魚を供えることは神意に適う。大川を渉るがよい。出入を厳密にして貞卜し修祓せよ。

 

【初九】虞吉 有它不燕

軍戯を行い神意を和らげる。神意に適う。禍あれば安らかならず。

 

「虞」は周礼に記載があり、山虞、沢虞の職で、山沢の狩猟を司る道案内人のこと。水雷屯の六三に「卽鹿无虞 惟入于林中 君子幾不如舍 往吝」とあり、この意味で用いられる。さらに虎の「虍」が含まれることから軍戯に関わる文字であり、予備儀礼を行い神を楽しませる、神意をはかる意味がある。「燕」はつばめであるが、この卦は裏卦が雷山小過となり鳥が翼を広げて飛ぶ形となる。さらにこの形は九三と九四が背中合わせとなり逆方向に進む形でもあるから、「虞」を表の風澤中孚とし講和する場面とすると、「不燕」は裏卦雷山小過の状況となり、仲違い、すれ違いの形となる。故に表の形を薦め、裏卦の形を警戒する。「它」は卜辞で災禍、祟りの意味として用いられるが、金文では他(ほか)の意味として用いられる。この文字も裏卦の状況を暗示する。

  

「燕」にはつばめの他にも重要な意味がある。礼記に「燕衣は祭服に踰えず、寝は廟に踰えず」とあり、「燕」は安居の、平常の意味として用いられる。また同じく礼記に「凡そ燕食するには、婦人は徹せず」とあり、この場合は会食の意味で用いられる。さらに西周時代に「虞」(成周の西)及び「燕」(成周の北東)があり、国名としての用いられ方もある。「有它不燕」は都の覇権をめぐっての勢力争いを表している可能性もある。「燕」はこれらのどの意味が妥当であるか定かではないが、易を解釈する時はすべての可能性を念頭に入れておいたほうがよい。易はすべての意味が連鎖して表出する世界でもある。 

 

 

                 

 

 

【九二】鳴鶴在陰 其子和之 我有好爵 吾與爾靡之

①鳴鶴陰に在り。その子この声に合わせる。我は親好して爵酒を賜う。

 吾は汝に贈り物を捧げ靡(なび)かれ行く。

鳴鶴陰に在りその子この声に合わせる。我は婦好と親しく盃を

 交わす。吾は祓いのお守りを奉じ靡かれ行く。

鳴鶴陰に在りその子この声に合わせる。我は婦好と親しく爵酒を

 賜わん。汝とともに我が身を干吾しかれ行く。

 

易はこうした詩情溢れる表現が多い。「鳴鶴」の鳥の象意は裏の雷山小過より生じ、「和之」は兌の口が上下向き合う表の形を表す。兌は悦びとその口の形を表し、九二と九五が向き合う。「好爵」は九二と九五の関係を言うのであろう。「好」は金文に「好賓」「好朋友」とあり、親好の意で用いられる。「爵」は酒器の形で盃を交わすこと。吾の「五」は器の蓋をする形。祝禱の器に蓋をし呪能を守ることから干吾する意味となる。金文ではわれの意味でも用いられる。「與」は四手をもって捧げる形。貴重なものを奉じて運ぶ。この形は裏卦の形象であろう。「爾」は死者の胸に朱色の文身を加えた形。汝(なんじ)の意味としても用いられる。この文字の左右対称性が卦の形にリンクする。「靡」はなびく、したがうこと。

 

【六三】得敵 或鼓或罷 或泣或歌

①敵を得る。或いは奮起し或いはやめ、或いは泣き或いは歌う。

②敵を得る。或いは鼓舞し或いは罷免し、或いは泣き叫び或いは叱責し

 願いの成就を求める。

 

「或」は矛を持って守る形象。第三爻は上下卦の境界線にあり運気が不安定となる。私はこの位置を国境、辺境の地と見なし、有事、禍の発生する場所とみている。この意味が六三にそのまま現れる。

 

