易経を読む(下経)1

現象世界は一つではなく、見る人見る角度によって無限大に広がりうるものである。易は変化の法則であり、あらゆる爻が変化しうる可能性を持つ。このことは我々が一つの出来事をあらゆる可能性を秘めた出来事として同時に体験していることを物語っている。爻辞で用いられる文字は、卦と卦、爻辞と爻辞の繋がりを発見する上で重要な糸口となる。文字の繋がりは易の多次元性を明らかにし、易解読のための極めて重要な手掛かりとなる。

*甲骨文・金文の意味解釈は白川静氏編纂の「字通」及び「白川静著作集」を参照。

*易経解釈:浅沼 元世翬

*澤山咸から水風井まで。

 

 

                                                澤山咸  

 

  

【彖辞】咸 亨 利貞 取女吉

①厳密に誓約し、貢献する。貞卜によって出入を厳密にするによろし。

   女を娶ることは神意に適う。

②咸(ことごと)く命ず。貢物を薦める。吉凶を卜するによろし。

   女を娶ることは神意に適う。

 

咸は祈祷や誓約を収めた器を封印する義。厳密に封印することを嚴緘(げんかん)と言う。吉の義「詰める」「結ぶ」と同系の語となる。巫咸は神巫の最高位。金文に「旣に咸(ことごと)く命ず」とある。「咸」は完了する義としても用いられる。総じて「咸」は非常に厳粛な意味を持った儀式用語であることが分かる。

 

「咸」は下に心が付くと感情、感動、感冒の義となる。この卦は人体の形に見え、その形を爻辞に表したものとみられる。足の「拇」(おやゆび)から「腓」(こむら)、「股」(また)、「脢」(せじし)、「輔頬舌」と頭に向かって上っていく。「取女吉」とあるため婚姻の卦とも受け取れるが、この卦は「吉」の状況とは裏腹に非常に緊迫した状況を表す卦でもある。 

 

【初六】咸其拇

【六二】咸其腓 凶 居吉

【九三】咸其股 執其隨 往吝

【九四】貞吉悔亡 憧憧往來 朋從爾思

【九五】咸其脢 无悔

【上六】咸其輔頬舌

 

それは地澤臨に用いられる「咸」の意味からも想定することができる。地澤臨の「臨」は臨時、臨検、臨戦の意味である。臨戦、臨時の状況があり、下方を覗き込み実体が何かを確かめている形である。地澤臨初九「咸臨 貞吉」にはじまり、地澤臨の卦は最も吉の多い卦の一つとなる。緊迫した状況にもかかわらず神意に適うというお墨付きを得られる。この爻辞の「咸」は感冒、感染の意味で、「臨」は感染による臨検と読み取れる。従って澤山咸も場合によっては何らかの感染あるいは全身的に広がり転移する病気とみることもできる。「咸」は元来厳粛な儀式用語であることから、婚姻の卦とすれば、神巫の最高位である巫咸が婚姻の誓いを器に封印し、誓いを破ることなきよう咸(ことごと)く命ずる形と見る。

 

九四の「貞吉悔亡 憧憧往來 朋從爾思」において「憧憧往來」という表現はどこから来るのか。澤山咸を人体とすると九四の位置は丁度心臓の位置になる。故に「爾思」と心臓の位置を彷彿とさせる表現を用いる。そして「憧憧」の表現は裏卦の六四の状況を表している。

 

【山澤損六四】損其疾 使遄有喜 无咎

その病を損する。内祭の使者を速やかに派遣し往来させ、嘉穀を求めよ。神罰なからん。

 

「疾」は疾病のことである、ここで澤山咸の感冒と繋がる。「憧憧」は表の心臓の動きを表し、「往来」は六四が九二と上九との間を往復する形を表す。易は決して表の状況のみで爻辞を作らないことをこの爻辞は明確に示している。 

 

易はまず形がすべてである。形は周波数の現れであり、形の変化が周波数を変えて様々な現象を生み出す。まず形にコード(暗号)が現れる。その形を見て何に見えるかを感覚的に掴む必要がある。爻辞が非常に難解でまるで何かの暗号のように見えるのは、裏の状況を含め形の変化推移を直感的に掴み、この形象を持つ文字に置き換え、全体として詩的に表現しようとしているからでもある。そして易の醍醐味は八卦である。八卦は波動の基本形であり、その象意は実に幅広く実に正確である。八卦の象意を卦に取り入れていくと、本来見えるはずのない事柄や物体が具体的に浮かび上がってくる。 

 

  

                                                雷風恆  

 

  

【初六】浚恆 貞凶 无攸利

【九二】悔亡

【九三】不恆其德 或承之羞 貞吝

【九四】田无禽

【六五】恆其德貞 婦人吉 夫子凶

【上六】振恆 凶

 

「恆」の「亘」は上下の線の間に弦月を加えた形。恒常、恒久の意味として用いられる。この卦は一見して「凶」が多いことが分かる。気学から捉えると、上卦の震は三碧、下卦の巽は四緑。いずれも木の気質で伸長著しい。ところが三碧は柔軟性がなく直情的に進む。四緑は柔軟性を持つがなびかれる性質があり優柔不断さが出る。卦の形全体を見ると人が逆立ちをしている姿にも見える。裏卦は風雷益となり、その上九に「恆」の文字が出てくる。

 

【風雷益上九】莫益之 或撃之 立心勿恆 凶

 

この爻辞を読むとき注意すべきは「或」である。この文字は「戈」をもって守る字であるから、国境紛争を想定しての「凶」であろう。従って雷風恆に応用すると、九三の動きがポイントとなる。「不恆其德」(その徳を常にせず)とあるから、任務を遂行するにあたり人徳に欠く行為があることを警告するものであろう。「或承之羞」(あるいはこれを承けすすめる)とは、承けてはならない先方の依頼を承諾し、さらには貢物を差し出すことと推察する。これを「吝」恥ずべき行為とする。

 

六五の「恆其德貞 婦人吉 夫子凶」は澤風大過九五の「枯楊生華 老婦得其士夫 无咎无譽」に通じる表現がある。いずれも「婦」と「夫」という文字が出てくる。このことは雷風恆と澤風大過の形に共通性があることを物語っている。雷風恆の初六から六五の形を見ると、丁度澤風大過の一陽を欠いた形となる。故に「婦」と「夫」という同じ文字を用いる。澤風大過で考察した理論を用いると、「婦人」は表の陰(六五)であり、「夫子」は裏卦の陽(九五)となる。ではなぜ「夫子」は凶となるのか。その理由が「或」という文字に現れる。風雷益の九五は初九と向き合い、山雷頤の形を作る。その中間の六三は国境となり、争奪の対象となる。易は坤の形を非常に警戒する。坤という空間は無であり、無防備の土地でもある。この中に災いをもたらす邪霊が入り込むと考えるのである。

 

「恆」は恒常を意味するが、その形に弦月の形を含む。月は満ち欠けを明確に表す存在であるから恒常性に欠ける象徴としてみることもできる。最初に人が逆立ちしているように見えると述べたが、こうした印象は決して意味のないことではない。「凶」が多くなるには理由がある。

 

 

 

                                                天山遯  

  

  

【初六】遯尾厲 勿用有攸往

末尾で逃げる。危険である。行くべき所があっても用いるべきでない。

 

「遯」は豕が逃げる形。天山遯は逃げるタイミングを表す卦。逃げ遅れを警告する。六爻のうち下二つの爻が逃げ遅れの形。第三爻は危険な位置であるが、ギリギリのタイミングで逃げられる。天山遯の裏卦は地澤臨。臨時。臨戦。臨検の義である。このことからも天山遯が災いから逃げる卦であることが分かる。地澤臨の初九が変爻すると地水師となり、軍隊を動かす卦となるから事態が有事であることが明らかになる。

 

【六二】執之用黄牛之革 莫之勝説

①黄牛の皮で固く繋ぎとめる。誰もこれをやめるよう説得できない。

②黄牛の如く強く改心を求め手かせを加える。日の暮れに意を決して行き、

 その意を受け舟の中に入れて送る。

 

「執」は手にかせを加え罪人を拘執する義。「黄」は中央の色。爻辞に出てくる黄は中央にあることを意味し、六二の位置を表す。「革」は革命に象徴されるように改める義として通用する。「莫」の象形は草間に日が沈む形。「莫」は金文では「來王せざる莫(な)し」のように否定詞として用いられる。金文には暮(くれ)の意で用いられた事例が見当たらないようであるが、易経では「莫」が明らかに暮れの意味で用いられる事例がある。それが以下の爻辞である。

 

【澤天夬九二】惕號 莫夜有戎勿恤

恐れて叫ぶ。日暮れ時に敵襲がある。憂うることはない。この爻辞の「莫夜」は「暮れ」の意で用いられている。

 

六二の②の意訳は意味不明な印象を受けるが、実は爻辞の解釈は金文の意味に忠実に訳すことで、意外にその場の光景をくっきり映し出すことがある。日暮れ時、逃げ遅れた人を説き伏せ、強引に避難させる光景とみることもできる。あるいは執拗にこだわりを持つ人を説得し、改心させ、舟に乗り移って逃げるよう説き伏せている姿にもみえる。 

 

易は必ず裏を見なければならない。易の爻辞は裏卦の状況を表しているものが少なくない。さらに私見を述べると易は陰爻の多い卦、特に坤の形を中に含む形を警戒する爻辞が多い。陽爻の間に入る三陰(坤)の形に邪霊が入る隙があるとみて、これを畏れるからである。 

 

 

                                                雷天大壯  

  

 

【九三】小人用壯 君子用罔 貞厲 羝羊觸藩羸其角 

【九四】貞吉悔亡 藩決不羸 壯于大輿之輹

【六五】喪羊于易 无悔

【上六】羝羊觸藩 不能退 不能遂 无攸利 艱則吉

 

雷天大壯は山天大畜の「輿」で考察した通り、上卦の震が勢いよく下卦の三陽を引っ張る形とみる。故に「壯于大輿之輹」とあり「壯」(さかん)の文字が用いられる。九三の「小人用壯 君子用罔」の「小人」は表の状態で、九四が下卦の三陽を引っ張って壮んに進む姿。「君子」は裏卦風地觀の状況とみる。六三が九五の君子の配下となり目立たない存在となる。風地觀の六三「觀我生進退」の「進退」は六三という境界の特性と、九五に対する特有の関係性の現れとみる。「羝羊觸藩羸其角」の「藩」(まがき)は九四の存在をいうのだろう。下卦の三陽を引っ張る存在でもあり、逆から見ると進行を遮る壁(艮)ともなる。故に「角」を「羸」(くるし)ますとなる。