【六四】月幾望 馬匹亡 无咎

①月満ちて機微を視察し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。馬は連れを失う。

 咎められることはない。

②月令にて王が邑を視察し、敵方の雲気を望み吉凶を占う。馬は連れを失う。

 天罰なからん。

 

「月幾望」は風天小畜上九、雷澤歸妹六五の爻辞にも出てくる。月の満ち欠けは裏卦雷山小過の形とみられる。下卦の艮を上弦、上卦の震の形を下弦の月の形と考える。上弦から満月まで七日、満月から下弦まで七日となる。この場合九三と九四の間が満月となる。「馬匹亡」も裏卦の形。九三の艮と九四の震が背中合わせで「馬匹」となり、九四が九三から離れていく。

 

【九五】有孚攣如 无咎

孚ありて慕うが如し。神罰なからん。

 

「攣」は曲がったものを手にかける形。こだわる。繋がる。慕う意味。九二と九五が向き合い、互いが慕う。

 

【上九】翰音登于天 貞凶

①飛鳥の声が天高く登る。出入を厳密にし修祓せよ。霊を鎮め災厄を祓え。

②飛鳥の声が天高く響き渡り上帝に登薦する。出入を厳密にし修祓せよ。

 霊を鎮め災厄を祓え。

 

「翰」は高く飛ぶこと。詩経に「翰(たか)く飛んで天に戻(いた)る」とある。礼記に「鶏を翰音と曰ひ」とあるが、ここでは飛鳥の声が天高く響き渡る光景とする。「登」は元来、登薦(供薦)することを意味する。飛鳥は裏卦雷山小過の象意。その上六に「飛鳥離之」とある。

 

 

                                               雷山小過  

       

   

 【彖辞】

小過 亨 利貞 可小事 不可大事 飛鳥遺之音 不宜上 宜下 大吉

①少し過ぎる。会同する。小事は許可し大事は許可しない。鳥が羽ばたいて

 余韻を残す。貢ぎ物を上納せずこれを引き下げる。大いに神意に適う。

②少し要所を通過する。会同する。出入りを厳密にして貞卜し修祓せよ。

 小さい祭祀は許可し王事は許可しない。飛鳥これに贈りものを献じ余韻を

 残す。貢ぎ物を上納せずこれを引き下げる。大いに神意に適う。

 

雷山小過は上下卦が互いに背を向け仲違いする形、鳥が翼を広げた形、左右のドアが互い違いに動く形に見えると既に述べた。雷山小過は仲違い、すれ違いの卦。風澤中孚は和気、講和を求める卦と捉える。この卦の爻辞は表と裏の状況が交錯して現れる。

 

「小」は小さい、少しの意味であるが、易では小人、小臣に通じることを常に念頭に入れておく。「過」は特定の要所を通過するときの祓いの儀礼。祟り封じを意味する。「遺」は遺贈すること。礼記で「遺音(いいん)有る者なり」とあり、余韻の義で用いられる。「宜」は机上に肉を削いで置きこれを祀ること。神が供薦を受けることを「宜し」と言い、適したものを許可する。さらに出陣する時、「宜」という祭りを行う。「上」は上の方を示す文字であるが、供え物を上納する意味もある。

 

【初六】飛鳥以凶

飛鳥が射落とされる。災厄を祓え。

 

雷山小過は飛ぶ鳥の姿を表すことは、この爻辞をもって明らかとなる。

 

【六二】過其祖 遇其妣 不及其君 遇其臣 无咎

その祖霊を通過し、祖母(亡き母)に遇う。その君主に及ばず、その臣下に遇う。咎めはない。

 

この爻辞は裏卦と比較しながら解読する必要がある。裏卦は九二と九五が会同し講和する形であった。一方、雷山小過は九三を通過し、境界を越えて九四に面会する形である。九三と九四は関所のような場所となる。仮に「祖」を九三とすると、「妣」は九四となる。「祖」は「且」のまないたと「示」の神を祀る祭卓から成り立つ文字。机は艮の象意であるから「祖」は九三となり、祖霊となる。「過」は特定の要所を通過するときの祓いの儀礼であるから、その特定の要所が九三に当たる。さらに「咼」を禍(わざわい)の意味として用いた甲骨文がある。この意味からも上下卦の境界にある九三が禍の位置であることが分かる。「妣」は亡き母。先王の妻。「配」「匹」と同系の語。裏卦の風澤中孚六四に「月幾望 馬匹亡 无咎」とあり、「匹」が応じる。故にここでの「匹」は九三に対する九四となる。以上の経緯をまとめると「過其祖 遇其妣」は九三を過ぎて九四に遭遇することを表すものであろう。

 

 

「不及其君 遇其臣」の「君」は裏卦の九二から見た九五であろう。但し表では六二が九三と九四に阻まれ、しかも両者が互い違いに動くために上位に面会できない。この場合の「臣」下は遇其妣」の流れから九四と推察する。

 

【九三】弗過防之 從或戕之 凶

(国境を)通過せず呪鎮して身を守れ。辺境まで後追いしこれを傷つけようとする。災厄を祓え。

  

「防」は境界の呪鎮。「過」も「防」も祓いの儀礼である。「從」は二人前後する形で服従すること。九三と九四が前後に並ぶ。「或」は既に詳細に自論を述べている。矛を持って守る意味であるが、上下卦の境界に概ね現れる文字で、国境の有事を表す文字と推察する。「戕」は槍で人を傷つけあやめること。

 

 

                 

 

  

【九四】无咎 弗過遇之 往厲 必戒 勿用永貞

①神罰なし。(国境を)通過せず相見ゆる。往来に邪気あり。必ず戒む。

 もって永く出入を厳密にすることなかれ。

②神罰なし。(国境を)通過せず相見ゆる。往来に邪気あり。

 密儀をもって告げ諭す。永貞を用いることなかれ。

 

九四は境界の外から九三に遇う。「往」は往来の義。「必」は兵器の刃を装着する部分の形。廟中にて火で清める密儀を行うこと。「戒」は両手で高く戈をあげる形。人に告げて諭すこと。警戒すること。卜辞に「庚寅卜して永貞ふ。王はこれ中に涖(のぞ)むに 若とせんか」とある。「永貞」は永く出入りを厳密にする意味と解したいが、「勿」をなかれと否定の意味に訳すと、永く出入りを禁ずるなかれの意味となる。果たしてこの爻辞は何を伝えているのか。「永」は水の合流する形であり、九三と九四がすれ違う形でもある。また卜辞に「庚寅卜して永貞ふ」とあり、「永」には貞卜集団の名前としての意味もある。勿用永貞」は卦全体の流れから察すると、いつまでも出入りを厳しくするな、凝り固まるなという意味であろう。

 

六二の爻辞の最後に「无咎」とあり、九四の最初に「无咎」が用いられる。この流れも意味がある。六二が変爻すると雷風恆となり、その裏卦が風雷益となる。その六二に「或益之 十朋之龜弗克違 永貞吉 王用享于帝 吉」とある。ここで「永貞吉」が繋がる。ここでは風雷益の形を維持することを「永貞吉」と考えた。ならば雷山小過はこの形をあまり永く維持するなかれの意味となる。

 

【六五】密雲不雨 自我西郊 公弋取彼在穴

雲が密集しても未だ雨が降らない。我より西の郊外へ行く。公爵は矢を放ち、彼の結界を張り穴に落ちる人を奪い取らんとする。

 

「密雲不雨 自我西郊」は風天小畜の彖辞にも同様の文言がある。風天小畜の裏卦雷地豫の六三が変爻すると雷山小過となる。このように易はある特定の爻が変爻すると爻辞が連関することがある。このことは爻辞が形の変化推移に準じて作られていることをよく示している。「弋」(ヨク)はいぐるみの矢の形。狩りすること。「取」は戦果としての耳を切り取り戦功を定めることであるが、同時に嫁娶の意味もあったと言う。「我」「在」は裏卦風澤中孚の九二で用いられる。「在穴」が裏卦九二の「在陰」に応じる。このことは雷山小過の六五が裏卦の状況を表していることを示唆する。

 