 

九四に至るとその「藩」から逃れて震の形となり、一気呵成に進む。これを「大輿之輹」と表現する。六五に至ると下位の陽爻の群れ(羊)から一歩出る。「喪」は哀哭する義。「易」の「勿」は玉光。玉光をもって魂振りを行う義とする。ここから改める。変わる義となる。「喪羊于易」は羊を容易く安易に失うと解釈するが、「喪羊于易」は火山旅にも同じような表現があり、「易」には二系統の意味が存在することが分かる。

 

【火山旅上九】鳥焚其巣 旅人先笑 後號咷 喪牛于易 凶

 

火山旅の上九は「牛」を喪う形であるが、この「牛」は角である九三の艮を指し示すと考えられる。つまり上九は九三、九四を繋ぎとめる壁となるが、九三は境界の外で逃げやすい位置にある。さらに「易」という文字にも境界線である九三の状況がよく現れているように思う。「易」は「昜」(よう)の形に繋がる。「昜」も玉光の形を表し魂振りの儀礼を意味する。その儀礼を行うところを「場」という。この「昜」を含む「場」は田地の意味と神を祭るところの二つの意味がある。この「場」の形が裏卦風地觀の坤に現れているとみる。さらに雷天大壯の六五が変爻すると澤天夬となる。

 

【澤天夬九二】惕號 莫夜有戎勿恤

 

「惕」(おそれ・うやまう)は「易」を含む。このおそれの存在は裏卦山地剥の上九である。この形が風地觀の九五の位置にも通じ、六五の「喪羊于 无悔」の表現に繋がる。表の三陽を羊と見ると、裏卦の九五はその羊(三陽)を喪い、魂振りの儀礼を行う祭壇となる。

 

上九の「羝羊觸藩」は九三にも同じ表現があり、上九と九三との密接な繋がりを示す。下卦の三陽を羊とすると、先頭の九三が九四の「藩」に当たり「不能退 不能遂」(退く能わず進む能わず)となる。これを逆から見ると天山遯となる。天山遯の角を九三とすると、九三の角が九四を含む三陽にぶつかって進めない形でもある。「艱則吉」の「艱」は飢饉による苦難あるいは外寇の義。「艮」は目と後ろ向きの形で邪眼にあって恐れて進めない様。この「不能退 不能遂」は上六のことを指しているのか、九三を含む下卦の三陽のことを言っているのか。雷天大壯の形で進むことも退くこともできない最も厳しい位置にあるのは九三であり、裏卦の六三である。この状況が裏卦風地觀の六三「觀我生進退」に現れる。

 

易の爻辞はその位置の状況を説明していると常識的には考えられるが、同時に最も親近性のある他爻の状況を映し出していることもある。雷天大壯の上六はその一つで、上六の状況を示しながら九四及び九三の状況を言い表している。このような事例は爻辞の随所にみられる。これが易の多次元性である。他爻の状況を示すことが”今置かれた”その場の状況を示すことになる。それぞれの爻はある全体像をそれぞれの次元から捉えたものである。ある意味で同じ自分の状況を別の角度、別次元から見た映像でもある。

 

易の世界は特定の位置(爻)を”今ここの自分”と定めながらも、常に同時に別の位置にも”自分”が存在しうる可能性を示す。しかも爻は常に変化する。六つの爻辞はそれぞれの立ち位置の状況を示しながら、同時に他爻の状況を現わし、裏の状況を現わし、爻の変化推移を現わす。世界は生々流転しており、 

”今ここ”という位置は全体の中に溶け込んでしまい、最も変わり”易”く親近性のある形へと移行していく。 

 

 

                                                火地晉  

  

 

【彖辞】晉 康侯用鍚馬蕃庶 晝日三接

進む。功績ある諸侯は王より頻繁に馬を賜う。一日に三度謁見する。

 

「晉」の「臸」は矢じり。「矢」は古代においては誓約に使う。従ってこの卦の一つの象意は誓約である。「三接」の形はおそらく裏卦水天需の方がより形に添った表現となっている。王を九五とし、康侯を下卦の三陽とする。このように見ると「康侯」は特定人物ではなく、国を安んじた功績のある諸侯となる。但し水天需の三陽は上六に「入于穴 有不速之客三人來 敬之終吉」とあり、功績ある諸侯とは逆の「不速之客」(招かざる客)となる。 

 

火地晉の卦の形を見ると、「晉」の矢じりではなく「康」の脱穀の形に見える。易の彖辞は卦の形のことを説明したものか、それとも彖辞の作者が何らかの意図をもって史実に沿ったことを述べたものか不明である。但し彖辞と爻辞の繋がりは明らかにあることから、卦の形だけではなく、爻の変化推移も考慮していると見るべきである。さらに易は史実に沿った事柄を文中に記載することがあり、この意味でも「康侯用鍚馬蕃庶 晝日三接」が史実を語ったものとしての可能性も残しておくべきである。

 

                        

 

【初六】晉如摧如 貞吉 罔孚 裕无咎

①進むが如く、挫かれるが如し。身を慎んでいれば吉である。真心が塞がる。

   心を豊かに保てば咎めはない。

②進むが如く、挫かれるが如し。契刻した誓約の実現を求める。網で覆い

   捕まえる。神気に助けられる。咎めなし。

 

この爻辞は卦の形と初六の位置を表したものであろう。火地晉の上卦離を網の目とすると、下卦の坤は網の内となる。「罔」の甲骨文はちょうど卦の形に見える。

 

【六二】晉如愁如 貞吉 受玆介福于其王母

進むが如く、憂うるが如し。身を慎んでいれば吉である。王母より大きな福を拝受する。

 

「福」の「畐」は酒樽の形で「福」は祭肉を表す。神霊に多く供薦する義となり、これを多福とする。水火旣濟の九五に「東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福」とあり、火地晉の「受」「福」に通じる。また火水未濟の九四に「貞吉悔亡 震用伐鬼方 三年有賞于大國」とあり、「三年有賞于大國」(三年にして大國に賞せらるることあり)が火地晉彖辞の「康侯用鍚馬蕃庶 晝日三接」の功績ある諸侯への接遇に応じる。この卦は六二変爻による火水未濟、その裏卦の水火旣濟の状況に非常に親近性がある。

 

【六三】衆允 悔亡

①衆人が(臨時に)呼集される。主君に忠誠を誓う。悔いはない。

②衆人が(臨時に)呼集され、貞卜の結果を認める(追認する)。

 神の怒りよ鎮まらん。

 

「衆」は「邑人」の形を表し、不特定多数の人をいう。「允」は罪人の手を後ろにし縄で括った形。裏卦において三陽が九五に従いあるいは九五に迫る。坎には罪、獄の象意がある。「允」には訊問する、真の供述を得る、ゆるすの義がある。また貞卜の結果に対する追認の意味もある。資格を得る時に允可(許可)を授かる儀式があるが、「允」の元来の意味が温存されていると言える。「衆允」は今でいう衆議院議員が允可を受ける光景と見ることもできる。

 

                 

 

【九四】晉如鼫鼠 貞厲

ムササビの如く晉む。出入を厳密にして貞卜し、邪気を祓え。

 

「鼫」はムササビ。空を飛ぶ鼠。詩経に「碩鼠」という詩がある。領主が厳しくて農夫が土地を捨てて逃げ出すことを表す。この九四の爻辞は解読が非常に困難である。なぜ四爻に「鼫鼠」が出てくるのか様々な角度から見ても明確な答えが出てこない。裏卦水天需の六四に「需于血 出自穴」とある。穴から出るとある。この意味は逃げる意味に通じ、詩経の「碩鼠」に通じる。さらに六三の「衆」に関しては逃亡を確認する卜占の事例がある。以上のことから火地晉には何かから”逃亡”する状況が現れているとみる。次は”逃亡”の形が卦のどこに現れているのかということである。ムササビは木から飛び降りるが、この姿が卦の形とみることも出来よう。この場合、木は上九である。上九の木からぶら下がっている姿でもある。「鼫鼠」は逃げる、飛ぶの象意から上九から逃れようとしているとみることもできる。また裏卦水天需においては九五の直下に隠れる陰質な「鼫鼠」(小人)とみることもできる。

 

【六五】悔亡 失得勿恤 往吉无不利

①悔いはない。失うものと得るものがある。その憂いを祓え。

 希望するところへ向かえば成果を得てよきことがある。

②神の怒りを鎮めよ。失望する時も成果を得る時も、恤(つつ)しみ祓え。

 保護霊のもとを離れ、契刻した誓約の実現を求める。収穫なきことなし。

 

【上九】晉其角 維用伐邑 厲吉无咎 貞吝

①その角に進む。移り気なものたちを止め、国境の反乱を討伐する。

 危険であるが進んで吉である。咎めはない。身を慎しみながらも、

 過ちを改めること憚る。

②それ角に進む。進退を卜しもって異方を撃つ。邪気を祓い契刻した誓約の

 実現を求めよ。神罰なからん。出入を厳密にし貞卜せよ。凶事である。 

 

「伐邑」は辺境の異族を討伐することであろう。

 

 

                                               地火明夷  

 

 

【初九】明夷 于飛垂其翼 君子于行 三日不食 有攸往 主人有言

【六二】明夷 夷于左股 用拯馬壯 吉

【九三】明夷 于南狩 得其大首 不可疾貞

【六四】入于左腹 獲明夷之心 于出門庭

【六五】箕子之明夷 利貞

【上六】不明晦 初登于天 後入于地

 

「明」は窓から月光が入る形。神を迎えて祀るところから、神明の徳を表す。「夷」は人が腰をかがめて坐る形。東方の族。この卦の裏卦は天水訟であり、「訟」は訴訟、訴え事の義である。地火明夷の爻辞は非常に難解で、卦の形と爻辞との結びつきが容易に得られない。「明夷」は一体何を表しているのだろうか。

 

明夷の形の特徴は下卦の離(明)が上卦の坤(地)の下にあるということ。従って地上を照らす明かりが消えた状態となる。六つの爻辞を見ると、下卦の三爻はすべて「明夷」から始まり、地の下にあることを強調する。六四に至り「出」の字が現れ、地表から出たことを現わす。

 

【初九】明夷 于飛垂其翼 君子于行 三日不食 有攸往 主人有言

明徳が傷つけられる。行き飛んでその翼を垂れる。

君子は突き進み三日間食にありつけない。行くべきところがある。

主人は(に)訴えることがある。

 

「飛」「垂」「翼」の文字から鳥が木の枝に止まり、翼を垂れて休んでいる姿が見える。卦全体を見ると鳥というよりもコウモリか、あるいは賓卦火地晉の九四「鼫鼠」(ムササビ)のようにも見える。下卦の離は目を現わし、上卦の坤は枝からぶら下がる足にもみえる。「君子」の定位は第五爻と考えられるが、この場合の「君子」はどの爻を指しているのだろうか。初九が変爻すると地山謙となる。

 

【初六】謙謙君子 用渉大川 吉

 

ここに「君子」が出てくる。地山謙の「君子」は九三と見てよい。故に「謙謙」となり、謙虚で何かに励む姿が描かれる。このようにみると地火明夷初九の「君子」も九三の意が強い。地下に潜った状態であるから実力を発揮できず、「三日不食」となる。「主人有言」の「言」は裏卦天水訟の初六にもある。「不永所事 小有言 終吉」。「言」は小言、不平を表すから、八卦の兌、気学の七赤であろう。つまり天水訟の初六が変爻することによって下卦が兌となる。これを「言」とみたのではないか。地火明夷の裏卦天水訟をさらに上下逆転させた賓卦水天需をみる。ここから地火明夷では確認できない別の状況がみえてくる。

 

【九二】需于沙 小有言 終吉

【上六】入于穴 有不速之客三人來 敬之終吉

 

水天需の九二「小有言」は上位に対するものであり、おそらく九五に対する「言」であろう。そして水天需の上六は裏卦に置き換えさらに上下逆転させると地火明夷の初九に当たる。「不速之客三人來」の「速」は祭事や獄訟に招くこと。はやいの他にまねく義がある。速(まね)かざる客三人来る。この状況が「主人有言」の裏側且つ逆の立場から見た状況となる。従って「主人有言」は主人に対して小言を言う客が三人来る状況でもある。

 

【六二】明夷 夷于左股 用拯馬壯 吉

明徳が傷つけられる。左股にうずくまる。馬の如き勢いをもって救いあげる。吉である。

 

六二の「左股」は六四の「左腹」に応じる。従って「股」とは裏卦天水訟の九四を股の位置とし、その九四(股)にとっての夷狄が九二となる。「用拯馬壯 吉」は風水渙初六にも出てくる。 

 

「拯」は人を引き上げて救う形である。風水渙の六三が変爻すると巽爲風、その裏卦は震爲雷となり馬が疾走する形となる。さらに風水渙の初六が変爻すると風澤中孚(裏卦雷山小過)となり馬匹の形が出てくる。一方地火明夷の「拯」は六二変爻による地天泰の形と連動するものと見る。「泰」の字は溺れる人を救う形である。 

  

                 ♦

  

【九三】明夷 于南狩 得其大首 不可疾貞

①明徳が傷つけられる。南方に進んで征伐し、手柄を立てんとする。

 承認を拒まれ疾にて出入りを厳密にする。

明徳が傷つけられる。南方に進んで征伐し、手柄を立てんとする。

 疾に関する貞卜を拒む。

 

「南狩」とは九三が上卦の南方を征服する形を現わす。この場合「大首」を六五の座とする。六五を刺激し「大首」となると六五は変爻し水火旣濟となる。

 

【水火旣濟九三】高宗伐鬼方 三年克之 小人勿用

【火水未濟六二】未濟 征凶 利渉大川

 

上記二つの爻辞から「于南狩」は「伐鬼方」に該当し、「不可疾貞」は「三年克之」及び「征凶 利渉大川」の状況に通じる。この場合、急いで事を行うのではなく三年かけて克服すべきであり、無理に征服しようとすることは凶となる。但し火水未濟の利渉大川」は凶であっても大川を渡れの意となる。一方、上六が変爻すると裏卦は澤水困となる。その六三「困于石 據于蒺藜 入于其宮 不見其妻 凶」とある。ここで「蒺」が用いられるということは、上六の変爻も障害とみているのだろう。

 

【六四】入于左腹 獲明夷之心 于出門庭

左腹に入る(佑助を得る)。夷狄の心を奪う。ここに門庭を出る。

 

「左腹」をどのように捉えるか。上卦の坤を「腹」と見なしているのか、あるいは裏卦天水訟の上卦乾を「腹」と見なしているのか。「左」は単なる左右の意味ではなく、呪具を持ち助けを求める義である。助けを求めているのは誰なのか。六二の「左股」と六四の「左腹」が応じていることから、二つの爻の関係は表ではなく裏の関係を表していると見るべきである。そうすると「左腹」は上卦の乾のことを言い、「明夷之心」は下卦の坎の中心である九二となる。このように推察していくと、「左」の助けを求める爻は裏の九二と見るべきであろう。

 

【六五】箕子之明夷 利貞

箕子の明徳が傷つく。身を慎しむのがよい。

 

「箕子」は殷の政治家。箕子が殷の紂王の無道を諫めて聞き入れられず、狂人を装い身を隠したという逸話がある。この逸話から推察すると「明夷」は明徳が傷つけられた夷狄の人という意味になる。六五箕子之明夷」は九三の「疾貞」に応じる。箕子が狂人を装い身を隠した形が疾貞」に現れる。

 

【上六】不明晦 初登于天 後入于地

①明らかならずして晦(くら)し。初めは天に登るが後には地に入る。

②明らかならずして晦(くら)し。天帝に登進して見事し、出処進退を占い

 その地に入る。

 

「明晦」の「明」は下卦の離、「晦」は上卦の坤の象意。「初」は「衣」と「刀」から構成される字で「衣」は神衣を意味する。殷の祭名でもあり合祭を表す。従って「初登」は九三が上位に見事する形であり、「初登于天」は天帝に謁見する神事であることが分かる。これは九三の六五に対する見事であろう。「登」は登進、登薦の義。事案解決のために天帝に報告し命を受ける義務があったとされる。「後」は進退に関する呪儀で敵の後退を祈る呪儀。

 

卦の形を見ると九三が上卦の坤へ上っていくことを「初登于天」の形とする。同時に坤の未開の地へ足を踏み入れる形でもあるから、「後」の進退に関する呪儀の意味が生じる。初めは天に登り後には地に入ると訳すこともできるが、文字の意味を忠実に訳すと、天帝へ謁見する儀式と未開の地へ進出する進退の儀式の二つの異なる状況が現れる。爻辞は文字の元来の意味を忠実に繋げていくことにより、卦の形と文字の象意との一致が見えてくる。六五変爻による水火旣濟の彖辞に「旣濟 亨小 利貞 初吉終亂」とあり「初」が用いられる。九三の爻辞「得其大首」にもあるように九三は六五の地位を奪わんとする動きがあり、このことが六五の変爻を促し水火旣濟の形へと導く。

 

【水火旣濟九三】高宗伐鬼方 三年克之 小人勿用

【水火旣濟九五】東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福 

 

水火旣濟において未開の地「鬼方」を征服する義と「東鄰」「西鄰」による合祭及び宗周に見事する義が明確に現れる。ここでもう一つの「初」の解釈を提示したい。「初」は「衣」を含む文字で、古来より「衣」は魂が乗り移るものと考えられていた。「初」には受霊の意味があり、その意味は魂が乗り移る「衣」からもたらされる。「衣」には襟が重なる形があるからその形が卦に現れているとみる。六五が変爻すると水火旣濟、六二が変爻すると地天泰となる。この形は賓卦と裏卦の同一形となり、下卦を上卦に折りたたむように重ね合わせると陰陽が完全に和合する。この形が受霊、合祭の儀をもたらしていると推察する。乃ち六二または六五のいずれかの変爻によって、上下卦の陰陽和合が図られる。

 

 

                                               風火家人  

  

 

【彖辞】家人 利女貞

【初九】閑有家 悔亡

【六二】无攸遂 在中饋 貞吉

【九三】家人嗃嗃 悔厲吉 婦子嘻嘻 終吝

【六四】富家 大吉

【九五】王假有家 勿恤吉

【上九】有孚威如 終吉

 

「家」という字は元来は地鎮を行った廟所の意味である。従って「家人」とは廟としての家を管理する者であるから領主、一家の主人の意となろう。爻辞の「家人」は九三で用いられる。このことは九三が「家人」の主体であることを物語る。「家人」を一目見て分かることは吉が非常に多いということである。初九以外すべての爻に吉が付く。吉は単にめでたい、よいの意味ではなく、儀式用語として位置づけられる。一方風火家人を上下逆転させた賓卦は火澤睽となる。この火澤睽に家人の意味を裏付けする「主」「元夫」の用語が出てくる。但し火澤睽の睽は背く意味である。八卦の上下が入れ替わることで、家を守る形と乱す形に分かれることに注目したい。

 

【九三】家人嗃嗃 悔厲吉 婦子嘻嘻 終吝

①家廟を守る人(主人)は繰り返し豪語する。危うきことあり、後悔すること

 あるが、最後は纏まる。婦人はこぞって喜び、最後は恥をかくことになる。

②主人は繰り返し豪語する。危うき事あり後悔する。契刻した誓約の実現を

 問われる。婦人は嘻嘻として声を上げる。締結すれば禍となる。

 

卦の主爻は九三であると述べた。ではなぜ九三が「家人」の主となるのか。その一つの理由は卦の構造にあるだろう。それは上下の陽爻の中に坎が入る形とその坎の陽爻が九三の位置に入ることである。この坎の陽爻が「家」の中心となり、廟所の根源となる霊廟すなわち祖霊を祀るところとなる。このことは風火家人の上九が変爻した水火旣濟の九三、九五の爻辞によって裏付けされる。

 

【水火旣濟九三】高宗伐鬼方 三年克之 小人勿用

水火旣濟九五東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福

 

水火旣の九三には「高」「宗」の文字が見られる。「高」は家人の「嗃」にも通じる文字であり、神の憑依するところの義がある。また「宗」も霊廟、宗廟を表す文字で「家」と同系の意味を持つ字である。従って九三という位置は霊が降臨するところ、霊を祭るところとして見なされていると捉えたい。

 

 

【九五】王假有家 勿恤吉

王は立派に邦族(家族)を治める。恤(うれ)いを祓い契刻した誓約の実現を求める。

 