【上六】弗遇過之 飛鳥離之 凶 是謂災眚

相見ゆることなくここを通過する。飛鳥が罠にかかる。霊を鎮め災厄を祓え。これを過失の災いという。

 

「弗遇過之」が九四の「弗過遇之」に応じる。「遇」と「過」の語順が入れ替わる。九四は国境を越えず九三に対面し、上六は最上位にあって遇う相手もおらず、既に境界を過ぎている状態。「飛鳥離之」の「離」は罠にかかる意味で訳したが、これを離れると訳すこともできる。

 

この卦はすれ違い、仲違いの卦であると述べた。雷山小過は上卦の急進する震と下卦の踏み止まる艮のすれ違いとみる。この二つは卦の形からも互いに逆方向に進む。艮は父親、震はその息子(長男)。ここに継承問題が現れる。引継ぎをあまり厳密にしすぎると、子は父に反発し終には父の期待に背き家を出ていく。この動きが十二支の寅に現れる。家を守るために必死に引き留める役を果たすのが丑。この丑と寅の間に断絶、亀裂が生じる。後天図の艮は北東に位置する。震は東に位置するが、実は先天の世界においては艮と同じ位置となる。すなわち後天世界の艮の裏側に震が隠れている。艮と震は引継ぎ引き継がれるものとして、気の世界が同じ宮(位置)で二つの気を引き合わせしている。

  

雷山小過は他の卦でも度々引用してきた。それだけ特徴のある形であり、運気の変化作用が大きいことを示している。初六の「飛鳥以凶」は機熟さずして飛び立とうとするものに対して軽率だと警告を発し、上六の「飛鳥」はそれでも強引に推し進めようとしているものに対して、「凶」「災眚」と厳しく諫めている。

 

 

                                               水火旣濟  

       

 

【彖辞】旣濟 亨小 利貞 初吉終亂

既に整う。小さいことは希望が通る。身を慎むのがよい。君臣の礼を尽くせば神意に適うが終わりは乱れる。

 

「初」は神衣・祭衣を表す文字。「初」に含む「衣」は衣の襟元を重ね合わせた形。卜文の衣祀は殷祀に当たり合祭を表す。「衣」は魂が乗り移るものと考えられ、呪的意味があると巽爲風で述べた。さらにこれは賓卦と裏卦が同一形となることが要因と考えた。このパターンを持つ卦は他にもある。山風蠱(澤雷隨)、風雷益(雷風恆)、風山漸(雷澤歸妹)、地天泰(天地否)。これらの卦は上下卦の境界を折り目として重ねおく、あるいは下卦をそのまま上卦に重ねおくと陰陽が完全に和合する。この形が衣の襟元を重ね合わせる形になると考えた。ならばこれらの卦の爻辞には「衣」を含む文字がすべて含まれているのだろうか。

 

【山風蠱六四】 父之蠱 往見吝

【風雷益六四】 中行告公從 利用爲遷國

【雷澤歸妹六五】帝乙歸妹 其君之 不如其娣之良 月幾望 吉

【水火旣濟彖辞】旣濟 亨小  利貞 吉終亂

【水火旣濟六四】繻有袽 終日戒

 

上記の通り二つの卦のいずれかにおいて「衣」が用いられる。一方、地天泰、天地否は卦の形を「茅」に準えているから「衣」を用いない。以上のことから裏卦と賓卦の同一形は魂の移動、受霊、合祭の意味を含み、このことを「衣」「初」によって表したと考えてよいだろう。

 

【初九】曳其輪 濡其尾 无咎

その車輪を引きその尾を濡らす。咎めはない。

 

その「輪」とは何を指すのだろうか。車輪は車軸に支えられて回転するから、その形は九五と初九の車軸に支えられて回転する九三に現れる。九三を坎の水とすると、初九は「尾」となり九三の水に濡れる。

 

【六二】婦喪其茀 勿逐 七日得

婦人は車の覆いを喪う。追いかけてはならない。七日経てば戻る。

 