「假」は玉石を分かつ以前の形である。「假」は「仮」の旧字であり、また金文では立派でありがたい「叚休」の意味としても用いられる。ここでは立派でありがたい義が強いが、「假」を仮の意味として捉えることも想定しておく。九五は中であり君主の位置であるから「仮」の位置とも考えにくい。この場合「仮」は九三の位置の事を示していると考えられる。そのように捉えると九五から見た九三は本拠地の都から離れた国境となり、場合によっては鬼方となる。そこに仮の宗廟を建てる形と見受けられる。 

 

気学で捉えると、家の内部を切り盛りするのは巽(四緑)、外部との折衝全般を担うのは乾(六白)となる。「家人」は一家の主人のことを物語る卦であり、爻が上がっていくに従い「家人」としての地位が定まる様子が伺える。九五に至ると王が仮の家(都)を建てる段階に至る。そして「勿恤吉」は九三という位置に対する「恤」であり、これを勿(はら)え」と言っている。このことは九三という位置が易にとって非常に神聖且つ警戒すべき位置であることを物語る。

 

 

                                                火澤睽  

  

 

易経の爻辞にはまことに多彩な表現がある。その中で最も奇想天外なものの一つが火澤睽の爻辞である。易の爻辞には一見何を説明しているのか不明なものが多い。特に火澤睽の六三と上九はまるで幻覚、幻想、妄想のようである。

 

【六三】見輿曳 其牛掣 其人天且劓 无初有終

車を曳くのを見ている。その牛は曳きとどめられる。その人は髪切られ鼻切られる。始めなくして終わりあり。

 

【上九】

睽孤 見豕負塗 載鬼一車 先張之弧 後説之弧 匪寇婚媾 往遇雨則吉

背いて孤立する。豕が泥を背負うのを見る。鬼を一台の車に載せる。先には弓を張り 後には弓をとく。寇するにあらず婚媾(結縁)せんとする。往きて雨にあえばすなわち吉。

 

「睽」は「目」と「癸」から成り立ち、そむく意味を持つ。「癸」は物を立てる台座の付け足が交錯する形。この形から相い背く意味が生まれる。「癸」はみずのととも読み、十干の一つで子と丑との境界線に位置する。火澤睽は背く意味から仲違いの卦となり、特に夫婦、男女の仲違いと推察する。それは九二の「主」、九四の「元夫」、上九の「匪寇婚媾」によって察しが付く。

 

【九二】遇于巷 无咎

【九四】睽孤 遇元夫 交孚 厲无咎            

 

                                                      ♦

 

街中で偶然あるいは奇遇にも「遇」う。「元夫」に「遇」うという文言がこの二人の状況を暗示する。夫婦であれば既に別居しているのかもしれない。「睽孤」の「孤」がそのことを物語る。相手に対していまだ気持ちの収まりがつかず膚をかむ。そしてなぜ、どうしてと咎める。六五の爻辞「悔亡 厥宗噬膚 往何咎」がそのことを物語る。この卦を通しで見るとお互いに不信感を抱き、その不信感が終には幻覚、妄想にまで発展しているようにみえる。但し上九の爻辞にはもう一つの展開が記される。

 

最初は互いに気持ちが張り合っていて一歩も譲らないが、後には気持ちが緩み相手の話を聞ける状況に至る。「匪寇婚媾 往遇雨則吉」はそのことを示す。相手に仕返しをするのではない。もう一度よりを取り戻そうとしている。思い切って会えば雨が降る。雨は情が通じることだろう。

 

「往遇雨則吉」の「則」は何でもないように思える字であるが、易の判断においては事の結末を知るうえで重要な鍵を握る文字となる。単に”すなわち”と訳するだけでは「則」の本当の意味は伝わらない。「則」は鼎の側面に刀で銘文を刻する義である。金文では改まった行い、節度を弁えた行いで使われる。従って節度を弁え、分別をつけた結論を出す状況と考えられる。そうすれば吉だという。相手に対し不信感や疑念がわいているうちは向き合っても話は進まない。瀬戸際に至り心の内を明かすと情が通じる。そして分別つけた結論を出し、誓約の証として銘文を刻みなさいと易は教えているように思う。

 

火澤睽は八卦の離と兌の組み合わせで作られ、気学では九紫と七赤となる。九紫は物事を規律通りに進める気質で一切の妥協を許さない。一方七赤は物事を厳密にすることを嫌い、規律を緩め現場でやりやすいよう変える。さらに七赤は見落としや見間違いが多い。このことも九紫の琴線に触れる。一方九紫の気質にも弱点がある。責任ある立場になると偏ったやり方を押しつけ、融通が利かず、非情な評価をするところがある。そこも九紫と七赤のそりが合わない理由となる。

 

但しこの二つの気は互いの役割を弁え特定のポジションに至ると絶妙なコンビとなり、互いの力量を思う存分発揮することがある。相性とは互いの役割の事で、単にそりが合わないからと言って可不可で決めることはできない。あるポジションでは二人の相性は不安定であるが、あるポジションに至ると二人の相性は絶妙に重なり合う。そういうものが相性である。相性は波動の法則であり音楽と同じ理論で動いている。たとえ不協和音でも音の組み合わせ方次第で得も言われぬ音楽が出来上がる。     

 

 

                                               水山蹇  

  

 

【彖辞】蹇 利西南 不利東北 利見大人 貞吉

行き悩む。西南に向かうのがよい。東北に向かえば不利益を被る。見識ある人に従うのがよろしい。貞卜によって出入を厳密にする。神意に適う。

 

蹇は行き悩む義。彖辞の西南は坤方で庇護を得られる方位。東北は艮方で方向転換、環境変化の方位。西南は質素な生活を営む方位で贅沢をしなくなる。また母親や年配の女性から何かと手助けが得られる。故に「利西南」となる。一方東北は環境や方針を変える時に向かう方位であるから、人事異動、引継ぎが生じ、場合によっては仕事が複数重なり兼務するようになる。故に東北へ向かってことを起こすと負担が増す。但し東北は「不利」という表現は気学的には正確ではなく、東北でもタイミングが良ければ新たな道を発見でき、事業の発展や人脈の蓄積が見込める。

 

方位というのはどの方位が良いというわけではない。”いつ行くか”と”その目的は何か”で決まる。ではなぜ水山蹇の彖辞は西南はよく東北は不利と表現したのだろうか。水は坎で北を意味し、山は艮で東北を意味する。ここには西南の象意は見られない。ならば彖辞の西南、東北は卦の形から発想を得たものではない。この謎を解くために他卦の方位に関する記述を参照してみる。以下、方位の記述とともにその教訓をまとめてみた。

 

【坤爲地彖辞】

坤  元亨 利牝馬之貞 君子有攸往 先迷 後得主 利西南得朋 東北喪朋 安貞吉

西南は庇護者を得、東北は環境変化が生じ、人事交代が起きて朋友を失う。

 

【風天小畜彖辞】

小畜 亨 密雲不雨 自我西郊

恩沢は西からやってくる。

 

【澤雷隨上六】

拘係之 乃從維之 王用亨于西山

西山とは文王が祀られた岐山のことと考えられる。易に出てくる西は聖都のある場所を意味する。

 

【地火明夷九三】

明夷 于南狩 得其大首 不可疾貞

南に行って大きな成果を得る。

 

【水山蹇彖辞】

蹇 利西南 不利東北 利見大人 貞吉

方針転換よりも一つのことに徹し庇護者を得るのが良い。

 

【雷水解彖辞】

解 利西南 无所往 其來復吉 有攸往 夙吉

西南に庇護者を求める。解放される。

 

【地風升彖辞】

升 元亨 用見大人 勿恤 南征吉

昇格する。目的が定まり南に行く。

 

【雷山小過六五】

密雲不雨 自我西郊 公弋取彼在穴

雨(恩沢)は西からやってくる。

 

【水火旣濟九五】

東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福

東隣の贅沢な祭りよりも西隣の質素な祭りのほうが多福を得られる。       

 

                    ♦

 

坤爲地の彖辞にも西南と東北が出てくる。ここで重要な記述は「利西南得朋 東北喪朋」である。すなわち水山蹇の西南の利と東北の不利の理由がここで述べられる。易の作者は東北は朋友を喪う方位であると言っている。このことは先に述べた東北の環境変化に伴って起きる現象であるから理解できる。易の作者は東北を安定ではなく不安定且つ労苦を伴う方位と見ている。水山蹇の場合は下卦に艮の東北(艮)はあるが西南(坤)がない。このため八卦の象意から直接発想を得た辞ではないようにみえるが、上卦の坎の九五が柔に転じ変爻すると、上卦が坤下卦が艮となり地山謙の形となる。すなわち九五が柔(陰)に転ずべきことを説き、「利西南得朋 東北喪朋」という辞を記した可能性もある。

 

ところでこの卦は気学的な解釈をするとまた別の見方ができる。気学では坎(水)を一白、艮(山)を八白とする。一白は中宮に入ると震宮に八白が入り三碧が兌宮に入る。三碧の震と八白の艮は真逆の形で、震は進む艮は止まる、下がるの象意となる。従って一白は八白と三碧が東西に並ぶと互いが真逆の方向へ進むため右往左往し振り回される。これが一白の水が溢れると四方八方に広がり方向を定めず流れていく所以である。一白と八白、一白と三碧との関係は、易にも同じ傾向が現れる。上卦を一白、下卦を八白とすると水山蹇となり、下卦に三碧が入ると水雷屯となる。いずれの卦も行き悩む卦の代表である。総じて水(坎)の気は扱いにくい。水は量を間違うと苦しみとなり時には毒となる。水とは愛情であるが、その量が多すぎると拘束となり苦しみとなる。八白と三碧は一白との関係において、しばしば”量”を間違い、このことが行き悩みの原因となる。

 

【初六】往蹇 來譽

【六二】王臣蹇蹇 匪躬之故

【九三】往蹇 來反

【六四】往蹇 來連

【九五】大蹇 朋來

【上六】往蹇 來碩 吉 利見大人

 

水山蹇の形を見るとき、どの爻が行き悩んでいるのかという視点で見ると蹇の全体像がみえてくる。九五を主人、主君とすると、九三は境界線に位置する臣下であり、謁見を求める臣下、あるいは反乱の恐れがある辺境の異族となる。この卦で頻繁に用いられる「來」は往来の意味もあるが、貢物を献ずる義でもある。初六は行き悩むが貢物を携えて来れば「誉」とする。六二の「王」は九五、「臣」は六二または九三と見る。この場合九三が上位にいて六二は九五の「王」に謁見しがたい。九三は謁見できる位置に入るが、反乱を招く位置にもなる。故に「來反」となる。「反」は崖に手をかけてよじ登る形で、金文に「東夷大いに反す」とあるから反逆、反乱の義とする。六四の「來連」は裏卦の象意と推定する。裏卦火澤睽では九四が九二と上九の間に挟まる。「連」は手車を表す文字であり、陽爻-(坎)-陽爻の形を手車の形とみると、九四が九二と上九に連結する形となる。九五の「大蹇 朋來」の大いに蹇(なや)む人は坎の九五。「朋」は貝を綴った形である。金文では貝を贈与することが書かれているから、「朋來」は”朋友が来る”のみならず”貝をもたらす”意味として解釈すべき。すなわち「大蹇」(大いになやむ)原因は九三の反逆であり、その九三が九五に貢物をもたらし帰順する形とも受け取れる。上六に用いられる「碩」は他卦でも用いられるが、神事をあずかる人であり、満ち満ちた、おおいなりの義となる。山地剥の上九に「碩果不食 君子得輿 小人剥廬」とあり、ここにも「碩」が用いられる。この文字は最上位に位置する爻に使われる。  

 

 

                                               雷水解  

  

 

【彖辞】解 利西南 无所往 其來復吉 有攸往 夙吉

 

雷水解はしがらみ、拘束、蹇難から解放される卦である。西南によろしという文言は西南が苦痛から解放される方位だからである。気学的な解説をすると、西南が吉方位のタイミングであれば西南は庇護者を得られ、拘束された環境や肉体的労苦から解放される。西南は母親の方位でもあるから、その庇護者は大方母親となる。同時に西南は養育を表す方位であるから、親子関係が緊密となり、子が親を扶養し面倒を見るようにもなる。すなわち家族関係がより緊密になる。また坤の象意である土は忍耐努力の象意でもあるから、誰かに付き従い修行に入る人も出てくる。坤には十年の意味がありその修業は十年間続く。彖辞にある「復」は故郷に戻る意味と元の元気な自分に「復」活する意味もある。卦の形を見れば下卦の悩みを意味する坎の上に、支障なく一気に突き進む上卦の震がある。

 

【六三】負且乘 致寇至 貞吝

重荷を背負いあるいは勢い進む。寇至るを致す。出入を厳密にして貞卜する。凶事である。

 

「負且乘」は卦の形を表したものであろう。上に九四の剛がおり、下に九二の剛がある。六三はその間に挟まれるから、九四を背負い、九二に乗る形となる。同時に裏卦では九三が九五と初九の間に挟まれ、九三という境界に不安定化した形で入る。これが負担となり且つ勢いに乗じて自分の領分を超えてしまう。

 

「致寇至」は水天需の九三でも用いられる表現であるが、気学的に解釈しやすいのは雷水解の方である。雷水は三碧と一白に当たる。一白が中宮となると三碧は兌宮に入る。この関係を「致寇至」関係と私は捉えている。三碧と一白は特別親しい関係になりやすく、そのことが逆に一白への「寇」となり、同時にその「寇」が自分に戻ってきやすい関係となる。この関係性が雷水の境界に位置する六三に顕著に現れる。では水天需九三の「致寇至」関係はどのような構造から出てくるのだろうか。 

 

水天は坎と乾であり、一白と六白の関係となる。一白が中宮すると六白は一白の定位である坎宮に不安定化した形で入ることになる。この位置の六白は一白と一心同体の状態で、六白が成すことはそのまま一白の負担となり、一白が成すことはそのまま六白の負担となる。これが気学的な「致寇至」状態とみる。さらに九三は乾の一番上の爻となり、上卦と下卦の境界に位置するから気の状態が不安定化する。これを国境とすると、国境は常に異族や他国と接するところであるから有事が起きやすい。つまり九三は九五の地位を脅かす存在で、場合によっては謀反を起こす位置となる。これが水天需九三が「致寇至」となる理由と考える。 

 

 

                                               山澤損  

  

 

物事には常に表と裏があり、表の現象だけを見ていたのでは真相は分からないと易は教える。減損の裏には増益があり、増益の裏には減損がある。エネルギー保存の法則は見かけは変化してもエネルギー全体量は変わらないことを示している。それでも人間が損益に拘るのは表の物質現象のみにとらわれるからであろう。気のメカニズム、気の法則を知ると、損益は見かけの現象に過ぎず、いずれ平均化されて安定的状態に戻ることに気付かされる。

 

【山澤損六五】或益之 十朋之龜弗克違 元吉

一時的にこれを益す。十朋の亀で卜占しても違うことはない。大いに吉である。

 

「或」は城郭を表し矛を持って守る形象とする。限定的、一時的の意味がある。この爻辞は一時的に派遣され、逆境を乗り越え成功を収める状況を表している。金文に「貝十朋」を賜与する記述がある。「朋」は貨幣としての貝を綴った形であり、一朋は貝が二枚となるから、「十朋之龜」とは左右十匹を束ねた亀となり、多数の非常に高価な亀の意味となる。易は現在では筮竹を分ける形をとるが、元来の卜占は亀甲や牛の肩甲骨を焼き、そのひび割れを見て天意、神意の吉凶を判断した。そのことが山澤損のこの爻辞に現れている。この爻辞は「元吉」という非常にめでたい意義を持っている。「十朋之龜」が「益」にお墨付きを与えている。この爻辞は風雷益においても同じ表現が用いられる。

 

【風雷益六二】或益之 十朋之龜弗克違 永貞吉 王用享于帝 吉

 一時的にこれを益す。十朋の亀で卜占しても違うことはない。末永く身を慎めば吉である。王は天帝に貢物を献ずる。吉である。

 

「帝」は「王」より上の概念と考える。ここでは地方の王が天帝に恭順の意を表し貢物を納める場面とみる。「或」は「國」に通じる。つまりこの文字は辺境の国境管理を表す文字ではないかと私は捉えている。その最大の理由は「或」が城郭を表し、矛を持って守る意味があるからである。ある人物が王より辺境の国境管理及び統治を命じられる。

 

                

 

ではなぜ山澤損、風雷益の爻辞に「十朋之龜弗克違」という表現が出てきているのか。この謎を解く鍵はやはり卦の形、その変化推移にある。この表現が用いられる爻は山澤損の六五、風雷益の六二である。風雷益は山澤損の賓卦であるから実質的には同じ位置関係となる。易は要所要所で卦の形を文字の形象に置き換える。この場合は「龜」の形が卦の中にあることが伺える。ならば「龜」の形はどこにあるのか。その答えは変爻にある。

 

山澤損の六五が変爻すると風澤中孚となりその裏卦は雷山小過となる。また風雷益の六二が変爻しても同じ形となる。亀卜の形を見たことがある人は雷山小過の形を見れば気付くはずであるが、上下卦の境界を軸にすると左右対称になる。この形が亀卜の形となる。もう一つは山澤損の九二が変爻した山雷頤である。この形も上下卦の境界を軸にすると左右対称となる。山雷頤が亀卜の形であることは以下の爻辞を見れば確証を得られる。

 

【山雷頤初九】舍爾靈 觀我朶頤 凶

 

従って山澤損、風雷益は卦の形が亀卜の形となり得ることを示している。「十朋之龜弗克違」という表現は「十朋之龜」で卜占しても「違」う結果にはならないと解釈したが、もう一つは「十朋之龜」で卜占するまでもなく正しいとの解釈も可能であろう。この場合、山澤損、風雷益の形をそのまま維持しなさいとの教示とも受け取れる。山澤損の中には山雷頤の一陰不足の形が含まれる。それは九二から上九の形である。さらに坤の「十」の象意が「十朋」の「十」に現れる。山澤損の山は艮であり下卦の澤は兌である。艮は財産蓄積を意味し、兌は恩沢、富を集める象意である。故にこの形を維持すべき利点がある。この卦は六四が最も変爻しやすく、六四が変爻すると火澤睽、水山蹇となる。火澤睽は背き合う卦。水山蹇は行き悩みの卦である。

 

【山澤損六四】損其疾 使遄有喜 无咎

定員を損失する。そのことが傷(負担)となる。祭祀の使者として速やかに行けば収穫ある。咎めはない。

  

この卦は収益のみならず人員の増減のことを示している。「損」の中に含む「員」は鼎の意味で、鼎によって薦めるものを数える意味である。従って人員、定員を数える意味が「損」に含まれる。六五の「或」は一時的、限定的の意味であるから、定員として増やすのではなく、状況に応じて限定的一時的増員で対処せよとの教えとも受け取れる。「使」は祭りを取り行う使者で、内祭を意味する。この字は「事」に通じ、「王事」を代行して取り行う意味がある。これは今でいう人事移動、地方への赴任であり、内祭とは現地の諸々の運営を取り仕切ることに当たる。「疾」は六四の危うい状況を示す。六四は坤の真ん中にあり上九と九二の中間に入る。坤は空虚を示し邪気が入る隙があるから「疾」に罹りやすい。またそのような「疾」が原因となり人員を損失することを懸念したとみえる。この「疾」を克服し、王命を忠実且つ遄(すみ)やかに遂行すれば「有喜」となる。

 

 

                                               風雷益  

  

  

【風雷益六三】益之用凶事 无咎 有孚中行 告公用圭

凶事のために増員する。咎めはない。抜擢され中軍の将は異方へ進む。瑞玉をもって鬯酒を賜り延前で告祭する。

 

「事」は外で行う祀りで「王事」を意味する。「中」は中軍の将。「告」は枝に祝祷を収める器を付けた形で外祭に用いた。「告」は禍に際し臨時的に行う祭祀であった。さらに告祭が終わると新封の井に祖霊を移す遷座の儀礼が行われたという。六三の「凶事」、六四の「遷國」がこの言説を裏付ける。「圭」は鬯酒を酌む玉器で諸侯を封ずる時の瑞玉。使者のしるしとして用いられたという。三爻は上下卦の境界線であり、辺境、国境の位置とする。故に「凶事」に際し最強の「中」軍の将を派遣し国境を固める。

 

【風雷益六四】中行告公從 利用爲依遷國

将軍は異方へ出向するにあたり宮廟の延前にて服従を神に告げ祈る。権益を得て新邑を造営し異方にて合祭し遷國する。

 