「茀」は車の覆いとされるが、髪飾りの意味もある。「婦」はおそらく裏卦の形に基づくものであろう。その理由は火水未濟九四の動向にある。九四が変爻すると山水蒙となる。この形は上九の覆いの下で動く九二の車となる。さらに山水蒙の九二に「包蒙 吉 納婦 吉 子克家」とあり「婦」が応じる。「蒙」には全体を覆い、被る、蒙昧、暗幕の意味があるから「茀」の義に通じる。「七日」は「三年」と同じく、気の動き方の法則を表す。以前、地雷復、震爲雷でも述べたが、月は七日単位で形を上弦、満月、下弦と形を変えていくから、震、艮の形を月の満ち欠けとして見ていたのではないかと推察した。水火旣濟の形には艮、震の形がない。その代わりに坎が連続して上る形がある。

 

【震爲雷六二】震來厲 億喪貝 躋于九陵 勿逐 七日得

 

震爲雷の六二には水火旣濟の六二と共通する表現「七日得」が出てくる。震爲雷の六二は九四を逐う形となり、九四を軸にすると上に震、下に艮の形が出てくる。一方、裏卦火水未濟の九二は九四を仲介して上九と向き合う。仮に九四が変爻し姿を「喪」うと、上九の艮。九二を初爻とした震が出てくる。ここにも月の動きが見え隠れする。さらに九四を中心とした坎が坤となる形を新月とし、九四変爻によって出てくる上卦の艮を上弦の月とする。新月から上弦の月に至るまでは「七日」となる。こうした爻変の動きを月の満ち欠けになぞらえ、「七日」が現れたのではないかと推察する。

 

【九三】高宗伐鬼方 三年克之 小人勿用

殷の帝王高宗が鬼方を征服した。三年を経て勝ちを得た。小人を用いてはならない。

  

高宗は殷の帝王武丁とみられる。武丁期の甲骨文にもその三年にわたる討伐のことが書かれているという。「鬼方」は統治下におかれていない辺境の地である。「高」は「京」と「口」から構成され、「京」は凱旋門を意味する。「高」は神が憑依するところであり、高祖といわれるように神妙なるものに関して用いられる文字である。九三の爻辞に「高」が使われたことには意味がある。九三は「鬼方」に現れるように、神聖かつ警戒すべき位置となる。「三年」は気の変化リズムであり、三年で形勢が変化する。

 

 

                 ♦

 

 

【六四】繻有衣袽 終日戒

衣祀を行い衣に魂が乗り移る。終日自戒せよ。 

 

「繻」は「濡」と記載されることもあり、易経成立当時の文字が正確に引き継がれているか不明。初九および上六の「濡」に応じる。「衣」は彖辞の「初」で既に述べた。衣祀という祭りがあったと言われるから合祭の意味をそのまま生かした。「袽」の「如」は巫女が祝禱を前にして祈ること。「衣袽」を舟の水漏れを塞ぐためのものと記載する文献があるが、この由来も不明。「戒」は両手で高く戈をあげている形で、兵備を戒めて警戒すること。

 

火水未濟の六三に「利渉大川」とあるから、上下卦の境界を大川とみなす。火水未濟の六三も水火旣濟の六四も陰爻で、境界、辺境の災いを警戒する。火水未濟の九四が変爻すると山水蒙となり、その六四に「困蒙 吝」とあり何かに困惑する。水火旣濟の九三が変爻すると水雷屯となる。その六三に「卽鹿无虞 惟入于林中 君子幾不如舍 往吝」とあり、道案内がおらず林の中に入り行き悩む。

 

風雷益六四に「利用爲依遷國」とあり、四爻の位置づけを表す。九三は「鬼方」で辺境の地となる。ここから上卦の六四に移ることを「遷國」とし「依」る形とする。「依」は受霊に用いる霊衣であり、この霊に依りこれを受け継ぐ意味があった。詩経に「旣に登り乃ち依る」とある。この詩から「遷國」に際して受霊の儀式を行ったことが伺える。このことから「衣袽」は「衣祀」に関するもので、受霊、合祭を現わすものと考えてよいだろう。六四の位置は「旣」に「濟」ったところであるが、未だ安泰とは言えず、自戒、警戒が必要となる。