易の三爻、四爻、上爻は運気の境目であり、凡そ危うい爻辞が多い。「或」はそのことをよく示す文字である。「或」は山澤損、風雷益の五爻を除き、原則的にこの位置に現れる。爻辞の文字は明確な意図をもって配置されている。このことは「或」「國」の用いられ方に如実に表れている。

 

この爻辞のもう一つのポイントは「依」の文字に現れる。「依」の「衣」は受霊に用いる霊衣で、これを身に着けることによってその霊に依りこれを継承する意味があった。詩経に「京に于(おい)て斯(すなわ)ち依る」とあり、都作りの詩として記載される。この用法が「遷國」に繋がっていく。「衣」の受霊とは魂が乗り移ることであるから、その形が卦のどこかに現れていると見なければならない。この卦は上卦が巽、下卦が震となり八卦の陰陽が逆転している。つまり上卦と下卦が重なり合うと陰陽が和合する。この形を受霊の形と見なし「遷國」すべき形と見たのではないかと推察する。

 

 易が成立した時代においては文字は神との交信の手段であった。爻辞における文字の選択と配置の法則性は、文字が単なる人と人を繋ぐ手段ではないことを明白に示している。

 

 

                                        

 

 

「或」「國」が使われる爻辞を参考に掲げる。

 

【乾爲天九四】躍在淵 无咎

【坤爲地六三】含章可貞 從王事 无成有終

【天水訟六三】食舊德 貞厲終吉 從王事 无成

【地水師六三】師輿尸 凶

【地水師上六】大君有命 開承家 小人勿用

【地山謙上六】鳴謙 利用行師征邑

【風地觀六四】觀之光 利用賓于王

【天雷无妄六三】无妄之災 繫之牛 行人之得 邑人之災

【雷風恆九三】不恆其德 承之羞 貞吝

【風雷益上九】莫益之 撃之 立心勿恆 凶

【風山漸六四】鴻漸于木 得其桷 无咎

【風澤中孚六三】得敵 罷 

【雷山小過九三】弗過防之 從戕之 凶

【火水未濟九四】貞吉悔亡 震用伐鬼方 三年有賞于大

 

「或」という文字の爻位置が正確に表されることは、国境守備の困難さ、危うさ、重要性を何よりも物語っている。国境守備においては兵を「損」せずこれを「益」し、決して甘く見るなとの教えが示されているように思う。そしてなぜ「或」が山澤損、風雷益において例外的に二爻及び五爻に現れるのか。その理由の一つはこの位置の変爻を戒めるためであろう。もう一つの答えは六四「中行告公從」の「中」の意味に現れているように思う。

 

「中」は中軍の将。最も秀でた将軍である。すなわち国境管理を最も秀でた将軍と主力の軍勢に任せ、盤石にして統治を揺ぎ無くしようとしている。山澤損、風雷益は人員の増減を表した卦でもあり、国境管理の強化を示している卦でもある。「或」が六五と六二という中に現れる理由は、あらかじめ有事に備え最も秀でた将軍と精鋭の軍を送るからであろう。その中軍の将とは他でもない、位置を変えた”自分自身”の姿でもある。

 

 

                                               澤天夬  

  

   

【彖辞】夬 揚于王庭 孚號 有厲 告自邑 不利卽戎 利有攸往

夬。宮庭にて王の恩寵に報いる。誠心誠意、願いの成就を求める。危うき

 ことある。都の郊外(所領)より禍を告げ訴える。西戎を宗廟に招くべき

 ではない。このことを弁えれば進んでよい。

 

夬。宮庭にて王の恩寵に報いる。誠心誠意、願いの成就を求める。危うき

 ことある。都邑(異方)より禍を告げ訴える。西戎に近づくべきでない

 このことを弁えれば進んでよい。

 

澤天夬は裏卦の山地剥同様、陰陽著しく偏りバランスが悪い。末端のみ陰陽が異なるため、何かの瀬戸際の状況を表す。「號」「告」「戎」の文字はいずれも凶事を物語る。

 

「夬」はゆがけまたは刀器を持つ形。天澤履の九五に「夬履 貞厲」とある。この「夬」は決然としての意味となる。「履」は未開の地へ足を踏み入れる時の践土儀礼であるから異国への進出となり、五爻であっても「貞厲」(出入りを厳密にしても危険)となる。「揚」は金文に「王の休(たまもの)に對揚す」とあり、恩寵に報いる意味として用いられる。故に「王庭」の文言が続く。「告」は神に告げ祈る告祭を表すが、凶事の際に特別に取り行う祭祀であるという。「邑」は都邑の外郭であり、境界を意味する文字である。「或」も同様に国境を表す文字であり、上下卦の境界で用いられる傾向がある。「戎」は「西戎北狄」の言葉があり、西方の外敵を表す。「戎」も同様に国境の有事に関わる文字である。従って九三または上六の状況となる。

 

この卦の裏卦は山地剥であり、この形に置き換えると最も危うい境界は六三となる。山地剥は上九のみが陽となり、この存在が脅威となる。「戎」の根源は裏卦の上九とみてもよいだろう。「剥」は剥ぎ取る意味であるから上九が剥がれ落ちることを示唆する。これが澤天夬の上六に当てはまる。陽爻の塊が上六を押しつぶす勢いで上がってくる。 初九と九三の「壯」がこのことをよく現わす。「壯」は雷天大壯でも用いられる。

 

【初九】壯于趾 征凶 有孚

  

雷天大壯は澤天夬の九五が変爻した卦であり、双方とも陽爻が多く勢い盛んとなる。

 

                     ♦

 

 

【九二】惕號 莫夜有戎勿恤

恐れて願いの成就を訴える。日暮れ時に西戎の禍ある。憂いを祓え。

 

「號」は上六「无號 終有凶」に応じる。「號」は兌の象意であり、九二の状況でもあり上六の状況でもある。九二の「戎」がこのことを物語る。

 

【九三】壯于頄 有凶 君子夬夬 獨行遇雨 若濡有慍 无咎

頬骨が張り出すように強気である。禍ある。君子は決然として進む。一人行けば奇しくも雨に遭う。もし濡(うるお)えば怨まれることある。神罰なからん。

 

この爻辞も難解である。「君子夬夬」の「夬夬」は九五「莧陸 夬夬 中行无咎」に応じる。九三の動向は九五の最も強い関心事となる。裏卦の六三が変爻すると艮爲山となり、艮を刀器を持つ手とすると上下の繰り返しで「夬夬」となる。艮爲山の六二に「夬」を含む文字が現れ、九三は危険の限度に達する。

 

【艮爲山六二】艮其腓 不拯其隨 其心不

【艮爲山九三】艮其限 列其夤 厲薰心

  

九四が変爻すると水天需となる。上卦は坎の水(雨)となり、九五が一人下卦の三陽から離れる形となる。「獨行遇雨」はこの形を示しているようにみえる。この九五の「雨」に濡れることは怒り、恨みを買うことになるという。下卦の乾の熱気が怒りを表し水を蒸発させる。そして九三は九五の坎の水(情)に最も近くその影響を受ける。これが「獨行遇雨」「若濡有慍」の形ではないかと推察する。「濡」と水天需の「需」が応じることも、この推察の裏付けとなる。「濡」は山火賁、水風井、水火旣濟、火水未濟の爻辞でも用いられる。いずれの卦も坎の水が「濡」として現れる。

 

 

 

                                               天風姤  

  

   

 

【彖辞】姤 女壯 勿用取女

女帝の如く勢い盛んである。この女を娶ってはならない。

 

天風姤の爻辞は難解極まる。一陰五陽で陰陽のバランスが崩れ不安定である。この卦は爻辞と卦の形との繋がりが見えてこない。まさしく暗号のような世界である。その反面「金柅」「羸豕」「魚」「臀」「膚」「瓜」「角」のように具象化したものが多く記述される。一つ一つの単語は卦の何を指しているのか。作者はこの形から何を見ていたのだろうか。この暗号的世界を紐解くにはやはり文字の象意に当たり、爻の変化推移を見ながら同じ文字の使用例を参照し、これらの特徴と傾向を探っていくしかない。

 

この卦は初六の一陰の女性が五陽の男性を誘惑するあるいは牛耳る形とみる。また逆に五陽の男性が一陰の女性を奪い合う形にもなる。故に卦名が「姤」となる。「取」は元来戦果として耳を切り取っていたことから生じた文字である。ここから「娶」に派生し、戦果の嫁娶に繋がる文字となる。

 

【初六】繫于金柅 貞吉 有攸往 見凶 羸豕孚蹢躅

金の糸枠で繋ぐ。貞卜によって出入を厳密にし、契刻した誓約の実現を求める。応じて行くところはあるが、会見すれば災厄ある。やせた豕が捕まえられようとして行きつ戻りつする。

 

「繫」は袋を懸け垂れる形で紐でつなぐ義。「金柅」の「柅」は糸枠、車の歯止めを意味する。裏卦地雷復の六四が変爻すると震爲雷となるが、その六四に「震遂泥」とあり「尼」が応じる。山水蒙の六三に「勿用取女 見金夫 不有躬 无攸利」とあり、「勿用取女」「見」「金」が応じる。この卦は山水蒙そして後に出てくる天地否の爻辞に特に親近性がある。

 

「柅」を車の歯止めとすると車輪を歯止めするには前後から挟み込むものが必要となる。その形は上九変爻による澤風大過(裏卦山雷頤)の形に現れる。特に山雷頤の形は両端に行く手を阻む壁のような陽爻が立ちふさがる。これを車の歯止めと見ることもできよう。「金」とは固い、塊の象意があるが、易で用いられる「金」は陰爻中の陽爻となる傾向がある。このように捉えると「金柅」は裏卦地雷復の初九のことを示していると考えられる。山雷頤の形は上下の陽爻が陰爻を挟む象である。坤を「羸豕」とすると上下の垣根に囲まれ行きつ戻りつ行き悩む「蹢躅」の形となる。「蹢」の「啇」(テキ)は「帝」に通じる文字であり、この文字が上九「姤」の「后」に繋がっていく。雷天大壯に同じく「羸」の文字が出てくる。

 

【雷天大壯九三】小人用壯 君子用罔 貞厲 羝羊觸藩羸其角

天風姤の九二が変爻し、その形を逆転させると雷天大壯となる。「壯」の文字が応じるが、乾の三陽が「壯」の象意となっていると考えられる。  

 