 

【九五】東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福

①東の祀所で牛を犠牲に供える祭りは、西の祀所で楽舞を行う祭りに適わ

 。宗廟に供物を献じ神の佑助を得る。

②殷の祀所である東鄰では牛を犠牲にする。西の祀所では竹笛を吹いて禴祭を

 行い神意に従う。宗廟に供物を献じ神の佑助を得よ。

 

「東鄰」は東方の地で殷の都である安陽と想定できる。「東夷」は牛や鹿を犠牲に使用した。「鄰」は神の昇降する梯子の前に犠牲を用いて呪禁する形象で聖所を意味する。「西鄰」は文王にまつわる聖所で、澤雷隨の「西山」、地風升の「岐山」を意味するものと考えられる。「禴」は春(夏)まつり。「龠」(ヤク)は三穴の竹笛の形。神事や楽舞に用いた。三穴の竹笛は卦の形象であろう。「實」については既に火風鼎で述べたが、「實」の「貫」は貝貨を貫き連ねた形。「貫」の形が旣濟の形となって現れる。「福」は酒樽。神霊に多く供薦する義。

 

裏卦の火水未濟の六五に「貞吉无悔 君子之光 有孚吉」とあり、文王が行った「西鄰之禴祭」を裏で「君子之光」と讃えているように見える。この経緯から「東鄰殺牛」は水火旣濟の象意、「西鄰之禴祭」は裏卦火水未濟の象意と見ることもできよう。九五は九三の「牛」を「殺」し「鬼方」を伐つ形となる。九三の「高宗」は殷の帝王武丁のことであるから、殷の都を表す「東鄰」と結びつく。彖辞の「初」は「東鄰」(表)と「西鄰」(裏)二つの祀りを合祭することを暗示する。

 

【上六】濡其首 厲

首を濡らす。危険である。

 

初九の「濡其尾」に応じる。ぬれる。うるおう意味であるが、そのまま訳しても意味が通じない。濡れる意味は坎の象意からもたらされる。九三は初九と九五の間に挟まれ車輪のように走り回り、同時に坎の水となって上下を繋ぐ。この水が初九の「尾」を濡らし潤わす。あるいは九五の坎が九三との繋がりを通して初九を潤す形となる。このように捉えると、上六の「濡」は六四の「繻」に応じることから、上六と六四の繋がりはむしろ裏卦において顕著となる。裏卦においては九二の坎から九四の坎へと川を「渉」り上九に辿り着く。

 

この卦の爻辞を見ると、水火旣濟は初九-九三-九五と陽爻が繋がり、火水未濟は九二-九四-上九と陽爻が繋がっていく。この陽爻の動きに併せ、爻辞の表現が統一的に展開していく。

 

水火旣濟の初九-九三-九五の流れは「高宗伐鬼方 三年克之」にあるように「高宗」が「鬼方」を征服し目的を達成する。火水未濟の九二-九四-上九の流れは「震用伐鬼方 三年有賞于大國」にあるように「鬼方」を征服し「賞」賛される。

 

一方、水火旣濟の六二-六四-上六は「喪」「戒」「厲」のように警戒感が現れ、目的達成が危ぶまれる。火水未濟の初六-六三-六五は「吝」「凶」「吉」と下卦は難ありで六五のみ評価される。

  

二つの卦を総合すると、陰爻の評価は厳しく、陽爻の評価は高いか無難。水火旣濟、火水未濟における爻辞の評価の違いは、乾爲天、坤爲地とともに、易を解釈していく上で一つの重要な基準を示している。

 

 

                                               火水未濟  

       

  

【彖辞】未濟 亨 小狐汔濟 濡其尾 无攸利

未だ渉りきらず。会同する。小狐がほとんど渉りきるところでその尾を濡らす。利するところなし。

 