初六の爻辞の「見凶」は何を見ているのだろうか。「見」は会見、謁見の意味でもある。九四の爻辞に「起凶」とあり初六と九四が応じ合う。また謁見する対象と考えると九五となる。但し初六は下位であり九五に直接謁見することはかなわない。初六は特定の爻ではなく五陽に会見しうる存在でもあり、五陽が初六に会見する存在でもある。陰陽のバランスが崩れているから、いずれの「見」も「凶」となる。

 

 

                                                      

 

 

【九二】包有魚 无咎 不利賓

【九四】包无魚 起凶

【九五】以杞包瓜 含章 有隕自天

 

上記三つの爻辞は特に難解。三つの爻辞に共通するのは「包」の文字である。これがどういう意味を持つのか。またどの形からこの文字が用いられるのか。そして九二、九四に共通する「魚」は何を意味するのか。これを紐解くことがこの卦を解明する糸口になる。「包」の文字は他卦でも用いられる。以下その事例を掲げる。

 

【山水蒙九二】包蒙 吉 納婦 吉 子克家

【地天泰九二】包荒 用馮河 不遐遺 朋亡 得尚于中行

【天地否六二】包承 小人吉 大人否亨

【天地否六三】包羞

【天地否九五】休否 大人吉 其亡其亡 繋于苞桑

 

天地否九五の「繋于苞桑」及び天風姤初六の「繫于金柅」において、「繫」の文字が共通して用いられることから、「繋」と「包」が関連する文字であることが分かる。天風姤では「包」む対象が「魚」となるが、その他の卦の「包」は包む対象が物ではなく心境となる。山水蒙の形は九二から上九までが山雷頤の一陰不足の形が現れ、中に坤の形を包み込む。九二の蒙昧な弟子は、上九と「繋」がる対象ではなく「撃」つ対象となる。

 

天地否六二と六三の「包」は九五の「苞」桑に繋がる。「承」は承け継ぐ意味で九五の「繋」の義に応じる。「羞」は祭肉を薦めることで恥じる意味となる。包み物を羞めるのであるから非常に丁寧な納め方となる。天地否の六三は上位に恭順し貢ぐ位置にあるから「羞」の文字を用いたのだろう。さらに天地否の裏卦は地天泰であり、「泰」は溺れる人を救い上げる意味であるから、六三は恥を忍んで救いを求める位置とも受け取れる。「包」は何か貴重なものを包み込んでいる状態である。これが”物”でなく”心”の状態となる。「包」を用いた理由としてはもう一つ仮説を掲げたい。それは地天泰、天地否の初九、初六の爻辞にヒントがある。 

 

 

                                                       ♦

 

 

【地天泰初九】拔茅茹 以其彙 征吉

【天地否初六】拔茅茹 以其彙 貞吉亨

 

この爻辞の「茅」(ちがや)である。茅は籠を編む際にも用いられ、爻辞に用いられる文字であることから非常に貴重なもの、神聖なるものとして用いられたのだろう。その茅を使って籠を編むときの形が地天泰、天地否に現れる。上下に陰陽が完全に分かれる形が交互に編んでいく形に見える。また日本ではちまきを茅で包んだとの説もある。おそらくこれら爻辞の繋がりから、「茅」を「包」みものとして用いたのではないかと考える。故に地天泰、天地否において「茅」と「包」の文字が用いられる。さらに天地否は雷風恆の九三にも繋がりを持つ。

 

【雷風恆九三】不恆其德 或 貞吝

 

この爻辞は裏卦の風雷益六三の状況を表している。天地否の六二「承」と六三「羞」が雷風恆の爻辞に応じる。こうした繋がりは決して無意味なものではなく、必ず何らかの意図を持っている。すなわち「包」と「不恆其德」がある次元に至ると繋がりを持つに至る。

 

天風姤は山水蒙とも親近性があり、爻辞も同じ文言が用いられる箇所がいくつかある。天風姤の裏卦は地雷復であるが、その六五が変爻すると水雷屯となりその賓卦が山水蒙となる。山水蒙の九二「包蒙」は地雷復の六五変爻に当たり、これが天風姤九五の変爻となって「包瓜」となる。「含章 有隕自天」の「章」は坎の象意であるから「含章」とは地雷復の六五が変爻することを暗示する。そうすると坎の水は下に落ちるから「有隕自天」(天より落ちる)となる。

 

次は「魚」について考察する。九二は「包有魚」で九四は「包无魚」となる。「包」は心の状態を表し、「有魚」ということは九二が上位の陽爻の塊についていく従順性を持つことを示している。従順性は巽の象意である。つまり魚の如く心に従順性がある。九四に至ると乾の気運に入り、付き従う気持ちはなくなる。むしろ乾の傲慢さが出始めるから従順性を象徴する「无魚」となる。さらに心変わりし変爻すれば裏卦は震爲雷となる。震爲雷は軍隊が進む形でもあるから、九四「震遂泥」震いて遂に泥(なず)むとなる。「泥」は近い、近づく意味である。「起凶」が初六の「見凶」に応じる。

 

震は勢いよく進むもので、動きが速く、集団で動く傾向がある。その性質を持った生物の一つが魚となる。故に震爲雷の六三に「震蘇蘇 震行无眚」とあり「蘇」の中に魚が出てくる。山地剥の六五に「貫魚 以宮人寵 无不利」とあり、ここにも魚が出てくる。山地剥は天風姤裏卦の地雷復を逆さにした形である。従って震または一陽五陰の形に魚の姿をみていた可能性がある。「魚」は当時の貴重な貢物であろうか。山地剥に「以宮人寵」とあるから神聖な「寵」、「宮」廷への貴重な貢ぎ物として用いられたのかもしれない。

 

最後に、天風姤九五の「以杞包瓜」の「杞」はくこの実またはかわやなぎとされる。「杞」は古代の国名でもあったから、史実を爻辞に含ませた可能性も排除できない。「杞」を含む言葉”杞憂”はとりこし苦労を意味する。これは裏卦の地雷復六五が変爻した状況を示唆する。六五が変爻すると上卦は坎となり、悩み、憂い、苦労の象意となる。この坎の水が「有隕自天」となり天から落ちる。「以杞包瓜」は何か大切な思いを心の中に「包」み隠し、貴重な袋に入れて贈り物、貢ぎ物とするのだろう。その思いは杞憂であり、取り越し苦労となるのかもしれない。

 

 

                                                澤地萃  

  

   

【彖辞】萃 亨 王假有廟 利見大人 亨 利貞 用大牲吉 利有攸往

①秀逸の人を選ぶ。祖霊を祀る。王の叚休の命に対揚し廟に祖霊を祀る。講和

 のため大人に謁見する。祖霊を祀る。出入を厳密にして貞卜し修祓せよ。

 大いに犠牲を供え神意に従え。身を清め出向するがよい。

②秀逸の人を選ぶ。祖霊を祀る。王は喪を告げて登假し、廟に貢ぎ物を供え

 る。大人に謁見し貢献せよ。出入を厳密にして貞卜し修祓するのがよい。

 大いなる犠牲をもって供え、契刻した誓約を実現せよ。身を清め出向する

 がよい。

 

この卦は賓卦の地風升と比較することが求められる。それは「孚乃利用禴」という文言が双方ともに用いられるからである。卦名の「萃」は草が乱れ集まる形。その中から秀抜のものを選ぶことを抜萃という。「卒」は衣の襟を重ねて結びとめた形。死者の卒衣。

 

【澤地萃六二】引吉 无咎 孚乃利用禴

身を引けば神意にかなう。神罰なし。誠意があればすなわち龠祭を用いるによろし。

 

「引」は弓を引く形であるが、解釈によって状況が異なってくる。こちらに引き寄せる意味の他、身を引く、引退の意味もある。「孚」は鳥が子を手で掴んでいる形。現代では誠の意味であるが、大事なものをしっかり掴む意味がある。九五「萃有位 无咎 匪孚 元永貞 悔亡」の「孚」が六二の「孚」に応じる。従って六二が九五の気を引いていると同時に、九五も六二を引き寄せているとみる。「禴」の「龠」(ヤク)は三穴の竹笛の形。神事(農事)や楽舞に用いる。「籥」は笛。 

 

水火旣濟の九五に「東鄰殺牛 不如西鄰之禴祭 實受其福」とある。「禴」は西鄰の禴祭。賓卦地風升の九二に「孚乃利用禴 无咎」とあり、「禴」を用いよとの文言が出てくる。「禴」を爻辞に用いるのは澤地萃、地風升の形が「龠」笛の形に似ていることからきていると思われる。「西鄰之禴祭」とあり、この祭りによって「實受其福」(まことにその福を受くる)とある。「龠」は神を降ろす時に用いるものである。

 

 

                                                地風升  

  

   

【彖辞】升 元亨 用見大人 勿恤 南征吉

登亨する。命を全うして廟に報告し貢献する。もって大人に謁見せよ。主君に奏上し血盟に臨む。南方を征服し契刻した誓約を実現せよ。

 

【初六】允升 大吉

【九二】孚乃利用禴 无咎

【九三】升虚邑

【六四】王用亨于岐山 吉无咎

【六五】貞吉 升階

【上六】冥升 利于不息之貞 

 

「升」は勺形の器で穀量を量る形。供薦する義。卜辞では祭名にも用いられたという。「南」は釣鐘形式の楽器の形。古くは苗族が用いた楽器であったため苗族を南人と呼んだようである。南は水山蹇にて方位を記述する卦として紹介した。易にはしばしば方位を記述する爻辞が出てくるが、必ずしも卦に用いられる八卦の象意が方位となって出ているわけではないと分析した。この卦も南を象意とする離の形が出てこない。一方、地火明夷九三に「南狩」という文言が出てくる。地火明夷と地風升には共通点がある。それは上卦に坤があることである。気の法則では上を南と見るから、坤の未開の地に進む意味として「南狩」「南征」を用いた可能性もある。 

 

 

                                                            ♦ 

 

 

地風升は「升階」(昇進する)の卦とみる。下卦の巽は従う象。二陽が南天に向かって支障なく登っていく。初六の「允」は手を後ろにしている罪人の形で虜囚を表す。恭順の意が出てくる。また貞卜の結果に対する追認の意味がある。火地晉の六三に「衆允 悔亡」とあり「允」が用いられる。この卦でも述べたが、資格を得る時の允可(許可)は貞卜の結果に対する追認の義からきている。初六の「允升 大吉」とは允可を得て昇進するから大吉となる。

 

九二の「孚乃利用禴」は賓卦の澤地萃六二でも出てくる。「禴」(やく)は禴祭であり、「龠」は神を降ろす時に用いる笛である。従ってこの卦は俗世の昇進よりもむしろ神仏に仕える人の「升階」と読み取れる。九三の「虚邑」は上卦の坤を指しているのだろう。坤は未開の地であり、易ではしばしば死者の霊が依るところとする。ここに足を踏み入れようとするのが九三の位置であるから「虚」となる。「邑」は城内の人を表す文字で、町、村の義。「衆」及び「或」「國」に通じる文字。

 

六四の爻辞には易の作者文王にまつわる「岐山」が出てくる。「王」は文王のことを指していると考えられる。上六が変爻すると山風蠱となりその賓卦は澤雷隨となる。その上六に「拘係之 乃從維之 王用亨于西山」とある。この「西山」は「岐山」と見てよいだろう。六五の「升階」の「階」は神霊に祈ることでその意が適い、多くの霊が祝祷の器に降下する形。「階」の「皆」はともに誓う義。「階」は音律を整えることを表す「龢」(和)という文字に関連するようである。故に音階、龢音となる。「龢」は九二の「龠」(笛)に応じる。上六の「冥」は死者の面を覆う巾。上卦の坤は冥界を表し魂が帰るところとなる。

 

卦の形象は九二と九三が並んで升階する形である。下卦の巽は従う象であり、上卦の坤は無欲すなわち俗世から離れた世界である。彖辞の「南征」は異族を征服する義でもあるが、気学の南(離)は学問を意味する。従って学業を修め、神仏に帰依し、升階する姿とみる。

 

 

                                               澤水困  

  

   

【彖辞】困 亨 貞 大人吉无咎 有言不信

困惑する。貢献する。出入を厳密にし修祓せよ。大人は神意に適い神罰なし。言うことあって信じない。

 

「困」は枠に木をはめて出入りを止める門限の形。木枠の形はむしろ裏卦山火賁の形であろう。「困」は困惑、困窮、困難の意味である。澤水困は坎爲水のような苦しみではなく、物質的で具体的な困惑となる。彖辞の「言」「信」は誓いの言葉の意味で上卦兌の象意であろう。「有言不信」は忠告やアドバイスを信じないこと、あるいはある言説に不信感を抱くことを表す。

 

【初六】臀困于株木 入于幽谷 三歳不覿

尻が切り株に苦しむ。幽谷に入り三年まみえず。

 

「三歳」の「歳」は犠牲に関する文字で祭りを表す。「三歳」は三年のみならず三人の犠牲の意も含むと以前述べた。「入于幽谷」は上卦の兌の象意とし、下卦の坎を「三歳不覿」とみたのだろう。坎爲水の初六に「習坎 入于坎窞 凶」とあり、上六に「係用徽纆 寘于叢棘 三歳不得 凶」とある。澤水困は坎爲水に親近性のある卦である。

 

【九二】困于酒食 朱紱方來 利用享祀 征凶 无咎

①酒食に苦しむ。朱色の印綬が異方より献ぜられる。烹飪して祭祀せよ。征服

 すれば災いある。神罰なからん。

②酒食に苦しむ。朱市を命服として賜う。烹飪して祭祀せよ。征服すれば災い

 ある。神罰なからん。 

 

下卦坎の中心である。水天需の九五に「需于酒食」とあり、同じく「酒食」が出てくる。「酒食」とは飲食の事であるが、概ね生計のことであり生活の苦況を現わす。「朱」は朱色を表し、邪霊を祓う作用があったかと思われる。金文に贈与に礼服として市舃(ふつせき)、赤市、朱市などを賜う例がある。「紱」(市・ふつ)は礼装用のひざ掛けである蔽膝(へいしつ)あるいは印綬を表す。方」は外方、辺境の義。「來」は来る意味だけではなく、貢獻する、来襲する義がある。九四の「來」に応じる。「朱紱」は九五の「赤紱」に応じ、「利用享祀」は九五の「利用祭祀」に応じる。

 

 

                                                   ♦

 

 

【六三】困于石 據于蒺藜 入于其宮 不見其妻 凶

石(室)に苦しむ。棘の中に寄りかかる。神聖なる廟奥に入る。その妻への面会を止められる。霊を鎮め災厄を祓え。

 

六三は裏卦の象意と考えられる。裏卦山火賁の九三は初九と上九に囲まれた木となる。「困」は枠に木をはめて出入りを止める門限の形であるから、山火賁の九三が上九の艮の門前で止められ、謁見できない形とみる。「蒺」に疾患の「疾」が含まれる。

 

【九四】來徐徐 困于金車 吝有終

①徐々に来る。金車に困しむ。凶事であるが終わりはまとまる。

②除道しながら来る。金車に出入りを止められる。凶事であるが終結する。

 

「徐」は祓い清め安らかに行くこと。「徐」の「余」は治療用の針。「金車」との兼ね合いで状況を想像するとよい。裏卦山火賁の六四が変爻すると離爲火となり、その九四に「突如其來如 焚如 死如 棄如」とある。

 

【九五】劓刖 困于赤紱 乃徐有説 利用祭祀

鼻切られ足切られる。赤色の印綬を賜り困惑する。なんじ禍を祓い神意を受けとる。祭祀を用いるによろし。

 

裏卦山火賁は緊急の疫病、あるいは災禍を表すことがあると述べた。その理由が「劓刖」に現れる。「祭祀」の「祭」は「察」に通じ、診察、警察に繋がっていく。

 

【上六】困于葛藟于臲卼 日動悔 有悔征吉

かずらが絡みつき不安定な状況に閉じ込められる。その日動いて後悔する。後悔するが進軍し契刻した誓約の実現を求める。

  

澤水困の困惑は「葛藟于臲卼」によく表れている。この卦の困惑はやっかいなものに付きまとわれる、あるいは厄介な目に合い、その日一日後悔するような出来事である。それでも「有悔征吉」とあるように、思い切って行けばそれだけの成果を得るというのがこの卦の特徴である。困惑の中身はまず「困」の形そのものに現れる。そして「朱紱」「赤紱」「蒺藜」「金車」「葛藟」のように具体的なものに困しめられる。 

 

 

                                               水風井  

  

    

【彖辞】井 改邑不改井 无喪无得 往來井井 汔至亦未繘井 羸其瓶 凶

①井戸。村落が改まっても井戸が改まることはない。失うこともなければ得る

 こともない。井戸のある村落を往來する。ほとんど水に達するところまで

 釣瓶が届くが、糸が切れてしまう。災いある。

②井方。村落を変えても井方(国)は変わらず。(衆人を)喪うこともなく

 得ることもなし。井方を往來する。ほとんどその地に至らんとして未だ井方

 を巡察せず。釣瓶を絡ませる。災厄である。

 

水風井の裏卦は火雷噬嗑であり、ここで既に「井」の意味を考察した。「井」は元来井げたの枠の形。また犯罪者の首につけた枷の形でもあり「刑」に通じる文字とされる。火雷噬嗑は彖辞を読むと獄訴に関する卦であることが分かる。一方水風井の彖辞を読むと「井」は首枷、刑の意味ではない。「往來井井」の「井」は井戸の義として読むのが筋であろう。一方、卜文金文では「井」を国名として用いており、この解釈も残しておくべきである。

 

「繘」はつるべ縄とするが金文は不明。「矞」(イツ)は矛を台座に立て武夷を示し巡察すること。刑罰権を含む文字である。「未繘井」は未だ井に釣り糸せずとも訳せるが、未だ井方を巡察せずと訳すこともできよう。但し、爻辞に至ると「井」は概ね井戸の義として用いられる。

 

【初六】井泥不食 舊井无禽

【九二】井谷射鮒 甕敝漏

【九三】井渫不食 爲我心惻 可用汲 王明並受其福

【六四】井甃 无咎

【九五】井洌 寒泉食

【上六】井収勿幕 有孚元吉 

 

卦の構造は下卦が巽のつるべ縄。上卦が坎の水。易で用いられる「食」は飲食の義であるが、その裏には生計、職の事情がある。この卦は生活、生計の安定とその段階を表し、九三の「汲」み上げる意味から、抜擢、登用を願う卦となる。

 

 

                 ♦

 

 

初六は泥が溜まる井戸の底であり、つるべ縄が届かない。故に「不食」となり汲み上げられない。九二の「射鮒」は鮒にそそぐと読むことがあるが、鮒を射ると読むべきであろう。「射」は祭祀の前に行われる重要な修祓儀礼で「会射」と言われ、誓約、和好の儀式となる。すなわち「射」るという行為自体に神聖な儀式の意味があることを見逃してはならない。「甕」は器のかめ。「敝」は礼装用のひざ掛けがほころびる形。やぶれる義。「漏」はもれる意味であるが、漏刻(水時計)の意味もある。このことは周礼にもみえる。水時計は裏卦火雷噬嗑の形からくるものであろう。火雷噬嗑の初九、上九が水時計の天と底とし九四が水となる。尚、火雷噬嗑の六三が変爻すると離爲火となり、その裏卦は坎爲水となる。つまり第三爻の動向次第で桶が破れ、水が汲み上げられなくなる。九三の「惻」は痛み悲しむこと。「則」は鼎の側面に刀で銘文を刻すること。「則」は離の象意。「惻」は坎の象意。「惻」の痛みと悲しみは坎爲水への変化を暗示する。

 

「渫」は水底の泥をさらい取る義であり、「枼」は枝葉の象形。この中に「世」が含まれる。「世」には世継ぎ、継承の意味がある。こうした細かいところに易はきちんとしたメッセージを送る。九三は世継ぎ、継承を望む意味が含まれているとみる。故に「王明並受其福」(王の神妙なる徳に向き合い我が薦める酒を拝受せよ)となる。九三は運気の境目にあり、「不食」で職がなく食べていけない。これが心の憂い「惻」となって現れる。 

 

九四の「甃」はいしだたみ。「秋」は「禾」「亀」「火」から構成される文字で、「亀」は穀物につく虫である。秋は収穫の時で虫害は食料危機、飢餓に直結する。故に「秋」は危急存亡の秋(とき)でもある。収穫の「秋」が上六の「収」に通じる。九五は地位が安定する位置で、井戸水が清められた状況をいうのだろう。「寒泉」は冷泉。但し生計の安定を保証する表現がみられない。上六に至り収穫の「収」が現れ、将軍の宿衛地あるいは天幕を表す「幕」の文字が現れる。「元吉」とあるから、上六はようやく生活の安定と定職を得られた状況とみえる。

 

 

 

(浅沼気学岡山鑑定所監修)