「濟」は水を渉る義。詩経に「旋り濟ること能わず」とある。この卦は水火旣濟同様陰陽交互に折り重なる形で、陰陽の和合が完全に図られた形となる。上卦は離、下卦は坎の形となるが、見方によっては九二の坎(水)から九四の坎(水)へと川を渡っていく形にも見える。火水未濟は水火旣濟と表裏一体の関係となる卦であるから、爻辞の文言も関連性が出てくる。

 

【水火旣濟初九】曳其輪 濡其尾 无咎

【火水未濟初六】濡其尾 吝

 

【水火旣濟九三】高宗伐鬼方 三年克之 小人勿用

【火水未濟九四】貞吉悔亡 震用伐鬼方 三年有賞于大國

 

【水火旣濟上六】濡其首 厲

【火水未濟上九】有孚于飲酒 无咎 濡其首 有孚失是

  

ここで注意したいのは水火旣濟では九三が「鬼方」となり、火水未濟では九四が「鬼方」となること。その位置が一爻ずれていることである。易の形において上下卦の境界は三爻、四爻にあり、上下の陽爻の間に坎(陰-陽-陰)の形が入る。これが「濟」(わたる)形であり、辺境の「鬼方」となる。火水未濟の六三に「未濟 征凶 利渉大川」とあり、ここに卦名の「未濟」があるから、六三の位置が大川を渡る前であることが分かる。ならば大川を渡った後は九四の位置となる。故に「貞吉悔亡」となり凶を逃れる。 九四に「三年有賞于大國」とあり、「國」「或」が境界を意味する四爻に現れる。

 

 

                 ♦

 

 

「三年有賞于大國」の「三年」は気の法則であり、三年ごとに環境や心境が変化していく。この辞は水火旣濟九三の「高宗伐鬼方 三年克之」からもたらされていると見ることもできるが、卦の形に「三年」の象意があると見るべきであろう。旣濟も未濟も陰爻と陽爻が交互に重なる形であるが、この形を仮に年輪と見なすと陽爻を一年とする三つの節目が現れるから「三年」の形となる。この爻辞は三年後に本国より功績が認められるとともに、三年で役目を果たすことを表す。

 

この卦は九四が変爻すると山水蒙となり、裏卦は澤火革となる。その九三に「征凶 貞厲 革言三就 有孚」、九四に「悔亡 有孚改命 吉」とある。ここから九四の位置が成果の鍵を握っているとみる。九四の「改命」は新たな使命を言い渡されたことを示す。

 

但し上九に至ると「濡其首 有孚失是」とあり、目的を失うか失職することを暗示する。「是」は「題」目に繋がる文字であるから、大義名分を失うことを示す。「有孚于飲酒」は腹を割って酒を飲みかわす場面であるが、誠意を尽くしてもよい返事が得られない。火水未濟は組織の人事に置き換えると、爻辞それぞれの立場が掴みやすくなる。

 

初六は力不足、準備不足で侮られ恥をかく。九二は実力を認められ抜擢される位置。六三は移動のタイミングが整っておらず行けば大変な目に合う。但し境界線におり進むしかない状況。これが「征凶」(行けば災い)と「利渉大川」(大川を渉れ)の矛盾に繋がる。九四は現場の実力者九二と最高経営責任者の上九を繋ぐ部長クラスとなり、実力も兼ね備え功績をあげる。六五は表では控えめな管理職にみえるが、裏では実力と権力を兼ね備えた「君子」。裏卦水火旣濟の九五に「東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福」とあるが、西鄰の質素な禴祭を行うのが君子と考えてよいだろう。上九は最上位にあるが顧問としての立場から人を見る。初六と上九に「濡」が出てくるが、この文字が易で用いられる時は恥をかかされたり、面目を失ったりする場面となる。

  

易は乾爲天、坤爲地に始まり、天地定まって水雷屯の混沌、山水蒙の蒙昧が地上に現れる。水雷屯は水火旣濟の九三が変爻して生じ、山水蒙は火水未濟の九四が変爻して生じる。旣濟は陰陽の交わりが完成した形であるが、その最も不安定な九三が陰陽変化し再び混沌の形に移行していく。これが六十四卦の循環であり万物流転の姿であることを易は示している。

 

 

 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)